一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)最新情報:アメリカでの2016-17年期におけるイ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/06/30Vol. 66 / No. 25

MMWR66(25):668-676
Update: Influenza Activity in the United States During the 2016–17 Season and Composition of the 2017–18 Influenza Vaccine

最新情報:アメリカでの2016-17年期におけるインフルエンザ活性と2017-18年期インフルエンザワクチンの組成

2016-17年期(2016年10月2日~2017年5月20日)のアメリカにおけるインフルエンザ活性と推奨される2017-18年期の北半球インフルエンザワクチン組成を報告する。この期間、アメリカ(50州、プエルトリコ、ワシントンDC)の臨床検査室では865,168検体が検査され、121,223検体(14.0%)がインフルエンザ陽性であった[A型:84,854検体(70.0%)、B型:36,369検体(30.0%)]。検体の陽性率は2月11日、18日、25日の週にてピークであった(それぞれ23.6%、24.2%、24.3%)。WHO共同研究室では84,303検体が検査され、うち40,728検体がインフルエンザ陽性であり(A型:31,736検体、B型:8,992検体)、A型31,411検体のサブタイプ分析では、A(H3N2)が30,519検体(97.2%)、A(H1N1)pdm09が892検体(2.8%)、B型は6,875検体のうち、B/Yamagata系が4,892検体(71.2%)、B/Victoria系が1,983検体(28.8%)であった。公衆衛生研究所にて検体が陽性であった患者のうち、36,426例にて年齢が明らかであり、0~4歳が2,912(8.0%)、5~24歳が11,066(30.4%)、25~64歳が10,872(29.8%)、65歳以上が11,576(31.8%)であった。新たなA型ウイルス感染は3例報告され、A(H1N1)変異型(H1N2v)ウイルス感染はアイオワ州にて2016年11月19日が週末の週(第46週)に報告され、鳥インフルエンザA(H7N2)変異型ウイルス感染は、ニューヨーク市の動物シェルターにて病気の猫との接触により感染したと報告された。また、A(H3N2)変異型(H3N2v)ウイルス感染はテキサス州にて2017年4月29日が週末の週(第17週)に報告されたが、3例とも入院せずに完治した。抗原性の分析ではA(H1N1)pdm09は296検体中294検体(99.3%)がA/California/7/2009に、A(H3N2)は772検体中730検体(94.9%)がA/HongKong/4801/2014に類似し、B型はB/Victoria系は327検体中283検体(86.5%)がB/Brisbane/60/2008に、B/Yamagata系は429検体すべてB/Phuket/3073/2013に類似していた(いずれも2016-17年期ワクチン成分)。感受性検査ではA(H1N1)pdm09(304検体)、A(H3N2)( 1,303検体)、B型(962検体)のすべてがオセルタミビル、ザナミビルおよびペラミビルに感受性を示した。2016-17年期インフルエンザワクチンの有効性は、A(H3N2)ウイルスに対し34%(95%CI=24~42%)、B型ウイルスに対し56%(同47~64%)であった。2017-18年期のインフルエンザワクチン成分として、FDAはA/Michigan/45/2015(H1N1)pdm09様ウイルス、A/HongKong/4801/2014(H3N2)様ウイルスおよびB/Brisbane/60/2008様ウイルスを推奨している(4価ワクチンの場合、B/Phuket/3073/2013様ウイルスを追加)。インフルエンザ様疾患(ILI)による外来受診者はILINetによると、2016年12月17日が週末の週(第50週)から17週間、全国基準値(2.2%)を上回り、ピークは2017年2月11日が週末の週(第6週)の5.1%であった。州別の活性分布は2017年2月11日が週末の週(第6週)にてもっとも広く、47州にて広範囲の活性が報告された。FluSurv-NETデータによるインフルエンザによる累積入院者は18,184例であり、10万人あたりの年齢別入院率は、0~4歳が44.1、5~17歳が16.7、18~49歳が19.8、50~64歳が65.1、65歳以上が290.5であった。肺炎およびILI関連死亡率は2016年12月31日が週末の週~2017年3月18日までの12週間(第52週~第11週)にて流行閾値を超え、ピークは2017年1月21日が週末の週(第3週)と2月25日が週末の週(第8週)の2回に認めた(それぞれ8.2%、8.1%)。また、小児の死亡は98例あり、内訳はA(H3N2)が46例、A(H1N1)pdm09が3例、A型(サブタイプ不明)が14例、B型が34例、不明が1例であった。

References

  • Blanton L, Mustaquim D, Alabi N, et al. Update: influenza activity United States, October 2, 2016–February 4, 2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:159–66. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6606a2>
  • Food and Drug Administration. Summary minutes: meeting of the Vaccines and Related Biological Products Advisory Committee. Silver Spring, MD: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2017. <https://www.fda.gov/downloads/AdvisoryCommittees/CommitteesMeetingMaterials/BloodVaccinesandOtherBiologics/VaccinesandRelatedBiologicalProductsAdvisoryCommittee/UCM552054.pdf>
  • CDC. Disease burden of influenza. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/flu/about/disease/burden.htm>
  • Foppa IM, Cheng PY, Reynolds SB, et al. Deaths averted by influenza vaccination in the U.S. during the seasons 2005/06 through 2013/14. Vaccine 2015;33:3003–9. <https://doi.org/10.1016/j.vaccine.2015.02.042>
  • Belongia EA, Simpson MD, King JP, et al. Variable influenza vaccine effectiveness by subtype: a systematic review and meta-analysis of test-negative design studies. Lancet Infect Dis 2016;16:942–51. <https://doi.org/10.1016/S1473-3099(16)00129-8>
  • Ferdinands JM, Olsho LE, Agan AA, et al.; Pediatric Acute Lung Injury and Sepsis Investigators Network. Effectiveness of influenza vaccine against life-threatening RT-PCR-confirmed influenza illness in US children, 2010–2012. J Infect Dis 2014;210:674–83. <https://doi.org/10.1093/infdis/jiu185>
  • Havers F, Sokolow L, Shay DK, et al. Case-control study of vaccine effectiveness in preventing laboratory-confirmed influenza hospitalizations in older adults, United States, 2010–2011. Clin Infect Dis 2016;63:1304–11. <https://doi.org/10.1093/cid/ciw512>
  • CDC. Estimated influenza illnesses, medical visits, hospitalizations, and deaths averted by vaccination in the United States. US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/flu/about/disease/2015-16.htm>
  • Fiore AE, Fry A, Shay D, Gubareva L, Bresee JS, Uyeki TM. Antiviral agents for the treatment and chemoprophylaxis of influenza—recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Recomm Rep 2011;60(No. RR-1).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ