一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)ワクチンで予防可能な細菌に起因する髄膜炎のアウトブ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/08/04Vol. 66 / No. 30

MMWR66(30):806-810
Meningitis Outbreak Caused by Vaccine-Preventable Bacterial Pathogens — Northern Ghana, 2016

ワクチンで予防可能な細菌に起因する髄膜炎のアウトブレイク ― ガーナ北部、2016年

アフリカサハラ以南の髄膜炎ベルトに位置するガーナでは、2012年にNeisseria meningitidis(髄膜炎菌) A血清群結合型ワクチン(MenAfriVac)が導入されて以降、髄膜炎菌性髄膜炎の周期的な発生は大幅に減少したが、季節的な発生はいまだに継続している。2015年12月9日、発熱、頭痛、嘔吐、頚部硬直を主徴とする髄膜炎疑い例が報告され、その後2016年4月3日までに北部3州における髄膜炎疑い例は総計1,006例に上った。アウトブレイク発生後10週(2016年2月16日)までに432例の疑い例が報告され、ガーナ保健省はCDCの協力のもと286例の脳脊髄液(CSF)検査を実施したところ、133例(46.5%)が確定診断された。起因菌は髄膜炎菌が83例(62.4%)と最も多く、次いでStreptococcus pneumoniae(肺炎球菌)が44例(33.1%)、Haemophilus influenzae(インフルエンザ菌)が2例(1.5%)であった。このうち、3例に髄膜炎菌と肺炎球菌、1例に肺炎球菌とインフルエンザ菌の重複感染を認めた。転帰の明らかな103例のうち8例(7.8%)が死亡、致命率は肺炎球菌性髄膜炎で18.2%、髄膜炎菌髄膜炎で3.1%であった。アウトブレイク初期には肺炎球菌性症例が多く、髄膜炎菌性症例は遅れて増加した。髄膜炎菌性症例83例のうち82例(98.8%)は血清群W群、1例はC群であった。肺炎球菌性症例37例のうち20例(54%)は血清型1型であった。2016年2月12日、CDCの疫学専門家と現地の保健衛生担当者からなるチームが調査を開始、2月23日にガーナ保健サービス庁はCSF検査結果に基づき髄膜炎菌W血清群を含む髄膜炎菌ワクチンをInternational Coordinating Group (ICG)に要請、2月27日にICGは多糖体ACWワクチン16万回分を感染地域に供給した。2016年3月14~20日に集団予防接種キャンペーンが実施され、3月20日までに北部3州の2~29歳の住民13万5,679名が接種を完了、接種率は98%を超えた。本アウトブレイクでは、原因菌の迅速な同定により的確な対応が可能であった。髄膜炎アウトブレイク多発国では、迅速かつ効果的な対応のため検査施設の設置と維持が重要である。

References

  • Ramakrishnan M, Ulland AJ, Steinhardt LC, Moïsi JC, Were F, Levine OS. Sequelae due to bacterial meningitis among African children: a systematic literature review. BMC Med 2009;7:47. <https://doi.org/10.1186/1741-7015-7-47>
  • Leimkugel J, Hodgson A, Forgor AA, et al. Clonal waves of Neisseria colonisation and disease in the African meningitis belt: eight-year longitudinal study in northern Ghana. PLoS Med 2007;4:e101. <https://doi.org/10.1371/journal.pmed.0040101>
  • World Health Organization. Meningitis vaccine provides hope to people in Ghana. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012.
  • Vuong J, Collard J-M, Whaley MJ, et al. Development of real-time PCR methods for the detection of bacterial meningitis pathogens without DNA extraction. PLoS One 2016;11:e0147765. <https://doi.org/10.1371/journal.pone.0147765>
  • Pimenta FC, Roundtree A, Soysal A, et al. Sequential triplex real-time PCR assay for detecting 21 pneumococcal capsular serotypes that account for a high global disease burden. J Clin Microbiol 2013;51:647–52. <https://doi.org/10.1128/JCM.02927-12>
  • Leimkugel J, Adams Forgor A, Gagneux S, et al. An outbreak of serotype 1 Streptococcus pneumoniae meningitis in northern Ghana with features that are characteristic of Neisseria meningitidis meningitis epidemics. J Infect Dis 2005;192:192–9. <https://doi.org/10.1086/431151>
  • Mueller JE, Borrow R, Gessner BD. Meningococcal serogroup W135 in the African meningitis belt: epidemiology, immunity and vaccines. Expert Rev Vaccines 2006;5:319–36. <https://doi.org/10.1586/14760584.5.3.319>
  • Ritchie ND, Mitchell TJ, Evans TJ. What is different about serotype 1 pneumococci? Future Microbiol 2012;7:33–46. <https://doi.org/10.2217/fmb.11.146>
  • Traore Y, Tameklo TA, Njanpop-Lafourcade BM, et al. Incidence, seasonality, age distribution, and mortality of pneumococcal meningitis in Burkina Faso and Togo. Clin Infect Dis 2009;48(Suppl 2):S181–9. <https://doi.org/10.1086/596498>
  • World Health Organization. Pneumococcal meningitis outbreaks in sub-Saharan Africa. Wkly Epidemiol Rec 2016;91:298–302.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ