一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)妊娠中のジカウイルス感染予防対策 ― プエルトリコ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/06/09Vol. 66 / No. 22

MMWR66(22):574-578
Measures Taken to Prevent Zika Virus Infection During Pregnancy — Puerto Rico, 2016

妊娠中のジカウイルス感染予防対策 ― プエルトリコ、2016年

プエルトリコでは、妊娠中のジカウイルス感染は小頭症、脳異常、その他の重度の出生異常の原因となるため、未だに深刻な健康への脅威である。2016年1月1日から2017年3月29日までに、プエルトリコでは臨床検査でジカウイルス感染の可能性のある妊婦が約3300人報告されている。現在、妊娠中のジカウイルス感染の有害な効果を予防するためのワクチンおよび手段が存在しないため、公衆衛生活動は特に妊婦に対しては予防に焦点をあてている。CDCとプエルトリコの保健部門は、生児を出産したプエルトリコ居住者において2016年8月から12月に実施されたPregnancy Risk Assessment Monitoring System Zika Postpartum Emergency Response(PRAMS-ZPER)サーベイのデータを分析した。抽出された2,933例の女性のうち、2,364例(80.6%)が調査への参加に同意した。回答者の72.0%はタブレットへの入力、28.0%は紙媒体に記入し調査を完了した。大半(79.7%)が20~34歳であり、59.5%が既婚者、68.6%で妊婦健診にMedicaidの保障を受けていた。また、93.4%が妊娠中のジカ感染について、92.3%が胎児の小頭症または他の出生異常の可能性について心配していると回答した。94.3%が妊娠時のジカ感染ウイルスについて医療従事者から説明されたと回答した[医療提新生児へのジカ感染リスク(91.1%)、蚊に刺されない対策(89.4%)、妊娠中にジカの性感染を予防するための避妊具の使用(86.8%)]。98.1%が、家の周りで蚊を避けるための対策を1回以上はしたが、妊娠時には日常的にズボンや長袖シャツを着用しているのは11.5%、外では毎日、皮膚の露出部に虫除けを使用していると報告したのは45.8%であった。約1/3(38.5%)の回答者は、妊娠時にジカ感染の予防対策をしている(禁欲または避妊具の継続的使用)と回答した。76.9%が妊娠初期または中期にジカウイルス検査を受けていた。これらの調査結果は、妊婦に対するジカウイルス感染予防メッセージや調査介入の評価や改善、ジカの出生前検診の促進強化に使用できるであろう。

References

  • Rasmussen SA, Jamieson DJ, Honein MA, Petersen LR. Zika virus and birth defects—reviewing the evidence for causality. N Engl J Med 2016;374:1981–7. <https://doi.org/10.1056/NEJMsr1604338>
  • Departamento de Salud de Puerto Rico. Informe semanal de enfermedades Arbovirales (ArboV). San Juan, Puerto Rico: Departamento de Salud de Puerto Rico; 2017. <http://www.salud.gov.pr/Estadisticas-Registros-y-Publicaciones/Informes%20Arbovirales/Reporte%20ArboV%20semana%207-2017.pdf>
  • Adams L, Bello-Pagan M, Lozier M, et al. Update: ongoing Zika virus transmission—Puerto Rico, November 1, 2015–July 7, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:774–9. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6530e1>
  • Shulman HB, Gilbert BC, Lansky A. The Pregnancy Risk Assessment Monitoring System (PRAMS): current methods and evaluation of 2001 response rates. Public Health Rep 2006;121:74–83. <https://doi.org/10.1177/003335490612100114>
  • Simeone RM, Shapiro-Mendoza CK, Meaney-Delman D, et al.; Zika and Pregnancy Working Group. Possible Zika virus infection among pregnant women—United States and Territories, May 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:514–9. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6520e1>
  • Russell K, Oliver SE, Lewis L, et al. Update: interim guidance for the evaluation and management of infants with possible congenital Zika virus infection—United States, August 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:870–8. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6533e2>
  • Noyd DH, Sharp TM. Recent advances in dengue: relevance to Puerto Rico. P R Health Sci J 2015;34:65–70.
  • CDC Foundation. Comprehensive Zika prevention campaign launches in Puerto Rico. Atlanta, GA: CDC Foundation; 2016. <http://www.cdcfoundation.org/pr/2016/comprehensive-zika-prevention-campaign-launches-puerto-rico>
  • Oduyebo T, Petersen EE, Rasmussen SA, et al. Update: interim guidelines for health care providers caring for pregnant women and women of reproductive age with possible Zika virus exposure—United States, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:122–7. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6505e2>
  • Departamento de Salud de Puerto Rico. Orden Administrativa Num. 360. San Juan, Puerto Rico: Departamento de Salud de Puerto Rico; 2016. <http://www.salud.gov.pr/Estadisticas-Registros-y-Publicaciones/rdenes%20Administrativas/360-PARA%20ENMENDAR%20LA%20OA%20348.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ