一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)州のHCV発生率と注射剤使用者に対するHCV予防お・・・

MMWR抄訳

rss

2017/05/12Vol. 66 / No. 18

MMWR66(18):465-469
State HCV Incidence and Policies Related to HCV Preventive and Treatment Services for Persons Who Inject Drugs — United States, 2015–2016

州のHCV発生率と注射剤使用者に対するHCV予防および医療サービスに関連する政策 ― アメリカ、2015~2016年

根治可能なC型肝炎ウイルス(HCV)療法および既知の感染予防手段があるにもかかわらず、近年、新規のHCV感染は増加しており、注射剤の使用は主要なリスクファクターである。HCV有病率を減少させる可能性のある一つの戦略は、特に注射剤使用者間の感染リスクの減少を重点とした保健法および政策の創出である。HCV予防および医療サービスの利用機会に影響する因子を評価するために、CDCは注射薬使用者のための安全な注射器具の利用に関する州法、およびHCV治療の承認のためのアルコール/薬剤離脱の要件に関連するMedicaid政策を調査した。急性HCVの発生率は、CDCのNational Notifiable Disease Surveillance Systemのデータを使用した。無菌の注射針およびシリンジの利用に関連する法律およびアルコール/薬剤離脱の要件に関連するMedicaidのHCV治療政策の分析により、州を分類した。2015年では、急性HCVの発生率は10万人あたり0.8人で、40州の保健部門による報告では新規感染は2,436例で、調整後では新規のHCV感染は33,900例と推定され、17州では全国平均を上回った。注射剤使用者に対する最低限のHCV感染予防に関連する包括的な法律がある18州であった。しかし、これらの州では所有を処罰の対象から外してシリンジおよび注射針を配布するか、処方箋なしのシリンジの小売を許可するシリンジ交換プログラムは認可されていなかった。また、Medicaidを介してHCV治療を受けるために、24州ではアルコール/薬剤離脱期間がある程度必要とされる抑制政策をとっており、16州ではアルコール/薬剤離脱期間が必要とされないか、スクリーニングまたはカウンセリングのみが必要であった。注射剤使用者の包括的なHCV予防および治療が可能な州法およびMedicaid政策の両方があるのは マサチューセッツ州、ニューメキシコ州、ワシントン州の3州のみであった。シリンジ交換プログラムおよび無菌の注射針およびシリンジの利用機会を増加させる州法、さらに州のMedicaidプログラムを介したHCV治療の利用を促進する政策は、HCV感染リスクを低下させることができる。

References

  • Ly KN, Hughes EM, Jiles RB, Holmberg SD. Rising mortality associated with hepatitis C virus in the United States, 2003–2013. Clin Infect Dis 2016;62:1287–8. <https://doi.org/10.1093/cid/ciw111>
  • Zibbell JE, Iqbal K, Patel RC, et al. Increases in hepatitis C virus infection related to injection drug use among persons aged ≤30 years—Kentucky, Tennessee, Virginia, and West Virginia, 2006–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:453–8.
  • CDC. Recommendations for prevention and control of hepatitis C virus (HCV) infection and HCV-related chronic disease. MMWR Recomm Rep 1998;47(No. RR-19).
  • CDC. Viral hepatitis surveillance—United States, 2015. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/hepatitis/statistics/2015surveillance/index.htm>
  • Canary LA, Klevens RM, Holmberg SD. Limited access to new hepatitis C virus treatment under state Medicaid programs. Ann Intern Med 2015;163:226–8. <https://doi.org/10.7326/M15-0320>
  • Johnson H, Paulozzi L, Porucznik C, Mack K, Herter B; Hal Johnson Consulting and Division of Disease Control and Health Promotion, Florida Department of Health. Decline in drug overdose deaths after state policy changes—Florida, 2010–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:569–74.
  • Mello MM, Pomeranz J, Moran P. The interplay of public health law and industry self-regulation: the case of sugar-sweetened beverage sales in schools. Am J Public Health 2008;98:595–604. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2006.107680>
  • National Viral Hepatitis Roundtable; Center for Health Law & Policy Innovation, Harvard Law School. Hepatitis C: the state of Medicaid access. Preliminary findings: national summary report. Washington, DC: National Viral Hepatitis Roundtable; 2016. <http://www.chlpi.org/wp-content/uploads/2013/12/HCV-Report-Card-National-Summary_FINAL.pdf>
  • Burris S, Wagenaar AC, Swanson J, Ibrahim JK, Wood J, Mello MM. Making the case for laws that improve health: a framework for public health law research. Milbank Q 2010;88:169–210. <https://doi.org/10.1111/j.1468-0009.2010.00595.x>
  • Hickman M, De Angelis D, Vickerman P, Hutchinson S, Martin NK. Hepatitis C virus treatment as prevention in people who inject drugs: testing the evidence. Curr Opin Infect Dis 2015;28:576–82. <https://doi.org/10.1097/QCO.0000000000000216>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ