一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)小児の急性弛緩性脊髄炎 ― ワシントン州、2016・・・

MMWR抄訳

rss

2017/08/11Vol. 66 / No. 31

MMWR66(31):826-829
Acute Flaccid Myelitis Among Children — Washington, September–November 2016

小児の急性弛緩性脊髄炎 ― ワシントン州、2016年9月~11月

2016年10月、シアトル小児病院はWashington State Department of HealthおよびCDCに14歳以下の小児における急性の四肢脱力の集団発生を報告し、2016年9月~2017年1月の間にMRIにて10例が急性弛緩性脊髄炎(AFM)と確診された。神経症状の発症は9月14日~11月9日であり、全例が治療のため入院した。年齢中央値は6(3~14)歳、男児が7例、白人が5例、アメリカインディアン/アラスカ先住民が1例、黒人が1例、人種不明が3例であった。8例に呼吸器症状、胃腸症状の片方または両方を認め、呼吸器症状の発症から神経症状の発症までの期間中央値は7(1~12)日、胃腸症状の発症から神経症状の発症までは2(0~12)日であった。9例に四肢脱力の発症の4週間にて発熱を認めていた。全例で発症前は健康であり、1例のみ無症候性のキアリI型奇形を有していた。発疹および免疫抑制剤投与例はなく、また、1例を除きAdvisory Committee on Immunization Practicesの勧告に従って予防接種を受けており、最終接種から神経症状発症まで期間中央値は1.9年(約2カ月~7年)であった。全例で初期の急性脱力が発現し、神経症状のピーク時は二肢以上が8例、三肢が2例、四肢すべてに発症が4例であった。他の神経症状として急性頸部脱力(1例)、尿または便失禁(5例)、脳神経機能障害(3例)を認めた。入院期間中央値は7(4~35)日間、退院後、追跡可能であった9例(1.5~3カ月間)のうち5例は残存する機能障害は認めないか軽度であり、3例は中等度の改善を認めたが四肢脱力が残り、1例は介護なしでは歩行出来なかったが、死亡例はなかった。全例で検体検査[上気道(8例)、脳脊髄液(10例)、便または直腸(8例)、口腔(1例)、血清(10例)]をしたところ、エンテロウイルス(EV)-D68を2例(うち1例はアデノウイルス陽性)、EV-A71を1例にて検出し、また、2例にてマイコプラズマ属のIgM力価の上昇を認めたが、IgG力価は正常範囲内であった。ポリオウイルスは全例陰性であった。以上のことから、医師はAFMの発症に警戒し、症例を確認した場合は州または地域の保健局に速やかに報告すべきである。

References

  • Pastula DM, Aliabadi N, Haynes AK, et al. Acute neurologic illness of unknown etiology in children—Colorado, August–September 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:901–2.
  • Ayscue P, Van Haren K, Sheriff H, et al. Acute flaccid paralysis with anterior myelitis—California, June 2012–June 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:903–6.
  • CDC. AFM in the United States. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/acute-flaccid-myelitis/afm-surveillance.html>
  • Sejvar JJ, Lopez AS, Cortese MM, et al. Acute flaccid myelitis in the United States, August–December 2014: results of nationwide surveillance. Clin Infect Dis 2016;63:737–45. <https://doi.org/10.1093/cid/ciw372>
  • Messacar K, Schreiner TL, Van Haren K, et al. Acute flaccid myelitis: a clinical review of US cases 2012–2015. Ann Neurol 2016;80:326–38. <https://doi.org/10.1002/ana.24730>
  • Pérez-Vélez CM, Anderson MS, Robinson CC, et al. Outbreak of neurologic enterovirus type 71 disease: a diagnostic challenge. Clin Infect Dis 2007;45:950–7. <https://doi.org/10.1086/521895>
  • Aliabadi N, Messacar K, Pastula DM, et al. Enterovirus D68 infection in children with acute flaccid myelitis, Colorado, USA, 2014. Emerg Infect Dis 2016;22:1387–94. <https://doi.org/10.3201/eid2208.151949>
  • Iverson SA, Ostdiek S, Prasai S, et al.; AFM Investigation Team. Notes from the field: cluster of acute flaccid myelitis in five pediatric patients—Maricopa County, Arizona, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:758–60. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6628a4>
  • Greninger AL, Naccache SN, Messacar K, et al. A novel outbreak enterovirus D68 strain associated with acute flaccid myelitis cases in the USA (2012–14): a retrospective cohort study. Lancet Infect Dis 2015;15:671–82. <https://doi.org/10.1016/S1473-3099(15)70093-9>
  • Van Haren K, Ayscue P, Waubant E, et al. Acute flaccid myelitis of unknown etiology in California, 2012–2015. JAMA 2015;314:2663–71. <https://doi.org/10.1001/jama.2015.17275>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ