一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)都市部・地方郡分類による関節炎の有病率と関節炎に起・・・

MMWR抄訳

rss

2017/05/26Vol. 66 / No. 20

MMWR66(20):527-532
Prevalence of Arthritis and Arthritis-Attributable Activity Limitation by Urban-Rural County Classification — United States, 2015

都市部・地方郡分類による関節炎の有病率と関節炎に起因する活動制限 ― アメリカ、2015年

アメリカでは、医師により診断された関節炎は最も有病率の高い健康状態の一つで(22.7%)、5440万人の成人が影響を受けており、推定で2370万人の成人が関節炎に起因する活動制限(AAAL)を持っている。年齢で調整したAAALの有病率は、2002年から2015年に20%増加している。関節炎の有病率は州および郡により変動が大きく、都市部から地方地域にわたる関節炎およびAAALの有病率は知られていない。都市部-地方カテゴリーによる関節炎およびAAALの有病率を推定するために、CDCは2015年のBehavioral Risk Factor Surveillance Systemのデータを分析した。大半の地方地域では、ほぼ3人に1人の成人が医師により診断された関節炎を報告しており(未調整の有病率31.8%)、年齢特異的な有病率は地方地域の高齢グループで上昇した。年齢で調整した分析では、関節炎の有病率は大半の都市部に居住している成人で低く(20.0%)、大半の地方地域に居住している成人で多かった(26.9%)。年齢で調整した関節炎の有病率は、大半のサブグループにおいて地方地域で増加した。都市部-地方にわたり、関節炎の有病率は過去に報告されたパターンと同様に、女性、高齢者、喫煙者、低学歴、低活動量、高BMIの成人で増加した。すべての都市部-地方にわたり65歳以上の成人の関節炎の有病率は50%以上であった。AAALはすべての都市部-地方カテゴリーで関節炎の成人の半数に影響し、未調整の有病率は47.8~55.3%であった。AAALの年齢特異的な有病率は地方地域および全地域の45~64歳で増加した。年齢調整した分析では、AAALの全体の有病率は大半の都市部で低く(47.1%)、大半の地方地域(56.9%)で多かった。サブグループ分析では、大半の地方カテゴリーでAAALの有病率の増加を認めた。地方居住者の成人での関節炎有病率が増加しているので、症状の軽減に役立つ身体活動および自己管理教育プログラムをはじめとする地方居住者をターゲットとした介入が必要である。

References

  • Meit M, Knudson A, Gilbert T, et al. The 2014 update of the rural-urban chartbook. Bethesda, MD: Rural Health Reform Policy Center; 2014. <https://ruralhealth.und.edu/projects/health-reform-policy-research-center/pdf/2014-rural-urban-chartbook-update.pdf>
  • Shaw KM, Theis KA, Self-Brown S, Roblin DW, Barker L. Chronic disease disparities by county economic status and metropolitan classification, Behavioral Risk Factor Surveillance System, 2013. Prev Chronic Dis 2016;13:E119. <https://doi.org/10.5888/pcd13.160088>
  • Barbour KE, Helmick CG, Boring M, Brady TJ. Vital signs: prevalence of doctor-diagnosed arthritis and arthritis-attributable activity limitation—United States, 2013–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:246–53. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6609e1>
  • Barbour KE, Helmick CG, Boring M, Zhang X, Lu H, Holt JB. Prevalence of doctor-diagnosed arthritis at state and county levels—United States, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:489–94. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6519a2>
  • Brady TJ, Murphy L, O’Colmain BJ, et al. A meta-analysis of health status, health behaviors, and healthcare utilization outcomes of the Chronic Disease Self-Management Program. Prev Chronic Dis 2013;10:120112. <https://doi.org/10.5888/pcd10.120112>
  • Towne SD, Smith ML, Ahn S, Ory MG. The reach of chronic-disease self-management education programs to rural populations. Front Public Health 2014;2:172.
  • Kelley GA, Kelley KS, Hootman JM, Jones DL. Effects of community-deliverable exercise on pain and physical function in adults with arthritis and other rheumatic diseases: a meta-analysis. Arthritis Care Res (Hoboken) 2011;63:79–93. <https://doi.org/10.1002/acr.20347>
  • Loew L, Brosseau L, Wells GA, et al.; Ottawa Panel. Ottawa panel evidence-based clinical practice guidelines for aerobic walking programs in the management of osteoarthritis. Arch Phys Med Rehabil 2012;93:1269–85. <https://doi.org/10.1016/j.apmr.2012.01.024>
  • Doescher MP, Lee C, Berke EM, et al. The built environment and utilitarian walking in small U.S. towns. Prev Med 2014;69:80–6. <https://doi.org/10.1016/j.ypmed.2014.08.027>
  • Sacks JJ, Harrold LR, Helmick CG, Gurwitz JH, Emani S, Yood RA. Validation of a surveillance case definition for arthritis. J Rheumatol 2005;32:340–7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ