一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)外来診療における関節内注入に関連した敗血症性関節炎・・・

MMWR抄訳

rss

2017/07/28Vol. 66 / No. 29

MMWR66(29):777-779
Outbreak of Septic Arthritis Associated with Intra-Articular Injections at an Outpatient Practice — New Jersey, 2017

外来診療における関節内注入に関連した敗血症性関節炎のアウトブレイク ― ニュージャージー州、2017年

2017年3月6日、Monmouth County Regional Health Commission No.1 (MCRHC)はNew Jersey Department of Health (NJDOH)に、膝変形性関節症による疼痛緩和ため個人外来診療所Aにて関節内注入を受けた患者3例が敗血症性関節炎を来し入院したと報告した。この診療所Aは翌日より自主的に閉鎖されている。NJDOHは地域の保健所およびNew Jersey Board of Medical Examinersに報告するとともに調査を開始、診療所Aにて3月1日~6日に膝関節内注入を受けた250例のうち、41例(16%)が敗血症性関節炎を発症していた。患者は3月1日、2日、6日に同じ医師により関節内注入を受けており、発症日の明らかな38例において注入後0~65日に発症、うち35例は注入後48時間以内に発症し、また、30例(73%)が手術を要した。41例全例の滑液または膝組織の培養検査の結果、15例(37%)が陽性であり、Streptococcus mitis-oralis(10例)、Abiotrophia defectiva(2例)、Staphylococcus aureus(2例)のほか、Actinomyces odontolyticus、溶α溶血性StreptococcusEikenella corrodensなど、検出された細菌はすべて口腔菌叢であった。3月13日、MCRHC、NJDOH、New Jersey Division of Consumer Affairsによる診療所Aの抜き打ち査察では、感染予防勧告に対する複数の違反が確認された。スタッフが手洗いシンクを利用できない、調剤室および診察室に擦式アルコール消毒剤がないなどのほか、スタッフが医薬品バルク品包装(PBP)を薬局外(クリーンベンチの使用、適切な服装、スタッフ訓練および環境的モニタリングなし)にてマルチドーズバイアルとして使用可能と勘違いし、造影剤の50mL PBPバイアルを複数の患者に使用するシリンジに最大50回小分けしていた。また、セプタムは最初の1回だけアルコールで清拭し、治療室から離れた別の部屋で注入剤を用意した。注射は針と局所麻酔薬を満たしたシリンジにて行われる。麻酔薬投与後、医師は針を関節腔内に残してシリンジを外し、次にPBPバイアルの造影剤を満たしたシリンジを取り付けて投与、さらに3番目にグルココルチコイドまたはヒアルロン酸製剤を満たしたシリンジを取り付けて投与したが、医師は投与中、マスクは装着せず、針ハブを扱う際、非滅菌手袋を使用していた。診療所Aはすぐにシリンジのバッチ調製およびPBP製剤を複数の患者に使用することを中止し、感染予防勧告を遵守するとともに手の衛生や安全な注入の実施し、その後、このような症例は確認されていない。

References

  • Aas JA, Paster BJ, Stokes LN, Olsen I, Dewhirst FE. Defining the normal bacterial flora of the oral cavity. J Clin Microbiol 2005;43:5721–32. <https://doi.org/10.1128/JCM.43.11.5721-5732.2005>
  • Bosch AA, Biesbroek G, Trzcinski K, Sanders EAM, Bogaert D. Viral and bacterial interactions in the upper respiratory tract. PLoS Pathog 2013;9:e1003057. <https://doi.org/10.1371/journal.ppat.1003057>
  • United States Pharmacopeial Convention. Chapter 797: pharmaceutical compounding—sterile preparations. In: United States Pharmacopeia 39—National Formulary 34. Rockville, MD: United States Pharmacopeial Convention; 2016:626–70.
  • Grissinger M. Inappropriate use of pharmacy bulk packages of IV contrast media increases the risk of infections. P&T 2015;40:306–7.
  • Siegel JD, Rhinehart E, Jackson M, Chiarello L; Health Care Infection Control Practices Advisory Committee. 2007 guideline for isolation precautions: preventing transmission of infectious agents in healthcare settings. Am J Infect Control 2007;35(Suppl 2):S65–164. <https://doi.org/10.1016/j.ajic.2007.10.007>
  • CDC. Single-dose/single-use vial position and messages. CDC’s position: protect patients against preventable harm from improper use of single-dose/single-use vials. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. <https://www.cdc.gov/injectionsafety/PDF/CDC-SDV-Position05022012.pdf>
  • Dolan SA, Arias KM, Felizardo G, et al. APIC position paper: safe injection, infusion, and medication vial practices in health care. Am J Infect Control 2016;44:750–7. <https://doi.org/10.1016/j.ajic.2016.02.033>
  • CDC. Guide to infection prevention for outpatient settings: minimum expectation for safe care. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/hai/settings/outpatient/outpatient-care-guidelines.html>
  • CDC. Outpatient settings policy options for improving infection prevention. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2015. <https://www.cdc.gov/hai/pdfs/prevent/Outpatient-Settings-Policy-Options.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ