一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)抗レトロウイルス療法登録時の進行したHIV疾患の有・・・

MMWR抄訳

rss

2017/06/02Vol. 66 / No. 21

MMWR66(21):558-563
Trends in Prevalence of Advanced HIV Disease at Antiretroviral Therapy Enrollment — 10 Countries, 2004–2015

抗レトロウイルス療法登録時の進行したHIV疾患の有病率の傾向 ― 10カ国、2004~2015年

抗レトロウイルス療法(ART)を開始する場合、進行したHIV疾患(CD4+T細胞数200 cells/μL未満)の有病率のモニタリングはARTプログラムの転帰、HIV予防戦略およびアジュバント療法の必要性の判断などに重要な情報を与える。今回、HIV感染率の高い10カ国(南アフリカ:モザンビーク、ナミビア、スワジランド、ジンバブエ、ザンビア、東アフリカ:タンザニア、ウガンダ、西アフリカ:ナイジェリア、カリブ海諸国:ハイチ、東南アジア:ベトナム)にて2004~2015年にARTを開始した15歳以上の成人694,138例を対象に、進行性HIV疾患の有病率について分析を行った。BaselineのCD4細胞データが欠損する症例はスワジランド:9%~ジンバブエ:53%であった。開始時の進行性HIV疾患有病率はモザンビーク(2004年:73%から2014年:37%)、ナミビア(2004年:80%から2012年:41%)、ハイチ(2004年:75%から2015年:34%)にて低下、CD4細胞数100/μL未満の症例はそれぞれ同時期39%から18%、39%から16%、49%から20%と低下していた。また、ART開始時のCD4細胞数(中央値)はモザンビークが128/μLから261/μL、ナミビアが12/μL 5から230/μL、ハイチが103/μLから297/μLと有意に増加した。最近のデータが少ない他の7カ国においては、5カ国にて進行性HIV疾患有病率の低下が認められ[スワジランド(2004年:72%から2010年:54%)、ジンバブエ(2007年:84%%から2009年:75%)、ウガンダ(2004年:89%から2009年:60%)、ナイジェリア(2004年:68%、2011年:53%)、ベトナム(2005年:91%から2009年:80%)]、ベースラインのCD4細胞数(中央値)はスワジランド(143/μLから184/μL)、ウガンダ(89/μLから170/μL)、ベトナム(22/μLから92/μL)の3カ国にて有意に増加していた。ARTのガイドラインでは治療の開始はより早期とすることが推奨されているが、2015年の時点では約1/3の症例が進行性疾患であることから、早期のHIV検査および治療の開始の重要性が示唆される。

References

  • Auld AF, Shiraishi RW, Couto A, et al. A decade of antiretroviral therapy scale-up in Mozambique: evaluation of outcome trends and new models of service delivery among more than 300,000 patients enrolled during 2004–2013. J Acquir Immune Defic Syndr 2016;73:e11–22. <https://doi.org/10.1097/QAI.0000000000001137>
  • Koenig SP, Bernard D, Dévieux JG, et al. Trends in CD4 count testing, retention in pre-ART care, and ART initiation rates over the first decade of expansion of HIV services in Haiti. PLoS One 2016;11:e0146903. <https://doi.org/10.1371/journal.pone.0146903>
  • Siedner MJ, Ng CK, Bassett IV, Katz IT, Bangsberg DR, Tsai AC. Trends in CD4 count at presentation to care and treatment initiation in sub-Saharan Africa, 2002–2013: a meta-analysis. Clin Infect Dis 2015;60:1120–7.
  • Cohen MS, Chen YQ, McCauley M, et al.; HPTN 052 Study Team. Prevention of HIV-1 infection with early antiretroviral therapy. N Engl J Med 2011;365:493–505. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa1105243>
  • Lundgren JD, Babiker AG, Gordin F, et al.; INSIGHT START Study Group. Initiation of antiretroviral therapy in early asymptomatic HIV infection. N Engl J Med 2015;373:795–807. <https://doi.org/10.1056/NEJMoa1506816>
  • Auld AF, Shiraishi RW, Mbofana F, et al.; MSAE. Lower levels of antiretroviral therapy enrollment among men with HIV compared with women—12 countries, 2002–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:1281–6. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6446a2>
  • Gupta RK, Lucas SB, Fielding KL, Lawn SD. Prevalence of tuberculosis in post-mortem studies of HIV-infected adults and children in resource-limited settings: a systematic review and meta-analysis. AIDS 2015;29:1987–2002. <https://doi.org/10.1097/QAD.0000000000000802>
  • Peter JG, Zijenah LS, Chanda D, et al. Effect on mortality of point-of-care, urine-based lipoarabinomannan testing to guide tuberculosis treatment initiation in HIV-positive hospital inpatients: a pragmatic, parallel-group, multicountry, open-label, randomised controlled trial. Lancet 2016;387:1187–97. <https://doi.org/10.1016/S0140-6736(15)01092-2>
  • Mfinanga S, Chanda D, Kivuyo SL, et al.; REMSTART trial team. Cryptococcal meningitis screening and community-based early adherence support in people with advanced HIV infection starting antiretroviral therapy in Tanzania and Zambia: an open-label, randomised controlled trial. Lancet 2015;385:2173–82. <https://doi.org/10.1016/S0140-6736(15)60164-7>
  • Suthar AB, Granich R, Mermin J, Van Rie A. Effect of cotrimoxazole on mortality in HIV-infected adults on antiretroviral therapy: a systematic review and meta-analysis. Bull World Health Organ 2012;90:128C–38C. <https://doi.org/10.2471/BLT.11.093260>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ