一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)全国および州別の活動性てんかんを有する成人および小・・・

MMWR抄訳

rss

2017/08/11Vol. 66 / No. 31

MMWR66(31):821-825
National and State Estimates of the Numbers of Adults and Children with Active Epilepsy — United States, 2015

全国および州別の活動性てんかんを有する成人および小児の推定人数 ― アメリカ、2015年

CDCは2015年のNational Health Interview Survey for adults(18歳以上を対象)、2011年~2012 年のNational Survey of Children’s Health、2015年のCurrent Population Survey dataから、2015年の全国および州別の活動性てんかんの有病者数を推定した。自己申告により、医師によりてんかんと診断された症例、現在または調査前12ヵ月以内に治療を受けた症例、また、親の申告により、医師によりてんかんと診断された子供の症例、現在てんかんまたは発作障害のある子供の症例を活動性てんかんとした場合、2015年、アメリカ全体では人口の1.2%(約340万人、成人:約300万人、小児:約47万人)が活動性てんかんと推定された。これは2010年成人患者推定数:230万人および2007年小児患者推定数:450,000人から増加していた。州別では、推定症例数が14,000例未満の州は9州およびワシントンDC、14,000~32,799例は10州、32,800~56,799例は10州、56,800~92,699例は10州、92,700例以上は11州であった。また、成人患者は5,100例(ワイオミング州)~367,900例(カリフォルニア州)、小児は700例(バーモント州)~59,800例(カリフォルニア州)と推定された。アメリカではほとんどすべての州にてんかんの発症率の推定は行われていないが、今回の調査では国内全体の患者数は約340万人と少なくなく、また、増加傾向が認められた。これらのデータは患者の家族をはじめ、医療従事者、研究者などてんかんに関わる人々の複雑なニーズに対するエビデンスに基づくプログラムを保証し、その格差を是正するものと思われる。

References

  • Koh HK, Kobau R, Whittemore VH, et al. Toward an integrated public health approach for epilepsy in the 21st century. Prev Chronic Dis 2014;11:E146. <https://doi.org/10.5888/pcd11.140270>
  • Institute of Medicine. Epilepsy across the spectrum: promoting health and understanding. Washington, DC: The National Academy Press; 2012. <http://www.nationalacademies.org/hmd/Reports/2012/Epilepsy-Across-the-Spectrum/Report-Brief.aspx>
  • CDC. Prevalence of self-reported epilepsy—United States, 1986–1990. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 1994;43:810–1, 817–8.
  • Helmers SL, Thurman DJ, Durgin TL, Pai AK, Faught E. Descriptive epidemiology of epilepsy in the U.S. population: a different approach. Epilepsia 2015;56:942–8. <https://doi.org/10.1111/epi.13001>
  • Thurman DJ, Kobau R, Luo YH, Helmers SL, Zack MM. Health-care access among adults with epilepsy: the U.S. National Health Interview Survey, 2010 and 2013. Epilepsy Behav 2016;55:184–8. <https://doi.org/10.1016/j.yebeh.2015.10.028>
  • Kobau R, Zahran H, Thurman DJ, et al. Epilepsy surveillance among adults—19 states, Behavioral Risk Factor Surveillance System, 2005. MMWR Surveill Summ 2008;57(No. SS-6).
  • Russ SA, Larson K, Halfon N. A national profile of childhood epilepsy and seizure disorder. Pediatrics 2012;129:256–64. <https://doi.org/10.1542/peds.2010-1371>
  • Miller GF, Coffield E, Leroy Z, Wallin R. Prevalence and costs of five chronic conditions in children. J Sch Nurs 2016;32:357–64. <https://doi.org/10.1177/1059840516641190>
  • Cui W, Kobau R, Zack MM, Helmers S, Yeargin-Allsopp M. Seizures in children and adolescents aged 6–17 years—United States, 2010–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:1209–14. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6443a2>
  • Begley CE, Durgin TL. The direct cost of epilepsy in the United States: a systematic review of estimates. Epilepsia 2015;56:1376–87. <https://doi.org/10.1111/epi.13084>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ