一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)13~15歳の生徒における現在の喫煙と禁煙の希望 ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/05/26Vol. 66 / No. 20

MMWR66(20):533-537
Current Tobacco Smoking and Desire to Quit Smoking Among Students Aged 13–15 Years — Global Youth Tobacco Survey, 61 Countries, 2012–2015

13~15歳の生徒における現在の喫煙と禁煙の希望 ― Global Youth Tobacco Survey、61カ国、2012~2015年

タバコは全世界的に消費され、喫煙者の多くは青少年期に使用を開始する。禁煙による健康へのベネフィットは低年齢ほど大きいが、どの年齢においても有益である。CDCは、WHOのGlobal Youth Tobacco Survey (GYTS)の2012~2015年のデータから、13~15歳の生徒における喫煙について調査した。GYTSは筆記による調査であり、2012~2015年はWHOの6地域計61カ国について調査した。全回答数の中央値は2.428名、範囲は534名(サンマリノ)~10,018名(ボスニア・ヘルツェゴビナ)、全回答率は60.3%(ニカラグア)~99.2%(スーダン)であった。13~15歳の生徒における現在(30日以内)の喫煙率の61カ国における中央値は10.7%(スリランカ:1.7%~東ティモール:35.0%)であった。地域別では、アフリカ地域が6.1%(モザンビーク)~20.2%(セーシェル)、東地中海地域が7.2%~(パキスタン)~23.3%(ヨルダン)、ヨーロッパ地域が2.4%(タジキスタン)~27.4%(ブルガリア)、アメリカ地域が5.8%(パラグアイ)~22.0%(アルゼンチン)、南東アジア地域が1.7%(スリランカ)~35.0%(東ティモール)、西太平洋地域が3.5%(ベトナム)~14.5%(フィリピン)であった。男女別の喫煙率中央値は、男性が14.6%(タジキスタン:2.9%~東ティモール:61.4%)、女性は7.5%(タジキスタン:1.6%~ブルガリア:29.0%)であった。38カ国にて男性の喫煙率は女性に比べ有意に高く、女性が有意に高かったのは1カ国(ポルトガル)のみであった。禁煙について質問した51カ国において、禁煙を希望すると回答した生徒の割合は32.1%(ウルグアイ)~90.2%(フィリピン)と幅があった。現在喫煙している生徒のうち禁煙を希望する生徒は、40カ国にて50%を超えていた。青少年における喫煙率は多くの国で高かったが、同時に禁煙の希望率も高かった。調査で得られたエビデンスは、各国の青少年の喫煙を予防、低減する施策の策定に役立ち、21世紀に1億人と推定される喫煙関連死の低減に資すると考えられる。

References

  • World Health Organization. WHO global report: mortality attributable to tobacco. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. <http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/44815/1/9789241564434_eng.pdf>
  • CDC Foundation. Global Adult Tobacco Survey atlas. Atlanta, GA: CDC Foundation; 2015. <http://gatsatlas.org/>
  • US Department of Health and Human Services. Preventing tobacco use among youth and young adults: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Chronic Disease Prevention and Health Promotion; 2012. <https://www.surgeongeneral.gov/library/reports/preventing-youth-tobacco-use/full-report.pdf>
  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Chronic Disease Prevention and Health Promotion, Office on Smoking Health; 2014. <https://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress/full-report.pdf>
  • World Health Organization. WHO Framework Convention on Tobacco Control. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2005. <http://www.who.int/tobacco/framework/WHO_FCTC_english.pdf>
  • Nagler RH, Viswanath K. Implementation and research priorities for FCTC Articles 13 and 16: tobacco advertising, promotion, and sponsorship and sales to and by minors. Nicotine Tob Res 2013;15:832–46. <https://doi.org/10.1093/ntr/nts331>
  • World Health Organization. WHO Report on the global tobacco epidemic, 2008: the MPOWER package. Geneva, World Health Organization, 2008. <http://www.who.int/tobacco/mpower/mpower_report_full_2008.pdf>
  • DiFranza JR. Which interventions against the sale of tobacco to minors can be expected to reduce smoking? Tob Control 2012;21:436–42. <https://doi.org/10.1136/tobaccocontrol-2011-050145>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ