一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)地域的アウトブレイクが関連した固形臓器移植による結・・・

MMWR抄訳

rss

2017/08/04Vol. 66 / No. 30

MMWR66(30):801-805
Solid Organ Transplant–Transmitted Tuberculosis Linked to a Community Outbreak — California, 2015

地域的アウトブレイクが関連した固形臓器移植による結核の伝播 ― カリフォルニア州、2015年

2015年春、カリフォルニア州公衆衛生局(CDPH)はA郡にて3カ月の間に発生した結核(TB)症例3例の届出を受けた。3例(症例3、4、5)は近縁者であり、分離菌の検査結果はカリフォルニア州および国内では稀な同じ遺伝子型であり、最近の伝播であると確定された。この遺伝子型のTBの発生は過去2年間に州内では3例(症例2、6、7)のみであり、症例2はC郡、症例6はA郡、症例7はB郡にそれぞれ居住していた。再調査により、症例6および7には症例3との疫学的関連が確認されたが、症例2には他の5例との疫学的な関連は認められなかった。症例2は2014年秋に肺移植を受け、移植3カ月後にTBを発症した。症例2に肺を提供した臓器ドナー(症例1)は約8年前に米国に移住、2014年秋に自動車事故にて入院し脳死に至った。症例1の移植前検査では肺にびまん性の結節性浸潤が認められたものの、ツベルクリン反応(TST)は陰性、IGRA検査では判定不可、喀痰の塗抹および培養による抗酸菌染色検査は陰性であった。核酸増幅検査は実施されなかった。近親者への聞き取りで症例1にTBの兆候は認められなかったことから、症例1の臓器(心臓、肺、肝臓、腎臓)は4例のレシピエントに移植された。CDPHは症例1と症例3、4、5との社会的接触を確認した。症例1は米国移住後、刑務所に数回服役していた。刑務所の医療記録によれば、2010年に陰性だった症例1のTSTは2012年に陽転していたが胸部X線検査は正常であり、TBと診断されたことはなかった。症例3の推定感染期間(3年間)と重なることから、症例3が症例1の感染源として強く疑われた。CDPHおよび地元当局は地域でのTB伝播拡大を防ぐため、アウトブレイクに関連する続発例の摘発を重点的に行い、同時に他3例のレシピエントに注意を勧告した。レシピエントの1例は推定潜在性結核として治療を受け、新たなTBの発生はなかった。本事例は、臓器移植ネットワークの移植関連感染に関する推奨ガイドラインを遵守し移植前検査を受けていた臓器に関連するTB伝播であり、その証明として遺伝子型別の有用性が改めて示された。医療者および公衆衛生担当者は、レシピエントがTBを発症した場合は臓器由来の可能性も検討すべきであり、また移植前のTBリスク評価には刑務所などの医療記録の参照も必要と考えられる。

References

  • Mortensen E, Hellinger W, Keller C, et al. Three cases of donor-derived pulmonary tuberculosis in lung transplant recipients and review of 12 previously reported cases: opportunities for early diagnosis and prevention. Transpl Infect Dis 2014;16:67–75. <https://doi.org/10.1111/tid.12171>
  • CDC. Guide to the application of genotyping to tuberculosis prevention and control. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2004. <https://www.cdc.gov/tb/programs/genotyping/chap4/4_combining_1_definitions.htm>
  • Organ Procurement and Transplantation Network. Identification of transmissible diseases in organ recipients, 2015. Richmond, VA: US Department of Health and Human Services, Health Resources and Services Administration; 2017. <https://optn.transplant.hrsa.gov/governance/policies/>
  • Morris MI, Daly JS, Blumberg E, et al. Diagnosis and management of tuberculosis in transplant donors: a donor-derived infections consensus conference report. Am J Transplant 2012;12:2288–300. <https://doi.org/10.1111/j.1600-6143.2012.04205.x>
  • Schmidt T, Schub D, Wolf M, et al. Comparative analysis of assays for detection of cell-mediated immunity toward cytomegalovirus and M. tuberculosis in samples from deceased organ donors. Am J Transplant 2014;14:2159–67. <https://doi.org/10.1111/ajt.12787>
  • CDC. Transplantation-transmitted tuberculosis—Oklahoma and Texas, 2007. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2008;57:333–6.
  • Hochberg NS, Kubiak RW, Tibbs A, et al. Effectiveness of reporting on latent tuberculous infection in Massachusetts, 2006–2008. Public Health Action 2014;4:53–5. <https://doi.org/10.5588/pha.13.0085>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ