一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)バイタルサイン:黒人またはアフリカ系アメリカ人にお・・・

MMWR抄訳

rss

2017/05/05Vol. 66 / No. 17

MMWR66(17):444-456
Vital Signs: Racial Disparities in Age-Specific Mortality Among Blacks or African Americans — United States, 1999–2015

バイタルサイン:黒人またはアフリカ系アメリカ人における年齢特異的死亡率の人種差 ― アメリカ、1999~2015年

2014年、黒人(黒人およびアフリカ系アメリカ人)の平均寿命は75.6歳、白人は79.0歳であり、2000年(黒人:71.8歳、白人:77.3歳)に比べ人種差は縮小している。しかし、成人早期および中期における主な死因には格差があり、とくに殺人、心疾患や糖尿病などの慢性疾患による死亡は黒人にて多い。今回、1999~2015年における成人の年齢特異的死亡率を18~34歳、35~49歳、50~64歳、65歳以上に分けて分析を行った。1999年における10万人あたりの年齢補正死亡率は黒人が1,135.7、白人が854.6であったのに対し、2015年では人種差が縮小し、黒人が851.9(25%減)、白人が735.0(14%減)であった。死因別の年齢特異的死亡率は、1999~2015年にて18~34歳では心疾患、がん、HIV疾患による死亡率がそれぞれ15%、24%、80%減少、35~49歳ではそれぞれ22%、38%、79%減少、50~64歳/65歳以上では32/43%、27/29%、34/41%の減少であった。2014年の社会人口統計学的背景として、黒人は白人に比べ学歴12年未満、非雇用者、貧困レベル以下の生活者、持ち家のある世帯が少なく、医療保険未加入者が多かった。また、2015年、黒人は肥満または身体活動の時間がない人が多く、正常体重の人が少なかった。さらに大酒を飲む人が多く、現喫煙者は50~64歳および65歳以上で多く、18~34歳では少なかった。すべての年齢層において黒人は費用の問題から昨年、受診できなかった人が多く、18~34歳では主治医のいない人が多かった。また、健康に不安があり、50歳以上では慢性疾患(喘息、高血圧、糖尿病、脳卒中)のある人が多く、がん患者は少なかった。2015年における65歳未満の全死因死亡率は白人に比べ40%高く、18~34歳では主死因10のうち8死因(心疾患、がん、脳血管疾患、糖尿病、殺人、HIV疾患、および妊娠/分娩/産褥による状態)による死亡率が高く、35~49歳では心疾患、がん、脳血管疾患、糖尿病、殺人、腎炎/ネフローゼ症候群/ネフローゼ、敗血症およびHIV疾患、50~64歳では心疾患、がん、脳血管疾患、糖尿病、腎炎/ネフローゼ症候群/ネフローゼ、非意図的損傷、敗血症およびHIV疾患による死亡率が高かった。また、18~49歳の非意図的損傷、50~64歳の慢性腎疾患および肝硬変、49歳以下の自殺、65歳以上のアルツハイマー病による死亡率は白人に比べ黒人にて低かった。以上、白人と黒人の年齢特異的死亡率には依然として人種差が認められ、黒人の健康を改善する必要性が示唆される。

References

  • Colby SL, Ortman JM. Projections of the size and composition of the U.S. population: 2014 to 2060. Washington, DC: US Department of Commerce, Economics and Statistics and Administration, Bureau of the Census; 2014.
  • National Center for Health Statistics. Health, United States 2015: with special feature on racial and ethnic disparities. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics, 2015.
  • Mensah GA, Mokdad AH, Ford ES, Greenlund KJ, Croft JB. State of disparities in cardiovascular health in the United States. Circulation 2005;111:1233–41. <https://doi.org/10.1161/01.CIR.0000158136.76824.04>
  • Jemal A, Ward EM, Johnson CJ, et al. Annual report to the nation on the status of cancer, 1975–2014, featuring survival. J Natl Cancer Inst 2017;109. <https://doi.org/10.1093/jnci/djx030>
  • Braveman P, Barclay C. Health disparities beginning in childhood: a life-course perspective. Pediatrics 2009;124(Suppl 3):S163–75. <https://doi.org/10.1542/peds.2009-1100D>
  • Rothman KJ, Greenland S, Lash TL. Modern epidemiology. 3rd ed. Philadelphia: Wolters Kluwer Health/Lippincott Williams & Wilkins; 2008.
  • Link BG, Phelan J. Social conditions as fundamental causes of disease. J Health Soc Behav 1995;35:80–94. <https://doi.org/10.2307/2626958>
  • Phelan JC, Link BG, Tehranifar P. Social conditions as fundamental causes of health inequalities: theory, evidence, and policy implications. J Health Soc Behav 2010;51(Suppl):S28–40. <https://doi.org/10.1177/0022146510383498>
  • Geronimus AT. The weathering hypothesis and the health of African-American women and infants: evidence and speculations. Ethn Dis 1992;2:207–21.
  • Geronimus AT, Hicken M, Keene D, Bound J. “Weathering” and age patterns of allostatic load scores among blacks and whites in the United States. Am J Public Health 2006;96:826–33. <https://doi.org/10.2105/AJPH.2004.060749>
  • Hutchins SS, Jiles R, Bernier R. Elimination of measles and of disparities in measles childhood vaccine coverage among racial and ethnic minority populations in the United States. J Infect Dis 2004;189(Suppl 1):S146–52. <https://doi.org/10.1086/379651>
  • Giles WH, Tucker P, Brown L, et al. Racial and ethnic approaches to community health (REACH 2010): an overview. Ethn Dis 2004;14(Suppl 1):S5–8.
  • Giles WH. The US perspective: lessons learned from the Racial and Ethnic Approaches to Community Health (REACH) Program. J R Soc Med 2010;103:273–6.
  • Jenkins C, Pope C, Magwood G, et al. Expanding the chronic care framework to improve diabetes management: the REACH case study. Prog Community Health Partnersh 2010;4:65–79. <https://doi.org/10.1353/cpr.0.0108>
  • Howell SL, Tucker P, Liburd L. Environmental and policy approaches to increasing physical activity: improving access to places for physical activity and dissemination of information. Glob Health Promot Educ 2011;18:43–6. <https://doi.org/10.1177/1757975910393170>
  • Szklo M, Nieto FJ. Epidemiology: beyond the basics. 2nd ed. Sudbury, MA: Jones and Bartlett Publishers; 2007.
  • Cooper RS, Freeman VL. Limitations in the use of race in the study of disease causation. J Natl Med Assoc 1999;91:379–83.
  • Kaufman JS, Cooper RS. Seeking causal explanations in social epidemiology. Am J Epidemiol 1999;150:113–20. <https://doi.org/10.1093/oxfordjournals.aje.a009969>
  • Berkman LF, Kawachi I, Glymour MM. Social epidemiology. 2nd ed. Oxford, England: Oxford University Press; 2014.
  • Levine RS, Foster JE, Fullilove RE, et al. Black-white inequalities in mortality and life expectancy, 1933-1999: implications for healthy people 2010. Public Health Rep 2001;116:474–83. <https://doi.org/10.1093/phr/116.5.474>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ