一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)妊婦における梅毒および他の性感染症検査 ― グアム・・・

MMWR抄訳

rss

2017/06/23Vol. 66 / No. 24

MMWR66(24):644-648
Screening for Syphilis and Other Sexually Transmitted Infections in Pregnant Women — Guam, 2014

妊婦における梅毒および他の性感染症検査 ― グアム、2014年

妊婦の梅毒、クラミジア感染症、淋病およびHIV感染症といった性感染症(STI)は、胎児および出生児の疾患や死亡をもたらすが、これらの転帰は妊婦の検査と治療により予防することができる。2009~2013年、グアムでは女性における第1期および第2期梅毒の有病率が10万人あたり1.1人から6.3人へ473%上昇し、2013年には2008年以降初めての先天性梅毒症例が報告された。2014年、グアムにおける出産の約73%が扱われたGuam Memorial Hospitalにおける2,478人の生児出生から計966人を無作為抽出し、母体の妊娠期間中のSTI検査記録を精査した。不備がある記録を除き、梅毒(865人)、HIV感染症(842人)、クラミジア感染症(870人)、淋病(873人)の各検査結果について評価を行った。大多数(84%)の妊婦は18~34歳で、Chamorro族(46%)またはChuukese族(26%)が多く、69%は失業中であり、70%は医療保険に未加入またはメディケイドなどの公的医療保険加入者、70%は経産婦であった。約90%の妊婦がなんらかの妊婦健診を受けていた。梅毒検査は、577人(66.7%)が妊娠24週までに初回検査を受けたものの、232人(26.8%)は24週以降、110人(12.7%)は32週以降、56人(6.5%)は検査を受けていなかった。結果として、33.3%の妊婦は24週までに梅毒検査を受けておらず、19.2%は極めて遅い時期か、または検査を受けていなかった。同様に、HIV感染症は約31.1%、クラミジア感染症は25.3%、淋病は25.7%の妊婦が検査を受けていなかった。多変量解析の結果、妊婦健診の受診回数が少ないまたは未受診、医療保険に未加入または公的医療保険のみといった要件が、STI検査の不十分と相関していた。妊婦健診における早期の、かつ定期的な感染症検査は適切な治療とケアにつながり、STIの予防に重要な役割を果たす。妊婦を対象としたSTIおよびHIV医療サービスの向上につながる政策やプログラムが必要である。

References

  • CDC. Sexually transmitted disease surveillance 2015. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/std/stats15/std-surveillance-2015-print.pdf>
  • CDC. Sexually transmitted disease surveillance 2010. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2011. <https://www.cdc.gov/std/stats10/surv2010.pdf>
  • Workowski KA, Bolan GA. Sexually transmitted diseases treatment guidelines, 2015. MMWR Recomm Rep 2015;64(No. RR-3).
  • Lee KC, Ngo-Metzger Q, Wolff T, Chowdhury J, LeFevre ML, Meyers DS. Sexually transmitted infections: recommendations from the U.S. Preventive Services Task Force. Am Fam Physician 2016;94:907–15.
  • Gomez GB, Kamb ML, Newman LM, Mark J, Broutet N, Hawkes SJ. Untreated maternal syphilis and adverse outcomes of pregnancy: a systematic review and meta-analysis. Bull World Health Organ 2013;91:217–26. <https://doi.org/10.2471/BLT.12.107623>
  • Qin J, Yang T, Xiao S, Tan H, Feng T, Fu H. Reported estimates of adverse pregnancy outcomes among women with and without syphilis: a systematic review and meta-analysis. PLoS One 2014;9:e102203. <https://doi.org/10.1371/journal.pone.0102203>
  • Schrag SJ, Arnold KE, Mohle-Boetani JC, et al. Prenatal screening for infectious diseases and opportunities for prevention. Obstet Gynecol 2003;102:753–60.
  • Ross CE, Tao G, Patton M, Hoover KW. Screening for human immunodeficiency virus and other sexually transmitted diseases among U.S. women with prenatal care. Obstet Gynecol 2015;125:1211–6. <https://doi.org/10.1097/AOG.0000000000000756>
  • Wijesooriya NS, Rochat RW, Kamb ML, et al. Global burden of maternal and congenital syphilis in 2008 and 2012: a health systems modelling study. Lancet Glob Health 2016;4:e525–33. <https://doi.org/10.1016/S2214-109X(16)30135-8>
  • Ayoola AB, Nettleman MD, Stommel M, Canady RB. Time of pregnancy recognition and prenatal care use: a population-based study in the United States. Birth 2010;37:37–43. <https://doi.org/10.1111/j.1523-536X.2009.00376.x>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ