一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)母乳育児における人種および地理的相違 ― アメリカ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/07/14Vol. 66 / No. 27

MMWR66(27):723-727
Racial and Geographic Differences in Breastfeeding — United States, 2011–2015

母乳育児における人種および地理的相違 ― アメリカ、2011~2015年

アメリカ小児学会は、生後6カ月までは母乳育児のみ、その後、少なくとも生後12カ月までは補完食とともに母乳育児を継続することを推奨している。今回、CDCは2011~2015年のNational Immunization Survey (NIS)データより、2010~2013年に生まれた白人および黒人乳児の母乳育児開始、生後6カ月、12カ月までの母乳育児の継続状況について分析を行った。2010~2013年に生まれた小児の母乳育児の開始率、6カ月までの母乳のみでの保育率、12カ月までの継続率は全国にてそれぞれ79.2%、20.0%、27.8%と推定されており、白人ではそれぞれ81.5%、22.5%、30.8%、黒人では64.3%、14.0%、17.1%といずれも黒人にて低い。NISにて比較分析可能なサンプルの得られた34州(ワシントンDCを含む)における母乳育児の開始率は黒人乳児にて37.0%(ケンタッキー州)~90.8%(ミネソタ州)、白人乳児では65.1%(ケンタッキー州)~96.3%(ワシントンDC)であり、その差は南部および中西部にて大きく、14州にて15%以上の差を認めた(うち7州では25%以上)。6カ月までの母乳のみでの保育率の差は、-4.2%(ロードアイランド州)~17.8%(ウイスコンシン州)、12カ月までの母乳育児率の差は、-4.4%(ミネソタ州)~31.6%(ワシントンDC)であり、それぞれ12州、22州にて10%以上の格差を認めた。黒人乳児での母乳育児率を高めるためには、母親に対し産休を十分に与える、母乳育児に関する正しい情報を提供する、母乳育児の専門家へのアクセスを容易にするなどの対策が必要と考える。

References

  • American Academy of Pediatrics Section on Breastfeeding. Breastfeeding and the use of human milk. Pediatrics 2012;129:e827–41. <https://doi.org/10.1542/peds.2011-3552>
  • CDC. Breastfeeding among U.S. children born 2002–2013, CDC National Immunization Survey. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/breastfeeding/data/nis_data/index.htm>
  • CDC. Breastfeeding: NIS survey methods. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/breastfeeding/data/nis_data/survey_methods.htm>
  • Scanlon KS, Grummer-Strawn L, Li R, Chen J, Molinari N, Perrine CG. Racial and ethnic differences in breastfeeding initiation and duration, by state—National Immunization Survey, United States, 2004–2008. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2010;59:327–34.
  • US Department of Health and Human Services. The Surgeon General’s Call to Action to Support Breastfeeding. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Office of the Surgeon General, 2011.
  • Johnson A, Kirk R, Rosenblum KL, Muzik M. Enhancing breastfeeding rates among African American women: a systematic review of current psychosocial interventions. Breastfeed Med 2015;10:45–62. <https://doi.org/10.1089/bfm.2014.0023>
  • Lind JN, Perrine CG, Li R, Scanlon KS, Grummer-Strawn LM. Racial disparities in access to maternity care practices that support breastfeeding United States, 2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:725–8.
  • Chapman DJ, Pérez-Escamilla R. Breastfeeding among minority women: moving from risk factors to interventions. Adv Nutr 2012;3:95–104. <https://doi.org/10.3945/an.111.001016>
  • Grummer-Strawn LM, Scanlon KS, Darling N, Conrey EJ. Racial and socioeconomic disparities in breastfeeding—United States, 2004. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2006;55:335–9.
  • Li R, Scanlon KS, Serdula MK. The validity and reliability of maternal recall of breastfeeding practice. Nutr Rev 2005;63:103–10. <https://doi.org/10.1111/j.1753-4887.2005.tb00128.x>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ