一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)ゲイ、バイセクシュアル、他の男性間性交渉者における・・・

MMWR抄訳

rss

2017/08/11Vol. 66 / No. 31

MMWR66(31): 830-832
Recommendations for HIV Screening of Gay, Bisexual, and Other Men Who Have Sex with Men — United States, 2017

ゲイ、バイセクシュアル、他の男性間性交渉者におけるHIVスクリーニングの推奨 ― アメリカ、2017年

CDCは2006年のHIV検査に関する推奨において、13~64歳の人は全員少なくとも1度はHIVスクリーニング検査を受け、HIV感染ハイリスク例[ゲイ、バイセクシュアル、他の男性間性交渉者(MSM)など]は少なくとも年に1回、再スクリーニング検査を受けるべきであると述べている。2013年、U.S. Preventive Services Task ForceはHIVスクリーニング検査の間隔を特定するに十分なエビデンスはないが、MSMに年1回のスクリーニング検査を推奨することは妥当であるとしている。しかし、MSMのスクリーニング検査を3~6カ月おきなど、より頻繁に行うべきだというHIV医療プロバイダの提案をうけ、CDCは2006年の推奨を変更するに十分なエビデンスを得るための文献システマティックレビューを行い、専門家会議を開催した。システマティックレビューはMEDLINE、EMBASE、PsycINFO、CINAHIから2013~2014年に発表された文献111報を抽出し、うち13試験についてエビデンスの質を評価した。その結果、文献からはMSMに対する年1回のHIVスクリーニング検査の頻度を変更するに十分なエビデンスは得られなかった。また、臨床医、疫学者、研究者、保健政策およびプログラムスタッフ、MSMコミュニティーメンバーによる専門家会を開き、協議後分析した結果、科学的およびプログラム的エビデンスでは、より頻繁な検査を望むMSMがいること、また、保健局の専門家はすでに頻繁な検査による効果を実証しており、さらにより頻繁に検査を行うことで質の高いHIVに関する医療ケアを利用できることが可能となる、としている。また、費用対効果モデリングでは年1回のスクリーニング検査に比べ頻度が増えた場合、新規感染例の回避により治療費削減が可能となることが示されている。今回、CDCは2006年の推奨を変更するに十分なエビデンスは得られなかったと判断し、MSMに推奨するスクリーニング検査は年1回としたが、性的に積極的な無症候性のMSMでは、個々のリスク因子や地域の疫学等を考慮し、検査の回数を増やすべきと思われる。

References

  • Branson BM, Handsfield HH, Lampe MA, et al. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR Recomm Rep 2006;55(No. RR14).
  • Oster AM, Miles IW, Le BC, et al. HIV testing among men who have sex with men—21 cities, United States, 2008. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:694–9.
  • Moyer VA; U.S. Preventive Services Task Force. Screening for HIV: U.S. Preventive Services Task Force recommendation statement. Ann Intern Med 2013;159:51–60. <https://doi.org/10.7326/0003-4819-159-1-201307020-00645>
  • CDC. HIV Monitoring selected national HIV prevention and care objectives by using HIV surveillance data—United States and 6 dependent areas, 2015. HIV surveillance supplemental report vol. 22, no. 2. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for HIV/AIDS, Viral Hepatitis, STD, and TB, Division of HIV/AIDS Prevention; 2017. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillance-supplemental-report-vol-22-2.pdf>
  • INSIGHT START Study Group. Initiation of antiretroviral therapy in early asymptomatic HIV infection. N Engl J Med 2015;373:795–807. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa1506816>
  • CDC; Association of Public Health Laboratories. Laboratory testing for the diagnosis of HIV infection: updated recommendations. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://stacks.cdc.gov/view/cdc/23447>
  • Briss PA, Zaza S, Pappaioanou M, et al.; Task Force on Community Preventive Services. Developing an evidence-based Guide to Community Preventive Services—methods. Am J Prev Med 2000;18(Suppl):35–43. <https://doi.org/10.1016/S0749-3797(99)00119-1>
  • Zaza S, Wright-De Agüero LK, Briss PA, et al.; Task Force on Community Preventive Services. Data collection instrument and procedure for systematic reviews in the Guide to Community Preventive Services. Am J Prev Med 2000;18(Suppl):44–74. <https://doi.org/10.1016/S0749-3797(99)00122-1>
  • DiNenno EA, Prejean J, Delaney K, et al. Evaluating the evidence for more frequent than annual HIV screening of gay, bisexual, and other men who have sex with men in the United States: results from a systematic review and CDC expert consultation. Public Health Rep 2017. In press.
  • US Public Health Service. Preexposure prophylaxis for the prevention of HIV infection in the United States—2014: a clinical practice guideline. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, US Public Health Service; 2014. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/PrEPguidelines2014.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ