一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)若者におけるHIV検査、HIVの医療的ケアとの連携・・・

MMWR抄訳

rss

2017/06/23Vol. 66 / No. 24

MMWR66(24):629-635
HIV Testing, Linkage to HIV Medical Care, and Interviews for Partner Services Among Youths — 61 Health Department Jurisdictions, United States, Puerto Rico, and the U.S. Virgin Islands, 2015

若者におけるHIV検査、HIVの医療的ケアとの連携、パートナーサービスのための面談 ― 61の保健部門管轄区、アメリカ、プエルトリコ、アメリカ領ヴァージン諸島、2015年

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染に気付いていない患者の特定、HIVの医療的ケアとの連携、医療格差の縮小は重要な国家目標である。2014年にHIVの診断を受けた13~24歳のティーンエージャーおよび若年成人(若者)8,841人のうち、70%は男性と性行為を持つ男性(MSM)であった。同年において、HIV感染に気付いていない割合は、HIV感染者全体では15%であるのに対し、若年MSMでは52%と推定された。性交を持つ高校生の22%および若年成人(18~24歳)の33%はHIV検査を一度も受けたことがないと報告した。CDCは13~64歳のすべての人にHIVスクリーニングを推奨しており、HIV感染の高リスク者には、毎年の再スクリーニングを勧めている。2015年に、CDCはアメリカ、プエルトリコ、アメリカ領ヴァージン諸島における61の保健部門に対しHIV試験および関連するサービスに資金提供し、提出された若者のデータを分析した。CDCが資金提供した3,026,074検査のうち、28%は若者のために提供され、20~24歳が74%、女性が55%、黒人が50%で、76%が医療施設で実施された。非医療施設では、異性愛の若年女性(36%)と若年男性(30%)および若年MSM(28%)に対して実施された検査が多く、若年MSMは新規に診断された若者のHIV感染者の83%を占めた。2020年の国家目標は、HIV診断の30日以内にHIV陽性者の85%以上を医療的ケアに結び付けることである。今回の分析では、新規にHIVと診断された2,973人のうち、1,955人(66%)が90日以内にHIVの医療的ケアに結び付き、1,871人(63%)がパートナーサービスのための面談を受けた。90日以内に医療的ケアに結び付いた割合は、南部(64%)に比べ中西部(49%)で減少し、北東部(78%)および西部(77%)で増加した。若者で確認された4,884人のHIV感染者のうち、1,911人(39%)は既に診断されていたが、検査時では1,749人(92%)がHIVの医療的ケアを受けていなかった。この医療的ケアを受けていないHIV感染者1,749人のうち、66%は90日以内の医療的ケアに結び付いた。HIV感染のリスクのある若者において、定期的にHIV検査を受ける人数を増やし、陽性の検査結果は確実に耳にいれることは、早期の抗ウイルス療法の開始をはじめとする適切な医療への迅速な結び付きと維持につながり、HIVの影響を受けやすい集団での感染減少のために不可欠なステップである。

References

  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy for the United States: updated to 2020. Washington, DC: Office of National AIDS Policy; 2015. <https://obamawhitehouse.archives.gov/sites/default/files/docs/national_hiv_aids_strategy_update_2020.pdf>
  • CDC. Diagnoses of HIV infection among adolescents and young adults in the United States and 6 dependent areas, 2010–2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillance-supplemental-report-vol-21-3.pdf>
  • Singh S, Song R, Satcher Johnson A, McCray E, Hall I. HIV incidence, prevalence, and undiagnosed infections in men who have sex with men. Presented at the Conference on Retroviruses and Opportunistic Infections, Seattle, Washington; February 13–16, 2017. <http://www.hivdent.org/_CROI2017/HIV%20Incidence.pdf>
  • Van Handel M, Kann L, Olsen EO, Dietz P. HIV testing among US high school students and young adults. Pediatrics 2016;137:e20152700. <https://doi.org/10.1542/peds.2015-2700>
  • Branson BM, Handsfield HH, Lampe MA, et al. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR Recomm Rep 2006;55(No. RR-14).
  • Skarbinski J, Rosenberg E, Paz-Bailey G, et al. Human immunodeficiency virus transmission at each step of the care continuum in the United States. JAMA Intern Med 2015;175:588–96. <https://doi.org/10.1001/jamainternmed.2014.8180>
  • Murphy DA, Mitchell R, Vermund SH, Futterman D; HIV/AIDS Research Network. Factors associated with HIV testing among HIV-positive and HIV-negative high-risk adolescents: the REACH Study. Pediatrics 2002;110:e36. <https://doi.org/10.1542/peds.110.3.e36>
  • Zanoni BC, Mayer KH. The adolescent and young adult HIV cascade of care in the United States: exaggerated health disparities. AIDS Patient Care STDS 2014;28:128–35. <https://doi.org/10.1089/apc.2013.0345>
  • CDC. HIV surveillance report: diagnoses of HIV infection in the United States and dependent areas, 2015. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillance-report-2015-vol-27.pdf>
  • CDC. Funding announcement PS17–1704: comprehensive high-impact HIV prevention projects for young men of color who have sex with men and young transgender persons of color. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/hiv/funding/announcements/ps17-1704/index.html>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ