一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)カンピロバクターおよびサルモネラ感染症症例の職業分・・・

MMWR抄訳

rss

2017/08/18Vol. 66 / No. 32

MMWR66(32):850-853
Occupational Distribution of Campylobacteriosis and Salmonellosis Cases — Maryland, Ohio, and Virginia, 2014

カンピロバクターおよびサルモネラ感染症症例の職業分布 ― メリーランド州、オハイオ州、バージニア州、2014年

アメリカではカンピロバクターおよびサルモネラは細菌性胃腸炎の主な原因であり、毎年100万人を超える国内感染症を引き起こすと推定されている。これらの病原菌は主に汚染された食物を介して伝染するが、動物からヒト、ヒトからヒトへの感染も起こり得る。職業による感染が報告されているが、職業上のリスク要因はほとんど研究されていない。2015年には、労働安全衛生局(OSHA)が、家禽処理工場で3年半以上にわたりカンピロバクター感染の疑いまたは確認された症例63例を同定したところ、その大半が細菌の汚染が最も高くなる可能性が高い「屠殺」エリアで鶏を扱っている新しい労働者であった。この調査結果は、他の家禽処理工場の労働者間でのカンピロバクター感染の過去の研究と同様であった。この調査によりOSHA、州保健局、CDCのNational Institute for Occupational Safety and Healthの間で議論が引き起こされ、家禽処理工場の労働者における疾患発生率をさらに探索し、一般的な腸管感染症リスクが上昇する他の職業を特定するための調査研究が開始された。この分析のために、16歳以上の居住者で、2014年に報告されたカンピロバクター感染症およびサルモネラ感染症の確診例、可能性例、疑い例の匿名化された報告をメリーランド州、オハイオ州、バージニア州の法定伝染病サーベイランスシステムから入手した。2010年のStandard Occupational Classification systemを使用して各患者(就業者)を23の主な職業グループに分類した。2014年では、メリーランド州、オハイオ州、バージニア州においてカンピロバクター感染症が2,977例、サルモネラ感染症が2,259例報告された。職業上の情報が得られた患者は、カンピロバクター感染症で1,772例(60%)、サルモネラ感染症で1,516例(67%)、このうち雇用者は各1,064例(60%)、847例(56%)であった。他の職業と比べ、「農業、漁業、林業」および「医療、技術職」はカンピロバクター感染症とサルモネラ感染症のリスクが有意に上昇した。「製造業」ではカンピロバクター感染症のリスクが上昇し、「食品調理、給仕関連」および「介護、サービス業」ではサルモネラ感染症のリスクが上昇した。疾患の認識および職場での適切な衛生技術をはじめとする教育や予防戦略をハイリスクのグループおよび雇用主に提供することで、疾病軽減の一助となり得る。

References

  • Scallan E, Hoekstra RM, Angulo FJ, et al. Foodborne illness acquired in the United States—major pathogens. Emerg Infect Dis 2011;17:7–15. <https://doi.org/10.3201/eid1701.P11101>
  • Haagsma JA, Tariq L, Heederik DJ, Havelaar AH. Infectious disease risks associated with occupational exposure: a systematic review of the literature. Occup Environ Med 2012;69:140–6. <https://doi.org/10.1136/oemed-2011-100068>
  • Sepkowitz KA. Occupationally acquired infections in health care workers. Part II. Ann Intern Med 1996;125:917–28. <https://doi.org/10.7326/0003-4819-125-11-199612010-00008>
  • de Perio MA, Niemeier RT, Levine SJ, Gruszynski K, Gibbins JD. Campylobacter infection in poultry-processing workers, Virginia, USA, 2008–2011. Emerg Infect Dis 2013;19:286–8. <https://doi.org/10.3201/eid1902.121147>
  • MacDonald LA, Cohen A, Baron S, Burchfiel CM. Occupation as socioeconomic status or environmental exposure? A survey of practice among population-based cardiovascular studies in the United States. Am J Epidemiol 2009;169:1411–21. <https://doi.org/10.1093/aje/kwp082>
  • Hale CR, Scallan E, Cronquist AB, et al. Estimates of enteric illness attributable to contact with animals and their environments in the United States. Clin Infect Dis 2012;54(Suppl 5):S472–9. <https://doi.org/10.1093/cid/cis051>
  • Friedman CR, Hoekstra RM, Samuel M, et al.; Emerging Infections Program FoodNet Working Group. Risk factors for sporadic Campylobacter infection in the United States: a case-control study in FoodNet sites. Clin Infect Dis 2004;38(Suppl 3):S285–96. <https://doi.org/10.1086/381598>
  • Price LB, Roess A, Graham JP, et al. Neurologic symptoms and neuropathologic antibodies in poultry workers exposed to Campylobacter jejuni. J Occup Environ Med 2007;49:748–55. <https://doi.org/10.1097/JOM.0b013e3180d09ec5>
  • Bright KA, Calabro K. Child care workers and workplace hazards in the United States: overview of research and implications for occupational health professionals. Occup Med (Lond) 1999;49:427–37. <https://doi.org/10.1093/occmed/49.7.427>
  • Medus C, Smith KE, Bender JB, Besser JM, Hedberg CW. Salmonella outbreaks in restaurants in Minnesota, 1995 through 2003: evaluation of the role of infected foodworkers. J Food Prot 2006;69:1870–8. <https://doi.org/10.4315/0362-028X-69.8.1870>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ