一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)麻疹根絶に向けての進歩 ― アフリカ地域、2013・・・

MMWR抄訳

rss

2017/05/05Vol. 66 / No. 17

MMWR66(17):436-443
Progress Toward Measles Elimination — African Region, 2013–2016

麻疹根絶に向けての進歩 ― アフリカ地域、2013~2016年

2011年、WHOアフリカ地域(AFR)の46加盟国は、2020年までの麻疹根絶の達成目標として、1)麻疹含有ワクチンの1回目(MCV1)の接種率が95%以上、2)追加予防接種活動(SIAs)を通じたMCV接種率が95%以上、3)すべての国々における麻疹の発症率が100万人あたり1例未満を設定した。また、サーベイランスの達成指標は、1)年間10万人あたりの非麻疹性発熱性発疹疾患2例以上を調査、2)80%以上の地区において1例以上の麻疹の疑い例から血液検体を採取する、とした。今回、2013~2016年におけるこれら麻疹根絶に向けた活動について報告する。WHOとUNICEFFによる2013~2015年におけるMCV1接種率は71~74%であり、目標値(95%以上)を達成した国は8カ国(17%)から7カ国(15%)に減少した。国別の接種率はモーリシャス(99%)、タンザニア(99%)、セイシェル(98%)にて高く、南スーダン(20%)、赤道ギニア(27%)、中央アフリカ共和国(49%)にて低かった。2回目の接種(MCV2)が定期予防接種に導入された国は11カ国(24%)から23カ国(49%)に増加し、接種率は7%から18%に増加した。SIAは2013~2016年、42カ国(89%)において52回実施され、約3億人の小児に接種された。2013~2016年において、サーベイランスの両方の達成目標に達した国は19カ国、どちらかの目標に達した国は12カ国であった。症例ベースのサーベイランスを通じて報告された症例数は計176,785例であり、確診例は2013年の71,529例から、2016年には28,279例と60%減少した。9~59カ月齢の症例は103,161例(60%)であり、うち79%はワクチン未接種または接種状態不明であった。100万人あたりの発症率は2013年の76.3から2016年に27.9と63%減少し、発症率が大きく低下した国はアンゴラ(99%)、ナミビア(97%)、トーゴ(92%)であった。また、確診例が多かった国は赤道ギニア(100万人あたり1,938)、ガボン(723)、リベリア(85)であり、100万人あたり1例未満であった国は19カ国(41%)から15カ国(32%)に減少した。ウイルスの遺伝子型は14カ国から報告され、すべてB3型であった。2020年までに麻疹を根絶するにはMCV2の高い接種率(95%)が必要であるため、定期予防接種へのMCV2の導入、SIAの質の向上、サーベイランスの強化などが急がれる。

References

  • World Health Organization Regional Committee for Africa. Measles elimination by 2020: a strategy for the African Region. Yamoussoukro, Côte d’Ivoire: World Health Organization Regional Committee for Africa; 2011. <http://www.afro.who.int/en/sixty-first-session.html>
  • World Health Organization Regional Office for Africa. African regional guidelines for measles and rubella surveillance. Brazzaville, Congo: World Health Organization Regional Office for Africa; 2015. <http://www.afro.who.int/index.php?option=com_docman&task=doc_download&gid=10814&Itemid=2593>
  • Masresha BG, Kaiser R, Eshetu M, et al. Progress toward measles preelimination—African Region, 2011–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:285–91.
  • World Health Organization. Immunization, vaccines, and biologicals: data, statistics, and graphics. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2014. <http://www.who.int/immunization/monitoring_surveillance/data/en/>
  • World Health Organization. Measles vaccines: WHO position paper—April 2017. Wkly Epidemiol Rec 2017;92:205–27.
  • World Health Organization. A guide to introducing a second dose of measles vaccine into routine immunization schedules. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2013. <http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/85900/1/WHO_IVB_13.03_eng.pdf>
  • World Health Organization Strategic Advisory Group of Experts. Midterm review of the Global Measles and Rubella Strategic Plan 2012–2020. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2016. <http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/251810/1/WER9148.pdf?ua=1>
  • Lam E, Schluter WW, Masresha BG, et al. Development of a district-level programmatic assessment tool for risk of measles virus transmission. Risk Anal 2015. Epub May 15, 2015. <https://doi.org/10.1111/risa.12409>
  • World Health Organization African Region. Report of the Regional Immunization Technical Advisory Group Meeting. Dakar, Senegal: December 12–13, 2016. <http://www.who.int/immunization/sage/meetings/2017/april/4_AFRO_RITAG_Meeting_Report_Final.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ