一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)女性、乳児、小児に対する特別補助栄養プログラムに参・・・

MMWR抄訳

rss

2017/06/16Vol. 66 / No. 23

MMWR66(23):610-614
Trends in Breastfeeding Among Infants Enrolled in the Special Supplemental Nutrition Program for Women, Infants and Children — New York, 2002–2015

女性、乳児、小児に対する特別補助栄養プログラムに参加した乳児における母乳栄養の傾向 ― ニューヨーク州、2002~2015年

ニューヨーク州では女性、乳児および小児に対する特別補助栄養プログラム(WIC)を実施しており、今回、WICに参加する乳児における母乳栄養の傾向の評価が行われた。その結果、New York WICに参加する乳児における母乳栄養の開始率は2002年:62.0%から2015年:83.4%に増加し、Healthy People 2020 (HP2020)目標値(81.9%)は2014年に超えていた(82.4%)。ヒスパニック系の乳児では2007年にすでに目標値に達し、その後も年間0.8%ポイント増加している。また、アジア人はもっとも大きな増加を示し(2002年:45.8%、2015年:82.4%)、白人は2015年にて79.0%とまだ目標値に達していない。母乳を与える期間については6カ月以上、12カ月以上それぞれ2002年:30.2%、15.0%から2015年:39.5%、22.8%に増加し、また、完全母乳栄養の期間は3カ月以上、6カ月以上それぞれ2006年8.9%、2.9%から2015年:14.3%、8.0%に増加していた。HP2020における母乳栄養期間の目標は12カ月以上であり、母乳栄養の開始率は目標値に達するまで改善したが、期間については目標値に遠いものであった。New York WICプログラムは新生児の肥満予防を目的として進められており、今後、母乳栄養期間を延長するための対策が必要であると考える。

References

  • American Academy of Pediatrics. Breastfeeding and the use of human milk. Pediatrics 2012;129:e827–41. <https://doi.org/10.1542/peds.2011-3552>
  • Victora CG, Bahl R, Barros AJD, et al.; Lancet Breastfeeding Series Group. Breastfeeding in the 21st century: epidemiology, mechanisms, and lifelong effect. Lancet 2016;387:475–90. <https://doi.org/10.1016/S0140-6736(15)01024-7>
  • Dennison BA, Hawke BA, Ruberto RA, Gregg DJ. Implementing legislation to improve hospital support of breastfeeding, New York State, 2009–2013. Prev Chronic Dis 2015;12:150121. <https://doi.org/10.5888/pcd12.150121>
  • Institute of Medicine. WIC food packages: time for a change. Washington, DC: The National Academies Press; 2005.
  • Joyce T, Reeder J. Changes in breastfeeding among WIC participants following implementation of the new food package. Matern Child Health J 2015;19:868–76. <https://doi.org/10.1007/s10995-014-1588-7>
  • Shim JE, Kim J, Heiniger JB. Breastfeeding duration in relation to child care arrangement and participation in the special supplemental nutrition program for women, infants, and children. J Hum Lact 2012;28:28–35. <https://doi.org/10.1177/0890334411424728>
  • US Department of Health and Human Services. The surgeon general’s call to action to support breastfeeding. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Office of the Surgeon General; 2011. <https://www.surgeongeneral.gov/library/calls/breastfeeding/calltoactiontosupportbreastfeeding.pdf>
  • Mitra AK, Khoury AJ, Hinton AW, Carothers C. Predictors of breastfeeding intention among low-income women. Matern Child Health J 2004;8:65–70. <https://doi.org/10.1023/B:MACI.0000025728.54271.27>
  • CDC. Strategies to prevent obesity and other chronic diseases: the CDC guide to strategies to support breastfeeding mothers and babies. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. <https://www.cdc.gov/breastfeeding/pdf/bf-guide-508.pdf>
  • Breitenstein SM, Gross D, Garvey CA, Hill C, Fogg L, Resnick B. Implementation fidelity in community-based interventions. Res Nurs Health 2010;33:164–73.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ