一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)職業集団別の筋萎縮性側索硬化症およびパーキンソン病・・・

MMWR抄訳

rss

2017/07/14Vol. 66 / No. 27

MMWR66(27):718-722
Mortality from Amyotrophic Lateral Sclerosis and Parkinson’s Disease Among

職業集団別の筋萎縮性側索硬化症およびパーキンソン病による死亡率 ― アメリカ、1985~2011年

CDCはNational Institute for Occupational Safety and Health(NIOSH)のNational Occupational Mortality Surveillance(NOMS)データを用いて、アメリカの30州における職業と筋萎縮性側索硬化症(ALS)およびパーキンソン病による死亡率との関連性を分析した。データ上の1985~1999、2003~2004、2007~2011年における死亡者数は計12,710,846名であり、そこから18歳未満、120歳以上、職業不明を除いた12,128,774名について分析した。ALSによる死亡は26,917例であり、全体の年齢分布と比較して年齢が低く、男性および白人が多かった。パーキンソン病による死亡は115,262例、年齢は高く、男性および白人が多かった。また心臓の慢性疾患による死亡は158,618例、年齢は高く、女性が多かった。26種の職業について、特定死因死亡比(PMR)を算出した結果、ALS死亡例についてPMRが1.00より有意に高い職業は14種類であり、うち4職業は1.50以上であった(コンピューター/情報処理:1.66、建築/エンジニアリング:1.55、法律関係:1.62、教育/訓練/図書館:1.67)。また、PMRが1.00よりも有意に低い職業は10種類であり、0.67以下の職業は認めなかった。パーキンソン病死亡例についてPMRが1.00以上の職業は13種類であり、1.50を超える職業は認めず、また、1.00より有意に低い職業は11種類、うち抽出(採掘または石油/ガスの掘削)は0.67以下であった。心臓の慢性疾患による死亡例はALS、パーキンソン病に比べ職業による大きな相違はなく、PMRは法律関係:1.15~抽出:0.81であった。以上、ALS、パーキンソン病による死亡リスクはSES(社会経済的地位)の高い職業にて大きいことが示された。

References

  • Ingre C, Roos PM, Piehl F, Kamel F, Fang F. Risk factors for amyotrophic lateral sclerosis. Clin Epidemiol 2015;7:181–93. <https://dx.doi.org/10.2147/CLEP.S37505>
  • Kalia LV, Lang AE. Parkinson’s disease. Lancet 2015;386:896–912. <https://doi.org/10.1016/S0140-6736(14)61393-3>
  • Pearce N, Kromhout H. Neurodegenerative disease: the next occupational disease epidemic? Occup Environ Med 2014;71:594–5. <https://doi.org/10.1136/oemed-2013-101943>
  • Checkoway H, Pearce N, Kriebel D. Research methods in occupational epidemiology. 2nd ed. New York, NY: Oxford University Press, Inc.; 2004.
  • Breslow NE, Day NE. Statistical methods in cancer research. Volume II—the design and analysis of cohort studies. IARC scientific publications no. 82. Lyon, France: International Agency for Research on Cancer; 1987. <http://www.iarc.fr/en/publications/pdfs-online/stat/sp82/>
  • Iung B, Vahanian A. Epidemiology of valvular heart disease in the adult. Nat Rev Cardiol 2011;8:162–72. <https://doi.org/10.1038/nrcardio.2010.202>
  • Olsen GW, Brondum J, Bodner KM, et al. Occupation and industry on death certificates of long-term chemical workers: concordance with work history records. Am J Ind Med 1990;17:465–81. <https://doi.org/10.1002/ajim.4700170405>
  • Luckhaupt SE, Cohen MA, Calvert GM. Concordance between current job and usual job in occupational and industry groupings: assessment of the 2010 National Health Interview Survey. J Occup Environ Med 2013;55:1074–90. <https://doi.org/10.1097/JOM.0b013e318297321d>
  • Stickler DE, Royer JA, Hardin JW. Accuracy and usefulness of ICD-10 death certificate coding for the identification of patients with ALS: results from the South Carolina ALS Surveillance Pilot Project. Amyotroph Lateral Scler 2012;13:69–73. <https://doi.org/10.3109/17482968.2011.614253>
  • Beyer MK, Herlofson K, Arsland D, Larsen JP. Causes of death in a community-based study of Parkinson’s disease. Acta Neurol Scand 2001;103:7–11. <https://doi.org/10.1034/j.1600-0404.2001.00191.x>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ