一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)全国、地域、州および選択地方エリアにおける思春期齢・・・

MMWR抄訳

rss

2017/08/25Vol. 66 / No. 33

MMWR66(33):874-882
National, Regional, State, and Selected Local Area Vaccination Coverage Among Adolescents Aged 13–17 Years — United States, 2016

全国、地域、州および選択地方エリアにおける思春期齢13~17歳の予防接種率 ― アメリカ、2016年

アメリカにおける思春期齢(13~17歳)の予防接種率について、CDCは2016年のNational Immunization Survey-Teen(NIS-Teen)の20,475名(男性:10,814名、女性:9,661名)分のデータを分析した。その結果、2016年におけるヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの1回以上接種率は60.4%(女性:65.1%、男性:56.0%)であり、43.4%(女性:49.5%、男性:37.5%)が最新の推奨ワクチン接種シリーズであった。1回以上接種率は前年から4.3ポイント、2回以上は3.8ポイント、3回以上は2.2ポイントの上昇であった。破傷風・ジフテリア・百日咳ワクチン(Tdap)1回以上接種率は88.0%(2015年:86.4%)であり、水痘の既往歴のない思春期齢における水痘ワクチンの2回以上接種率は2.5ポイント増加して85.6%であった。また、17歳における髄膜炎菌結合型ワクチン(MenACWY)の2回以上接種率は5.8ポイント増加して39.1%であった。人種/民族別の接種率は前年と同様であり(https://stacks.cdc.gov/view/cdc/47510)、Tdap、MenACWY、麻疹・流行性耳下腺炎・風疹ワクチン、B型肝炎ワクチン、2回以上の水痘ワクチン接種率は貧困状態による相違は認めなかったが、HPVワクチン接種率は連邦貧困レベル以下にて低く、また、大都市周辺エリアにて高かった。州別の接種率は、1 回以上のTdapが77.5%(サウスカロライナ州)~96.7%(マサチューセッツ州)、1回以上のMenACWYが54.2%(ワイオミング州)~96.4%(ロードアイランド州)であり、1回以上のHPVワクチンは女性が47.8%(ミシシッピ州)~90.1%(ロードアイランド州)、男性が36.9%(インディアナ州)~87.8%(ロードアイランド州)、最新の推奨HPVワクチンは女性が30.8%(サウスカロライナ州)~73.0%(ロードアイランド州)、男性が19.9%(ワイオミング州)~68.7%(ロードアイランド州)であった。以上、思春期齢におけるワクチン接種率は全体的に増加しているが、HPVワクチンに関しては性別や地域による相違が認められた。

References

  • Robinson CL, Romero JR, Kempe A, Pellegrini C; Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) Child/Adolescent Immunization Work Group. Advisory Committee on Immunization Practices recommended immunization schedules for persons aged 18 years or younger—United States, 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:233. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6605e1>
  • Meites E, Kempe A, Markowitz LE. Use of a 2-dose schedule for human papillomavirus vaccination—updated recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1405–8. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6549a5>
  • Reagan-Steiner S, Yankey D, Jeyarajah J, et al. National, regional, state, and selected local area vaccination coverage among adolescents aged 13–17 years—United States, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:850–8. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6533a4>
  • Makaroff LA, Xierali IM, Petterson SM, Shipman SA, Puffer JC, Bazemore AW. Factors influencing family physicians’ contribution to the child health care workforce. Ann Fam Med 2014;12:427–31. <https://doi.org/10.1370/afm.1689>
  • Shipman SA, Lan J, Chang CH, Goodman DC. Geographic maldistribution of primary care for children. Pediatrics 2011;127:19–27. <https://doi.org/10.1542/peds.2010-0150>
  • Markowitz LE, Hariri S, Lin C, et al. Reduction in human papillomavirus (HPV) prevalence among young women following HPV vaccine introduction in the United States, National Health and Nutrition Examination Surveys, 2003–2010. J Infect Dis 2013;208:385–93. <https://doi.org/10.1093/infdis/jit192>
  • Oliver SE, Unger ER, Lewis R, et al. Prevalence of human papillomavirus among females after vaccine introduction—National Health and Nutrition Examination Survey, United States, 2003–2014. J Infect Dis. Epub May 16, 2017. <https://academic.oup.com/jid/article/doi/10.1093/infdis/jix244/3892427/Prevalence-of-Human-Papillomavirus-Among-Females>
  • Gargano JW, Unger ER, Liu G, et al. Prevalence of genital human papillomavirus in males, United States, 2013–2014. J Infect Dis 2017;215:1070–9. <https://doi.org/10.1093/infdis/jix057>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ