一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)妊婦におけるB型肝炎表面抗原スクリーニングおよびB・・・

MMWR抄訳

rss

2017/05/19Vol. 66 / No. 19

MMWR66(19):506-508
Hepatitis B Surface Antigen Screening Among Pregnant Women and Care of Infants of Hepatitis B Surface Antigen–Positive Mothers — Guam, 2014

妊婦におけるB型肝炎表面抗原スクリーニングおよびB型肝炎表面抗原陽性の母親から生まれた乳児のケア ― グアム、2014年

グアムの成人にB型肝炎が流行している。B型肝炎ウイルス(HBV)は感染した母親から新生児へ感染するため、その流行が持続している。HBVに感染した乳児の約90%は慢性HBV感染症を発症し、約25%は肝不全または肝細胞癌のため早期に死亡する。Advisory Committee on Immunization Practicesは1988年、すべての妊婦に対しB型肝炎表面抗原(HBsAg)のスクリーニングを推奨しており、陽性を示す女性から産まれた乳児に対し、曝露後予防(PEP)としてB型肝炎ワクチンおよびB型肝炎免疫グロブリン(HBIG)の投与を推奨している。出産から12時間以内にPEPを行った場合、出生時HBV感染は85~95%予防できるため、グアムでは1988年にB型肝炎ワクチンを乳児に対する定期的予防接種として導入している。2014年、グアムでもっとも大きい産科病院であるGuam Memorial Hospitalでは、2,478名の新生児が生まれた。ここから無作為に971名(39%)のデータを抽出し(5組の双生児については1名を選択)、計966組の母親と新生児の医療記録を分析した。966名の母親(太平洋諸島:752、アジア人:197、白人:11、ヒスパニック:2)の年齢は27(15~45)歳、うち542名(56.1%)は出産時、25歳以上であった。出産前HBsAgスクリーニングに関する情報は936名(97%)にて得られ、905名(97%)がスクリーニングを受けていた。出産前ケアを受けた857名では、818/834名(98%)がスクリーニングを受け、ケアを受けなかった106名では87/102名(85%)が出産のため入院した際にスクリーニングを受けた。スクリーニング検査の結果は899名にて得られ、18名(2%、太平洋諸島:14名、アジア人:4名)が陽性であった。年齢は16名(89%)が1988年のワクチン導入前に生まれた25歳以上であった。新生児18名全員に12時間以内にB型肝炎ワクチンが接種され、17名にHBIGが投与された。今回、グアムにおけるHBsAgスクリーニング検査率は98%とアメリカ全体(94%)と同等であったが、陽性率(2%)はアメリカで生まれた太平洋諸島/アジア人女性(0.14%)の約13倍、アメリカ全体(0.9%)の約2倍高く、新生児に対する適切なPEPの実施の重要性が示唆された。

References

  • Haddock RL, Paulino YC, Bordallo R. Viral hepatitis and liver cancer on the island of Guam. Asian Pac J Cancer Prev 2013;14:3175–6. <https://doi.org/10.7314/APJCP.2013.14.5.3175>
  • Hennessey K, Mendoza-Aldana J, Bayutas B, Lorenzo-Mariano KM, Diorditsa S. Hepatitis B control in the World Health Organization’s Western Pacific Region: targets, strategies, status. Vaccine 2013;31(Suppl 9): J85–92. <https://doi.org/10.1016/j.vaccine.2012.10.082>
  • Nelson NP, Easterbrook PJ, McMahon BJ. Epidemiology of hepatitis B virus infection and impact of vaccination on disease. Clin Liver Dis 2016;20:607–28. <https://doi.org/10.1016/j.cld.2016.06.006>
  • Edmunds WJ, Medley GF, Nokes DJ, Hall AJ, Whittle HC. The influence of age on the development of the hepatitis B carrier state. Proc Biol Sci 1993;253:197–201. <https://doi.org/10.1098/rspb.1993.0102>
  • Beasley RP, Hwang LY, Lee GC, et al. Prevention of perinatally transmitted hepatitis B virus infections with hepatitis B immune globulin and hepatitis B vaccine. Lancet 1983;2:1099–102. <https://doi.org/10.1016/S0140-6736(83)90624-4>
  • CDC. Prevention of perinatal transmission of hepatitis B virus: prenatal screening of all pregnant women for hepatitis B surface antigen. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 1988;37:341–6.
  • Willis BC, Wortley P, Wang SA, Jacques-Carroll L, Zhang F. Gaps in hospital policies and practices to prevent perinatal transmission of hepatitis B virus. Pediatrics 2010;125:704–11. <https://doi.org/10.1542/peds.2009-1831>
  • Smith EA, Jacques-Carroll L, Walker TY, Sirotkin B, Murphy TV. The national perinatal hepatitis B prevention program, 1994–2008. Pediatrics 2012;129:609–16. <https://doi.org/10.1542/peds.2011-2866>
  • Abara WE, Collier MG, Teshale EH. Impact of universal infant hepatitis B vaccination in the US-affiliated Pacific Islands, 1985–2015. Vaccine 2017;35:997–1000. <https://doi.org/10.1016/j.vaccine.2017.01.020>
  • Mast EE, Margolis HS, Fiore AE, et al.; Advisory Committee on Immunization Practices. A comprehensive immunization strategy to eliminate transmission of hepatitis B virus infection in the United States: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) part 1: immunization of infants, children, and adolescents. MMWR Recomm Rep 2005;54(No. RR-16).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ