一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)薬物依存と診断された患者の心内膜炎による入院と関連・・・

MMWR抄訳

rss

2017/06/09Vol. 66 / No. 22

MMWR66(22):569-573
Hospitalizations for Endocarditis and Associated Health Care Costs Among Persons with Diagnosed Drug Dependence — North Carolina, 2010–2015

薬物依存と診断された患者の心内膜炎による入院と関連する医療費 ― ノースカロライナ州、2010~2015年

アメリカではオピオイド依存および過剰摂取は急激に蔓延しており、2014年のNational Survey on Drug Use and Healthでは、処方された鎮痛薬の非医学的使用者は、430万人と推定されている。これらの使用者は一般の集団よりも、ヘロインまたは他の注射薬を使用する可能性が40倍高い。さらに、CDCは2002~2014年の間に、ヘロイン関連の過剰摂取による死亡は4倍近くになると推定した。過剰摂取の大半は薬物関連の死亡の原因となるが、静脈内薬剤使用の感染の合併症は、入院につながる主な原因である。C型肝炎ウイルス(HCV)およびヒト免疫不全ウイルス(HIV)からの感染に加え、注射薬使用者は心内膜炎をはじめとする後天性の侵襲性細菌感染のリスクが高い状態にあり、現在のオピオイド蔓延に関連して、心内膜炎による入院が増加しているエビデンスが存在している。ノースカロライナ州における2010~2015年の薬物依存患者間の心内膜炎による入院の傾向を調査するために、North Carolina Hospital Dischargeデータベースからのデータを分析した。2010~2015年の間に、ノースカロライナ州に居住する18歳以上の計505例が薬物依存と心内膜炎の2つの診断により入院した。患者の約2/3は40歳以下で、約半数は26~40歳であった。患者のはとんどが白人(87%)、非ヒスパニック系(92%)で、大多数(60%)が地方出身であった。心内膜炎により入院した患者の19%は保険に未加入で、23%はMedicaid加入者であった。HIVの重感染は稀(1.4%)であったが、過去または現在HCVに完成している患者は36%であった。心内膜炎に関連した薬物依存のための人口10万人あたりの入院率は、2010年の0.2人から2015年の2.7人へ約12倍増加し、40歳超の集団と比べ、18~25歳および26~40歳で顕著に増加した。心内膜炎に関連した薬物依存のための入院費の中央値は54,281ドルで、2010~2015年の間に総入院費用は110万ドルから2220万ドルへ18倍増加した。オピオイドに関連した心内膜炎の罹患および死亡のリスクを低下させるために、公衆衛生プログラムおよび医療制度はシリンジサービスプログラム、危険減少の戦略、オピオイド治療プログラムを協調して実施すること検討すべきである。

References

  • Center for Behavioral Health Statistics and Quality. Behavioral health trends in the United States: results from the 2014 National Survey on Drug Use and Health. HHS publication No. SMA 15–4927. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Substance Abuse and Mental Health Services Administration, Center for Behavioral Health Statistics and Quality; 2015. <https://www.samhsa.gov/data/sites/default/files/NSDUH-FRR1-2014/NSDUH-FRR1-2014.pdf>
  • Jones CM. Heroin use and heroin use risk behaviors among nonmedical users of prescription opioid pain relievers—United States, 2002–2004 and 2008–2010. Drug Alcohol Depend 2013;132:95–100. <https://doi.org/10.1016/j.drugalcdep.2013.01.007>
  • Rudd RA, Aleshire N, Zibbell JE, Gladden RM. Increases in drug and opioid overdose deaths—United States, 2000–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;64:1378–82. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6450a3>
  • Scheidegger C, Zimmerli W. Incidence and spectrum of severe medical complications among hospitalized HIV-seronegative and HIV-seropositive narcotic drug users. AIDS 1996;10:1407–14. <https://doi.org/10.1097/00002030-199610000-00014>
  • Klevens RM, Hu DJ, Jiles R, Holmberg SD. Evolving epidemiology of hepatitis C virus in the United States. Clin Infect Dis 2012;55 (Suppl 1):S3–9. <https://doi.org/10.1093/cid/cis393>
  • Wilson LE, Thomas DL, Astemborski J, Freedman TL, Vlahov D. Prospective study of infective endocarditis among injection drug users. J Infect Dis 2002;185:1761–6. <https://doi.org/10.1086/340827>
  • Ronan MV, Herzig SJ. Hospitalizations related to opioid abuse/dependence and associated serious infections increased sharply, 2002–12. Health Aff (Millwood) 2016;35:832–7. <https://doi.org/10.1377/hlthaff.2015.1424>
  • Wurcel AG, Anderson JE, Chui KK, et al. Increasing infectious endocarditis admissions among young people who inject drugs. Open Forum Infect Dis 2016;3:ofw157. <https://doi.org/10.1093/ofid/ofw157>
  • Hartman L, Barnes E, Bachmann L, Schafer K, Lovato J, Files DC. Opiate injection-associated infective endocarditis in the southeastern United States. Am J Med Sci 2016;352:603–8. <https://doi.org/10.1016/j.amjms.2016.08.010>
  • Marshall BDL, Green TC, Yedinak JL, Hadland SE. Harm reduction for young people who use prescription opioids extra-medically: obstacles and opportunities. Int J Drug Policy 2016;31:25–31. <https://doi.org/10.1016/j.drugpo.2016.01.022>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ