一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)成人女性の殺人事件における人種および民族の差と親密・・・

MMWR抄訳

rss

2017/07/21Vol. 66 / No. 28

MMWR66(28):741-746
Racial and Ethnic Differences in Homicides of Adult Women and the Role of Intimate Partner Violence — United States, 2003–2014

成人女性の殺人事件における人種および民族の差と親密なパートナーによる暴力の割合 ― アメリカ、2003年〜2014年

殺人は44歳以下の女性の主な死亡原因の1つで、2015年のアメリカでは、殺人により3,519人の少女および女性が死亡した。女性の殺人率は人種/民族によって異なり、被害者のほぼ半数が現在または以前の親密な男性パートナーによって殺されていた。殺人と親密なパートナーによる暴力(IPV)に対する予防努力を知らせるために、CDCは2003年~2014年にNational Violent Death Reporting Systemのデータから18州における18歳以上の10,018人の女性における殺人について分析した。また、IPVの有無にかかわらず、人種/民族別による殺人の頻度および殺人のきっかけとなった状況を調査した。人種/民族による分析では、殺人による死亡率(人口10万人あたり)は非ヒスパニック系黒人(4.4人)およびアメリカ先住民/アラスカ先住民(4.3人)で高かった。殺人の被害者の約3分の1(29.4%)が18~29歳で、この年代では非ヒスパニック系黒人およびヒスパニック系が、非ヒスパニック系白人およびアジア系/太平洋諸島の居住者よりも有意に多かった。死亡時に未婚(38.2%)の被害者が多く、被害者の1/3は大学以上の学校に通学していた。生殖年齢(18~44歳)の女性の約15%が妊娠していたか、出産後6週間以内であった。銃器は53.9%の殺人で使用された。状況が分かっている女性殺人の半分以上(55.3%)がIPV関連で、男性容疑者によるIPVに関連する女性の殺人の割合は、非IPVに関連する殺人よりも有意に多かった(98.2% vs 88.5%)。IPV関連の殺人のうち、現在またはかつての親密なパートナーによる殺人は各79.2%、14.3%で、被害者の約10人に1人(11.2%)は死亡前の1カ月間に何らかの暴力を受けていた。殺人のきっかけとしては、口論(29.7%)および嫉妬(11.6%)が一般的であった。女性の殺人被害者を減らすためには、過度のリスクを持つ集団を対象としたIPV予防プログラム、およびIPV経験者のための介入サービスの利用を強化する必要がある。

References

  • Logan JE, Smith SG, Stevens MR. Homicides—United States, 1999–2007. MMWR Suppl 2011;60:67–70.
  • Catalano S, Smith E, Snyder H, Rand M. Selected findings: female victims of violence. Washington, DC: US Department of Justice, Bureau of Justice Statistics; 2009. <https://www.bjs.gov/content/pub/pdf/fvv.pdf>
  • Blair JM, Fowler KA, Jack SPD, Crosby AE. The National Violent Death Reporting System: overview and future directions. Inj Prev 2016;22(Suppl 1):i6–11. <https://doi.org/10.1136/injuryprev-2015-041819>
  • National Center for Health Statistics. Healthy people 2010: general data issues. Age adjustment. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2011. <https://www.cdc.gov/nchs/data/hpdata2010/hp2010_general_data_issues.pdf>
  • Niolon PH, Kearns M, Dills J, et al. Preventing intimate partner violence across the lifespan: a technical package of programs, policies and practices. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Injury Prevention and Control; 2017. <https://www.cdc.gov/violenceprevention/pdf/ipv-technicalpackages.pdf>
  • Messing JT, Campbell J, Sullivan Wilson J, Brown S, Patchell B. The lethality screen: the predictive validity of an intimate partner violence risk assessment for use by first responders. J Interpers Violence 2017;32:205–26.
  • Zeoli AM, Webster DW. Effects of domestic violence policies, alcohol taxes and police staffing levels on intimate partner homicide in large US cities. Inj Prev 2010;16:90–5. <https://doi.org/10.1136/ip.2009.024620>
  • Coker AL, Bush HM, Fisher BS, et al. Multi-college bystander intervention evaluation for violence prevention. Am J Prev Med 2016;50:295–302. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2015.08.034>
  • Smedley BD, Stith AY, Nelson AR, eds.; Institute of Medicine (US) Committee on Understanding and Eliminating Racial and Ethnic Disparities in Health Care. Unequal treatment: confronting racial and ethnic disparities in health care. Washington, DC: National Academies Press; 2003.
  • Arias E, Schauman WS, Eschbach K, Sorlie PD, Backlund E. The validity of race and Hispanic origin reporting on death certificates in the United States. Vital Health Stat 2 2008;148:1–23.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ