一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)アメリカでの男女における移動やレジャーでのウォーキ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/06/30Vol. 66 / No. 25

MMWR66(25):657-662
Walking for Transportation or Leisure Among U.S. Women and Men — National Health Interview Survey, 2005–2015

アメリカでの男女における移動やレジャーでのウォーキング ― National Health Interview Survey、2005年~2015年

CDCは2005~2015年のNational Health Interview Surveyデータから、18歳以上の成人における自己申告によるウォーキングの普及率について分析した。分析対象は78,741名(2005年:26,551名、2010年:23,313名、2015年:28,877名)であり、ウォーキングの定義は、調査時点から遡って7日以内に移動またはレジャー(遊び、気晴らし、運動、犬の散歩)で10分以上歩いたこととした。ウォーキングの普及率は女性では2005年が57.4%、2010年が62.5%、2015年が65.1%と増加し、男性では2005年が54.3%、2010年が61.8%、2015年が62.8%と全体では増加したが、2010年から2015年にかけて増加はわずかであった。2015年、女性では65歳以上、非ヒスパニック系黒人、南部の住人にて普及率が低く、男性では、非ヒスパニック系黒人およびヒスパニック系にて低く、西部の住人にて高く、年齢による差は認めなかった。また、男女ともに高卒以下、肥満(BMIが30以上)、歩行補助が必要な人、有酸素運動ガイドラインの基準(1週間あたり中強度の有酸素運動を150分以上)を満たしていない人にて低かった。女性では2005~2015年にて直線的に増加したが、有意な二次傾向は認めず、過体重(BMIが25から29.9)、中西部の女性では有意であった。また、2010~2015年の増加は全体で有意であり(2.7%ポイント)、45~64歳、65歳以上、非ヒスパニック系白人、大卒、北東部および南部の住人、低/標準体重(BMIが25未満)、肥満および歩行補助を必要としない人においても有意な増加を認めた。男性では2005~2015年にて正の線形および負の二次傾向を認め、2010~2015年では全体では有意な増加は認めず、65歳以上のみで有意な増加が認められた(3.8%ポイント)。以上、ウォーキングの普及率は低く、特定の集団に対してはウォーキング推進のための戦略が必要であることが示唆された。

References

  • US Department of Health and Human Services. 2008 physical activity guidelines for Americans. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2008. <https://health.gov/paguidelines/guidelines/>
  • US Department of Health and Human Services. HP2020 objective data search website. Physical activity. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2017. <https://www.healthypeople.gov/2020/data-search/Search-the-Data?nid=5069>
  • US Department of Health and Human Services. Step it up! The Surgeon General’s call to action to promote walking and walkable communities. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Office of the Surgeon General. 2015. <https://www.surgeongeneral.gov/library/calls/walking-and-walkable-communities/index.html>
  • CDC. Vital signs: walking among adults—United States, 2005 and 2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:595–601.
  • National Center for Health Statistics. National Health Interview Survey. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2017. <https://www.cdc.gov/nchs/nhis.htm>
  • National Center for Health Statistics. National Health Interview Survey. Survey description. June 2016. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics, Division of Health Interview Statistics; 2016. <ftp://ftp.cdc.gov/pub/Health_Statistics/NCHS/Dataset_Documentation/NHIS/2015/srvydesc.pdf>
  • Klein RJ, Schoenborn CA. Age adjustment using the 2000 projected U.S. population. Healthy People 2010 Stat Notes 2001;20:1–9.
  • Bauman AE, Reis RS, Sallis JF, Wells JC, Loos RJ, Martin BW; Lancet Physical Activity Series Working Group. Correlates of physical activity: why are some people physically active and others not? Lancet 2012;380:258–71. <https://doi.org/10.1016/S0140-6736(12)60735-1>
  • Lovasi GS, Hutson MA, Guerra M, Neckerman KM. Built environments and obesity in disadvantaged populations. Epidemiol Rev 2009;31:7–20. <https://doi.org/10.1093/epirev/mxp005>
  • Adams SA, Matthews CE, Ebbeling CB, et al. The effect of social desirability and social approval on self-reports of physical activity. Am J Epidemiol 2005;161:389–98. <https://doi.org/10.1093/aje/kwi054>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ