一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)最高興行収入映画におけるたばこの使用 ― アメリカ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/07/07Vol. 66 / No. 26

MMWR66(26):681-686
Tobacco Use in Top-Grossing Movies — United States, 2010–2016

最高興行収入映画におけるたばこの使用 ― アメリカ2010~2016年

公衆衛生局長官は、映画中の喫煙の描写と青少年の喫煙開始間に因果関係があると結論づけている。スクリーン中の喫煙を観る青少年ほど喫煙を開始する可能性があり、スクリーン上の喫煙イメージに大量に曝露した青少年は曝露の少ない青少年と比べ、2~3倍近く喫煙を始めやすくなる。Healthy People 2020では、映画およびテレビにおいてスクリーン上のたばこ市場に曝露する青少年の割合の減少を目標としている。青少年向け映画(G、PG、PG-13指定)におけるたばこ使用のイメージの最近の程度を調査するために、Breathe California of Sacramento-Emigrant TrailsのプロジェクトであるThumbs Up! Thumbs Down!(TUTD)からの2010~2016年のデータを分析し、過去の報告と比較した。TUTDは、毎年の最高興行収入を上げた映画において、俳優によるたばこ製品(紙巻たばこ、葉巻、パイプたばこ、水たばこ、無煙たばこ製品、電子たばこ)の使用または使用を暗示すると定義されるたばこの登場を計測している。2016年では、最高興行収入を上げた143本の映画のうちたばこの登場があったのは59本(41%)で、2010年では137本のち62本(45%)であった。R-指定の最高興行収入映画では、2016年では52本のうち35本(67%)にたばこの登場があり、2010年では49本中35本(71%)であった。青少年向け映画(G、PG、PG-13指定)では、2016年では91本のうち24本(26%)にたばこの登場があり、2010年では88本中27本(31%)であった。全体で、2010年から2016年間のたばこの登場がある最高興行収入の映画数は58本(2014年)~76本(2013年)であった。たばこの登場がある最高興行収入の映画の割合は2010から2016年で減少したが、最高興行収入映画におけるたばこの登場回数の総数は1824回から3145回へ72%増加した。たばこの登場回数の総数はGまたはPG指定映画の87%減少したが、PG-13指定の映画では43%およびR指定映画では90%増加した。2010~2016年では、たばこの登場回数は2015年に最低値(1,743回)となったが、2016年では最大値(3145回)を記録した。青少年向け映画でのたばこ使用の減少は、青少年の喫煙開始を防止するのに役立つ可能性がある。

References

  • Office of the Surgeon General. Preventing tobacco use among youth and young adults: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, Office on Smoking and Health; 2012. <https://www.surgeongeneral.gov/library/reports/preventing-youth-tobacco-use/index.html>
  • National Cancer Institute. Tobacco control monograph 19: the role of the media in promoting and reducing tobacco use. Bethesda, MD: US Department of Health and Human Services, National Institutes of Health, National Cancer Institute; 2008. <https://www.cancercontrol.cancer.gov/tcrb/monographs/19/index.html>
  • US Department of Health and Human Services. Tobacco use. In: healthy people 2020. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2010. <https://www.healthypeople.gov/2020/topics-objectives/topic/tobacco-use>
  • CDC. Smoking in top-grossing movies—United States, 1991–2009. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2010;59:1014–7.
  • CDC. Smoking in top-grossing movies—United States, 2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:909–13.
  • Glantz SA, Iaccopucci A, Titus K, Polansky JR. Smoking in top-grossing US movies, 2011. Prev Chronic Dis 2012;9:120170. <https://doi.org/10.5888/pcd9.120170>
  • Sargent JD, Tanski S, Stoolmiller M. Influence of motion picture rating on adolescent response to movie smoking. Pediatrics 2012;130:228–36. <https://doi.org/10.1542/peds.2011-1787>
  • World Health Organization. Smoke-free movies: from evidence to action. Geneva, Switzerland, World Health Organization; 2009. <http://www.who.int/tobacco/smoke_free_movies/en>
  • Polansky J, Titus K, Atayeva R, Glantz S. Smoking in top-grossing U.S. movies, 2015. San Francisco, CA: University of California, Center for Tobacco Control Research and Education; 2016. <http://escholarship.org/uc/item/0qw7b0rh>
  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA:US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Chronic Disease Prevention and Health Promotion, Office on Smoking and Health; 2014. <https://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress/full-report.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ