一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)石油およびガス採掘業における業務上の転落死― アメ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/04/28Vol. 66 / No. 16

MMWR66(16):417-421
Occupational Fatalities Resulting from Falls in the Oil and Gas Extraction Industry, United States, 2005–2014

石油およびガス採掘業における業務上の転落死― アメリカ、2005~2014年

2003~2013年、石油およびガス採掘業の作業員における死亡率は、転落を除くすべての原因で低下した一方で、同期間における転落による死亡率は毎年2%上昇した。CDCは、これらの事故のリスク因子を明らかにするため、Occupational Safety and Health Administrationによる事故調査データを用いて、石油およびガス採掘業における転落による死亡事故について精査した。2005~2014年、転落による死亡事故は、全死亡事故の15%にあたる63例(平均年齢36歳、21~76歳)が確認された。そのうち33例(52%)は9メートルを超える高所からの転落であり、22例(35%)が作業用昇降甲板からの転落であった。転落事故の直前に行っていた作業は、揚降管の連結または分離、掘削リグの設置または解体(各14例、22%)などであった。会社種別では、掘削請負会社の作業員が38例(60%)と最も多く、転落による死亡率は作業員10万人あたり4.5例に上り、次いで抗井管理会社が多かった(24例、38%、作業員10万人あたり1.1例)。州別では、テキサス州(26例、41%)、オクラホマ州(7例、11%)、ワイオミング州(6例、10%)の順で多かった。63例のうち54例(86%)には法律上、作業時の転落防止装備の着用が義務づけられていたが、このうち7例は未装着、23例は不明であった。装着していた24例においても、15例(63%)はアンカーに未固定、2例(8%)は装着が不適切であり、7例(29%)は適切に装着しアンカーに固定していたにも関わらず、装備の故障により転落、死亡した。石油およびガス掘削業における転落死亡事故の防止のためには、昇降甲板作業員および掘削リグの設置解体作業員を対象にした対策が必要であり、会社は転落防止プランを毎年改訂するとともに、作業員に転落防止装備の適切な装着のトレーニングの実施と装備の点検を行う必要がある。

References

  • Mason KL, Retzer KD, Hill R, Lincoln JM. Occupational fatalities during the oil and gas boom—United States, 2003–2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:551–4.
  • United States Census Bureau. North American Industry Classification System. Washington, DC: United States Census Bureau; 2012. <https://www.census.gov/eos/www/naics/index.html>
  • National Institute for Occupational Safety and Health. Occupational Injury and Illness Classification System. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services; CDC; National Institute for Occupational Safety and Health; 2015. <https://wwwn.cdc.gov/wisards/oiics/Trees/MultiTree.aspx?TreeType=Event>
  • Retzer KD, Ridl S, Hill R. Oil and gas extraction worker fatalities 2014 mid-year report: January 2, 1014–June 30, 2014; 2014. <https://www.cdc.gov/niosh/docs/2015-239/pdfs/2015-239.pdf>
  • National Institute for Occupational Safety and Health. Strategic precautions against fatal falls on the job are recommended by NIOSH. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services; CDC; National Institute for Occupational Safety and Health; 2001. <https://www.cdc.gov/niosh/updates/fatalfal.html>
  • National Institute for Occupational Safety and Health. Rig check fall protection inspection forms. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services; CDC; National Institute for Occupational Safety and Health; 2012. <https://www.cdc.gov/niosh/docs/2011-204c/pdfs/2011-204c.pdf>
  • National Institute for Occupational Safety and Health. Take pride in your job: fall protection. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services; CDC; National Institute for Occupational Safety and Health; 2009. <https://www.cdc.gov/niosh/docs/video/2009-108d/default.html>
  • National Institute for Occupational Safety and Health. Move IT! Rig move safety for truckers. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services; CDC; National Institute for Occupational Safety and Health; 2012. <https://www.cdc.gov/niosh/docs/video/2012-168d/>
  • McCurley L. Falls from height. A guide to rescue planning. Hoboken, NJ: John Wiley & Sons, Inc.; 2013.
  • Hsiao H, Turner N, Whisler R, Zwiener J. Impact of harness fit on suspension tolerance. Hum Factors 2012;54:346–57. <https://doi.org/10.1177/0018720811434962>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ