一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)心臓発作の生存者における外来心臓リハビリテーション・・・

MMWR抄訳

rss

2017/08/25Vol. 66 / No. 33

MMWR66(33):869-873
Use of Outpatient Cardiac Rehabilitation Among Heart Attack Survivors — 20 States and the District of Columbia, 2013 and Four States, 2015

心臓発作の生存者における外来心臓リハビリテーションの利用 ― 2013年の20州とワシントンDC、2015年の4州

アメリカでは毎年約790,000人の成人が心筋梗塞(心臓発作)を発症し、うち210,000人は再発である。生存者に対しては心臓リハビリテーション(運動カウンセリングおよびトレーニング、心臓に健康的な生活に関する教育、ストレス軽減のためのカウンセリングなど)が行われるが、2005年Behavioral Risk Factor Surveillance System(BRFSS)データでは、リハビリを受ける心臓発作生存者は34.7%と報告されている。今回、CDCはBRFSSデータから2013および2015年において心臓発作後に心臓リハビリテーションを利用した18歳以上の成人に関する調査を行った。2013年、国内20州(アリゾナ州、アーカンソー州、フロリダ州、ジョージア州、ハワイ州、アイオワ州、メイン州、マサチューセッツ州、ミネソタ州、ミシシッピ州、ミズーリ州、ネブラスカ州、ノースカロライナ州、ノースダコタ州、オクラホマ州、オレゴン州、サウスカロライナ州、テネシー州、ワシントン州、ウィスコンシン州)およびワシントンDCにおいて、心血管系の質問を完答した166,913名のうち4.8%が心臓発作生存者であり、2015年は国内4州にて(ジョージア州、アイオワ州、メイン州、オレゴン州) 20,766名のうち4.3%であった。これら心臓発作生存者のうち、2013年には33.7%、2015年は35.5%が退院後のリハビリを受けていた。2013年は全体で9,490例がリハビリを受け、65歳以上の高齢者(37.9%)、男性(36.4%)、非ヒスパニック系白人(35.4%)、大卒以上(46.4%)、CVDリスク(高血圧、高コレステロール血症、糖尿病、肥満、現喫煙者)が2~4因子ある患者(2因子:35.4%、3因子:35.1%、4因子:37.1%)でリハビリ率が高く、64歳以下の若年者(28.6%)、女性(28.8%)、非ヒスパニック系黒人(25.3%)、ヒスパニック系(24.5%)、高卒未満(23.3%)、CVDリスクが0、1、5因子の患者(それぞれ32.3%、27.2%、25.7%)にて低かった。また、州別のリハビリ率は2013年にて20.7%(ハワイ州)~58.6%(ミネソタ州)であり、2015年はジョージア州が27.9%、オレゴン州が32.2%、メイン州が44.4%、アイオワ州が57.5%であった。以上、心臓リハビリテーションの利用は性別、年齢、人種、学歴およびCVDリスク因子により大きく異なることが示され、地域の保健システムによるリハビリの推進が重要であると思われる。

References

  • Xu JQ, Murphy SL, Kochanek KD, Arias E. Mortality in the United States, 2015. NCHS data brief, no 267. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2016. <https://www.cdc.gov/nchs/data/databriefs/db267.pdf>
  • Benjamin EJ, Blaha MJ, Chiuve SE, et al.; American Heart Association Statistics Committee and Stroke Statistics Subcommittee. Heart disease and stroke statistics—2017 update: a report from the American Heart Association. Circulation 2017;135:e146–603. <https://doi.org/10.1161/CIR.0000000000000485>
  • Sumner J, Harrison A, Doherty P. The effectiveness of modern cardiac rehabilitation: a systematic review of recent observational studies in non-attenders versus attenders. PLoS One 2017;12:e0177658. <https://doi.org/10.1371/journal.pone.0177658>
  • Arena R, Williams M, Forman DE, et al.; American Heart Association Exercise, Cardiac Rehabilitation and Prevention Committee of the Council on Clinical Cardiology, Council on Epidemiology and Prevention, and Council on Nutrition, Physical Activity and Metabolism. Increasing referral and participation rates to outpatient cardiac rehabilitation: the valuable role of healthcare professionals in the inpatient and home health settings: a science advisory from the American Heart Association. Circulation 2012;125:1321–9. <https://doi.org/10.1161/CIR.0b013e318246b1e5>
  • CDC. Receipt of outpatient cardiac rehabilitation among heart attack survivors—United States, 2005. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2008;57:89–94.
  • Clark RA, Conway A, Poulsen V, Keech W, Tirimacco R, Tideman P. Alternative models of cardiac rehabilitation: a systematic review. Eur J Prev Cardiol 2015;22:35–74. <https://doi.org/10.1177/2047487313501093>
  • US Department of Health and Human Services. Healthy People. Heart disease and stroke objectives. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2017. <https://www.healthypeople.gov/2020/topics-objectives/topic/heart-disease-and-stroke/objectives>
  • Frieden TR, Berwick DM. The “Million Hearts” initiative—preventing heart attacks and strokes. N Engl J Med 2011;365:e27. <https://doi.org/10.1056/NEJMp1110421>
  • Ades PA, Keteyian SJ, Wright JS, et al. Increasing cardiac rehabilitation participation from 20% to 70%: a road map from the Million Hearts Cardiac Rehabilitation Collaborative. Mayo Clin Proc 2017;92:234–42. <https://doi.org/10.1016/j.mayocp.2016.10.014>
  • American Heart Association. FACTS—cardiac rehabilitation putting more patients on the road to recovery. Washington, DC: American Heart Association; 2017. <https://www.heart.org/idc/groups/heart-public/@wcm/@adv/documents/downloadable/ucm_482300.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ