一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)C型肝炎撲滅に向けた国家的な進展における検査と治療・・・

MMWR抄訳

rss

2017/07/28Vol. 66 / No. 29

MMWR66(29):773-776
The Role of Screening and Treatment in National Progress Toward Hepatitis C Elimination — Georgia, 2015–2016

C型肝炎撲滅に向けた国家的な進展における検査と治療の役割 ― ジョージア、2015~2016年

ジョージアはユーラシア大陸のコーカサス地方にある国で、C型肝炎ウイルス(HCV)感染症の有病率が高い。2015年4月、ジョージアはCDCの技術援助を受け、世界で初めてC型肝炎撲滅プログラムを開始した。2015年、ジョージアの成人の5.4%(約15万人)が慢性HCV感染症に罹患、うち約2/3は感染に気づいていないと推計された。2015年1月からHCV検査プログラムが始まり、2016年12月までに472,890回の検査が行われ、50,962(10.8%)がHCV抗体陽性であった。治療プログラムは2015年4月28日から首都であるトビリシの4施設にて始まり(2016年12月には全国27施設に拡大)、慢性HCV感染症と確診された30,046例のうち、27,595例(91.8%)が治療を開始した[男性:23,062例(83.6%)、うち40~49歳:9,180例]。2015年4月~2016年5月に治療を開始した症例数は平均661例/月であり、2016年6~12月には2,619例/月に増加、ピークは2016年9月の4,595例であった。2016年12月31日までに計19,778例が治療を完遂し、治療終了後12週間以上HCV RNAが検出されなかった6,366例(32.2%)において、ウイルス学的著効(SVR)は5,356例(84.1%)の症例で得られ、治癒とみなされた。治療薬別のSVR率はソホスブビルが79.5%(3,793/4,774例)、レジパスビル/ソホスブビルが98.2%(1,563/1,592例)であった。治療を完遂できなかった537例のうち、治療中に肝疾患または他の死因により死亡した症例は371例(69.1%)であり、166例(30.1%)は他の理由により中止となった。このプログラムは2020年までにHCV罹患率を90%低下させることを目標としており、今後、HCV検査と治療との連携をさらに強化しなければならない。

References

  • Mitruka K, Tsertsvadze T, Butsashvili M, et al. Launch of a nationwide hepatitis C elimination program—Georgia, April 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:753–7. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6428a2>
  • Gvinjilia L, Nasrullah M, Sergeenko D, et al. National progress toward hepatitis C elimination—Georgia, 2015–2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:1132–5. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6541a2>
  • Bedossa P, Poynard T; The METAVIR Cooperative Study Group. An algorithm for the grading of activity in chronic hepatitis C. Hepatology 1996;24:289–93. <https://doi.org/10.1002/hep.510240201>
  • Vallet-Pichard A, Mallet V, Nalpas B, et al. FIB-4: an inexpensive and accurate marker of fibrosis in HCV infection. comparison with liver biopsy and fibrotest. Hepatology 2007;46:32–6. <https://doi.org/10.1002/hep.21669>
  • Wedemeyer H, Jensen DM, Godofsky E, Mani N, Pawlotsky VM, Miller V; Definitions/Nomenclature Working Group of the HCV DrAG (HCV Drug Development Advisory Group), under the auspices of the Forum for Collaborative HIV Research. Recommendations for standardized nomenclature and definitions of viral response in trial of hepatitis C virus investigational agents. Hepatology 2012;56:2398–403. <https://doi.org/10.1002/hep.25888>
  • Pawlotsky JM, Feld JJ, Zeuzem S, Hoofnagle JH. From non-A, non-B hepatitis to hepatitis C virus cure. J Hepatol 2015;62(Suppl):S87–99. <https://doi.org/10.1016/j.jhep.2015.02.006>
  • Ministry of Labour Health and Social Affairs of Georgia. Strategic plan for the elimination of hepatitis C virus in Georgia, 2016–2020. Tbilisi, Georgia: Ministry of Labour Health and Social Affairs; 2017. <http://moh.gov.ge/ka/528/>
  • World Health Organization. Global hepatitis report, 2017. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2017. <http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/255016/1/9789241565455-eng.pdf?ua=1>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ