一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)高校生における現在の飲酒と大量飲酒 ― アメリカ、・・・

MMWR抄訳

rss

2017/05/12Vol. 66 / No. 18

MMWR66(18):474-478
Current and Binge Drinking Among High School Students — United States, 1991–2015

高校生における現在の飲酒と大量飲酒 ― アメリカ、1991~2015年

2006~2010年では、年齢21歳未満の集団において過剰な飲酒により約4,300件/年が死亡し、未成年者の飲酒により2010年では243億ドルの負担がアメリカにかけている。CDCは、アメリカの高校生による飲酒の傾向を調査するために国家的なYouth Risk Behavior Survey(YRBS)からのデータを調査し、また、2015年のYRBSから、消費したアルコールの通常のソースおよび大量飲酒の強度(大量飲酒時に摂取した平均杯数)を分析した。1991~2007年では高校生における現在飲酒している割合は50.8%(1991年)から44.7%(2007年)に減少し、2015年では32.8%へ顕著に低下した。大量飲酒(調査前の30日間で、連続して5杯以上の摂取が1日以上)の割合は、1991年(31.3%)から1999年(31.5%)にかけて増加したが、その後、2015年には17.7%へ減少した。2015年では、現在および大量飲酒者の割合は学年(9thから12thグレード)が上がるごとに増加し、それぞれ23.4%から42.4%、10.4%から24.6%へ増加した。現在および大量飲酒者の割合は、非ヒスパニック系白人およびヒスパニック系の生徒で非ヒスパニック系黒人よりも有意に増加した。2015年において、大量飲酒者の36.4%と現在の(大量飲酒ではない)飲酒者の55.7%では、大抵、他者からアルコールを得ていた。2015年では、飲酒する高校生の大半は大量飲酒者(57.8%)で、大量飲酒者の43.8%は連続して8杯以上摂取し、連続して8杯以上の摂取は男子生徒(50.5%)で女子生徒(35.3%)よりも多かった。過剰な飲酒を予防するためのエビデンスに基づいた広範囲な戦略(例えば、酒税の増税、アルコール販売店の密集の制御、法律の整備)は、未成年者の飲酒および関連する悪影響を減少させるのに役立つ可能性がある。

References

  • Sacks JJ, Gonzales KR, Bouchery EE, Tomedi LE, Brewer RD. 2010 national and state costs of excessive alcohol consumption. Am J Prev Med 2015;49:e73–9. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2015.05.031>
  • Johnston LD, O’Malley PM, Miech RA, Bachman JG, Schulenberg JE. Monitoring the future national survey results on drug use: 1975–2014. Overview, key findings on adolescent drug use. Ann Arbor. MI: Institute for Social Research, University of Michigan; 2015.
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration. Results from the 2014 National Survey on Drug Use and Health: detailed tables. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services, Substance Abuse and Mental Health Services Administration; 2015.
  • Nelson TF, Xuan Z, Blanchette JG, Heeren TC, Naimi TS. Patterns of change in implementation of state alcohol control policies in the United States, 1999–2011. Addiction 2015;110:59–68. <https://doi.org/10.1111/add.12706>
  • Serdula MK, Brewer RD, Gillespie C, Denny CH, Mokdad A. Trends in alcohol use and binge drinking, 1985–1999: results of a multi-state survey. Am J Prev Med 2004;26:294–8. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2003.12.017>
  • Harding FM, Hingson RW, Klitzner M, et al. Underage drinking: a review of trends and prevention strategies. Am J Prev Med 2016;51(Suppl 2):S148–57. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2016.05.020>
  • Nelson DE, Naimi TS, Brewer RD, Nelson HA. State alcohol-use estimates among youth and adults, 1993–2005. Am J Prev Med 2009;36:218–24. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2008.10.018>
  • Xuan Z, Blanchette JG, Nelson TF, et al. Youth drinking in the United States: relationships with alcohol policies and adult drinking. Pediatrics 2015;136:18–27. <https://doi.org/10.1542/peds.2015-0537>
  • Chavez PR, Nelson DE, Naimi TS, Brewer RD. Impact of a new gender-specific definition for binge drinking on prevalence estimates for women. Am J Prev Med 2011;40:468–71. <https://doi.org/10.1016/j.amepre.2010.12.008>
  • Ross CS, Brewer RD, Jernigan DH. The potential impact of a “no-buy” list on youth exposure to alcohol advertising on cable television. J Stud Alcohol Drugs 2016;77:7–16. <https://doi.org/10.15288/jsad.2016.77.7>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ