一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)日本脳炎のサーベイランスおよび予防接種 ― アジア・・・

MMWR抄訳

rss

2017/06/09Vol. 66 / No. 22

MMWR66(22):579-583
Japanese Encephalitis Surveillance and Immunization — Asia and Western Pacific Regions, 2016

日本脳炎のサーベイランスおよび予防接種 ― アジアと西太平洋諸国、2016年

日本脳炎(JE)は蚊媒介性疾病であり、アジアにおける脳炎の主因である。JE症例の多く(75%)は15歳未満の小児であり、ほとんどは無症候性であるが、脳炎を発症した場合の致命率は30%に近く、生存者の30~50%には長期にわたり神経学的後遺症が残る。JEの伝播リスク地域には24カ国30億人が含まれる。予防、対策にはワクチン接種が不可欠であり、WHOはJEが公衆衛生上重要な国ではJEワクチンを国の予防接種スケジュールに組み入れることを推奨している。本レポートは、アジアおよび西太平洋地域におけるJEサーベイランスと予防接種プログラムの最新報告である。2016年、JEの伝播リスクを有する24カ国のうち22カ国(92%)にてサーベイランスが実施され、前回の調査(2012年、18カ国、75%)より増加した。そのうち14カ国(58%)は全国的サーベイランスを、2カ国(8%)はJEリスクの高い地方すべてのサーベイランスを、11カ国(46%)は定点サーベイランスを行った。サーベイランスを行ったすべての国で、疑い例の場合は血清または脳脊髄液を用いてJE特異的な検査を実施したと報告した。2015年の1年間で、WHOは24カ国中20カ国(83%)からJE症例4,087例の報告を受けた。症例数は2011年より約60%減少していた。そのうち3,549例(87%)は4カ国(中国:624例、インド:1,620例、ネパール:937例およびベトナム:368例)からの報告であり、その他の国から115例を超える報告はなかった。2016年、24カ国中12カ国(50%)が予防接種プログラムを策定しており、6カ国は弱毒生ワクチンを、2カ国は組換え生ワクチンを、1カ国は培養ベロ細胞由来不活化ワクチンを、1カ国はマウス脳由来不活化ワクチンを、2カ国は複数のタイプのワクチンを使用した。前回の調査と比べ、JEの予防とコントロールは着実に進歩しているが、今後もサーベイランスの強化と継続的な実施、予防接種のための適切な資源の供給が必要である。

References

  • World Health Organization. Japanese encephalitis vaccines: WHO position paper—February 2015. Wkly Epidemiol Rec 2015;90:69–87.
  • Baig S, Fox KK, Jee Y, et al. Japanese encephalitis surveillance and immunization—Asia and the Western Pacific, 2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:658–62.
  • Campbell GL, Hills SL, Fischer M, et al. Estimated global incidence of Japanese encephalitis: a systematic review. Bull World Health Organ 2011;89:766–74. <https://doi.org/10.2471/BLT.10.085233>
  • Fischer M, Hills S, Staples E, Johnson B, Yaich M, Solomon T. Japanese encephalitis prevention and control: advances, challenges, and new initiatives [Chapter 6]. In: Scheld WM, Hammer SM, Hughes JM, eds. Emerging infections 8. Washington, DC: American Society for Microbiology Press; 2008:93–124.
  • World Health Organization. WHO/UNICEF joint reporting process. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2016. <http://www.who.int/immunization/monitoring_surveillance/routine/reporting/en/>
  • World Health Organization. Meeting report. Sixth biregional meeting on prevention and control of Japanese encephalitis. Bangkok, Thailand: World Health Organization, Regional Office for South East Asia; 2014. <http://www.searo.who.int/entity/immunization/documents/prevention_and_control_of_je.pdf?ua=1>
  • World Health Organization. Measuring the effectiveness and impact of Japanese encephalitis vaccination. Geneva, Switzerland; World Health Organization; 2016. <http://www.who.int/immunization/diseases/japanese_encephalitis/JE_effectiveness.pdf>
  • World Health Organization SAGE Working Group on Japanese Encephalitis Vaccines. Background paper on Japanese encephalitis vaccines—SAGE working group. Geneva, Switzerland; World Health Organization; 2014. <http://www.who.int/immunization/sage/meetings/2014/october/1_JE_Vaccine_Background_Paper.pdf?ua=1>
  • World Health Organization. Regional framework for implementation of the global vaccine action plan in the Western Pacific. Geneva, Switzerland; World Health Organization; 2015. <http://iris.wpro.who.int/bitstream/handle/10665.1/10921/9789290617099_eng.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ