一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)2型ポリオウイルスの封じ込めに向けた進展 ― 全世・・・

MMWR抄訳

rss

2017/06/23Vol. 66 / No. 24

MMWR66(24):649-652
Progress Toward Containment of Poliovirus Type 2 — Worldwide, 2017

2型ポリオウイルスの封じ込めに向けた進展 ― 全世界、2017年

本レポートは、2015年の世界保健総会にて承認された世界行動計画(GAPIII)に基づく2型ポリオウイルス(PV2)の封じ込めに向けた進展をまとめたものである。野生株ポリオウイルス(WPV)のうち、1型WPVの常在国は現在3カ国(アフガニスタン、ナイジェリア、パキスタン)にまで減少、症例数も2015年に74例、2016年に37例、2017年6月半ばまでに6件と漸減している。3型WPVは2012年11月にナイジェリアで発生した症例が最後となっている。2型WPV2は1999年の検出を最後に、2015年9月に根絶宣言された。しかし、ワクチン株由来伝播型2型ポリオウイルス(cVDPD2)の流行が発生したことから、2016年4~5月、WHOはワクチン株1、2、3型を含む3価の経口生ポリオワクチン(OPV)を使用停止し、2型ワクチン株を除いた2価OPVへの転換を全世界で実施した。根絶後にポリオウイルス取り扱い施設からPV2が流出するリスクを最小化するため、GAPIIIに則り、WHOはPV2の封じ込めを開始した。封じ込めの第1段階として、WHOの全加盟国および地域は、自国の検査機関およびワクチン製造施設におけるPV2の感染性材料の保有状況調査を完了し、PV2野生株およびワクチン株の廃棄または保有継続を決定し、WHOの認証を受けた。Global Polio Laboratory Network(GPLN)の全146検査機関は、2016年7月31日までにPV2を疑われる全検体をpoliovirus-essential facilityに移し、保管、施錠を完了した。一方、パキスタン、シリア、コンゴ共和国、ナイジェリアおよびチャド湖周辺地域を含む計8カ国では、cVDPV2のアウトブレイクに備えて単価の2型OPVが承認されており、cVDPV2およびワクチン株の封じ込めには至っていない。第2段階として、PV2の保有継続を決定した30カ国は、2017年6月半ば時点でGPLNに属する146検査機関のうち21機関(14.4%)を含む計86施設をポリオワクチンの製造、疾病診断および研究拠点であるpoliovirus-essential facilityに認定した。30カ国のうち18カ国はpoliovirus-essential facilityにおけるバイオリスク管理を監督、認証する封じ込め責任監督機関を設置し、WHOに報告した。

References

  • Diop OM, Asghar H, Gavrilin E, et al. Virologic monitoring of poliovirus type 2 after oral poliovirus vaccine type 2 withdrawal in April 2016—worldwide, 2016–2017. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:538–42. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6620a4>
  • Previsani N, Tangermann RH, Tallis G, Jafari HS. World Health Organization guidelines for containment of poliovirus following type-specific polio eradication—worldwide, 2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:913–7. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6433a5>
  • Global Polio Eradication Initiative. Polio eradication and endgame strategic plan 2013–2018. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2013. <http://polioeradication.org/who-we-are/strategy/>
  • Morales M, Tangermann RH, Wassilak SG. Progress toward polio eradication—worldwide, 2015–2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:470–3. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6518a4>
  • Nnadi C, Damisa E, Esapa L, et al. Continued endemic wild poliovirus transmission in security-compromised areas—Nigeria, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:190–3. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6607a2>
  • World Health Organization. Meeting of the Strategic Advisory Group of Experts on immunization, October 2016—conclusions and recommendations. Wkly Epidemiol Rec 2016;91:561–82.
  • World Health Organization. WHO Global Action Plan to minimize poliovirus facility-associated risk after type-specific eradication of wild polioviruses and sequential cessation of oral polio vaccine use—GAPIII. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2015. <http://www.polioeradication.org/wp-content/uploads/2016/12/GAPIII_2014.pdf>
  • World Health Organization. Containment certification scheme to support the WHO Global Action Plan for Poliovirus Containment (GAPIII-CCS). Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2017.
  • Global Commission for the Certification of Poliomyelitis Eradication. Summary of findings, decisions and recommendations. Presented at the 14th Meeting of the Global Commission for the Certification of Poliomyelitis Eradication, Bali, Indonesia; September 20–21, 2015.
  • European Center for Disease Control. Poliomyelitis-facility-related infection with WPV2—Netherlands. Communicable disease threats report. Week 16, April 16–22, 2017. Solna, Sweden: European Center for Disease Control; 2017. <http://ecdc.europa.eu/en/publications/Publications/Communicable-disease-threats-report-22-apr-2017.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ