一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)主に食品を介して感染する病原体による感染症の発症率・・・

MMWR抄訳

rss

2017/04/21Vol. 66 / No. 15

MMWR66(15):397-403
Incidence and Trends of Infections with Pathogens Transmitted Commonly Through Food and the Effect of Increasing Use of Culture-Independent Diagnostic Tests on Surveillance — Foodborne Diseases Active Surveillance Network, 10 U.S. Sites, 2013–2016

主に食品を介して感染する病原体による感染症の発症率および傾向と非培養診断検査の使用増加がサーベイランスに及ぼす影響 ― Foodborne Diseases Active Surveillance Network、アメリカ10カ所、2013~2016年

CDCのFoodborne Diseases Active Surveillance Network(FoodNet)では、食品を介する疾患の予防のため、国内10地域(コネチカット州、ジョージア州、メリーランド州、ミネソタ州、ニューメキシコ州、オレゴン州、テネシー州、およびカリフォルニア州、コロラド州、ニューヨーク州の各選択郡)にて報告される主に食品を介して感染する9種類の病原菌による感染症の検査確診例をモニターしている。非培養診断検査(CIDTs)は従来の培養検査に比べ迅速かつ簡便に病原菌が検出できるため、FoodNetが調査を開始した2010年以降、その利用が継続して増加しているが、CIDTsは検査を行う医療従事者のやり方や検査室の操作手順などの影響を受けるため、サーベイランスデータの解釈が難しくなる。2016年、FoodNetでは培養検査による確診例またはCIDTs陽性例を計24,029例、入院例5,512例、死亡例98例を確認している。細菌別では、カンピロバクター属菌8,547例、サルモネラ属菌8,172例、赤痢菌2,913例、志賀毒素産生性大腸菌(STEC)1,845例、エルシニア属菌302例、ビブリオ属菌252例、リステリア属菌127例、寄生性原虫別ではクリプトスポリジウム1,816例、サイクロスポラ55例であった。培養検査による確診がなく、CIDTs陽性のみの症例が占める割合はカンピロバクター32%、エルシニア32%、STEC24%、赤痢菌23%、ビブリオ13%、サルモネラ8%であり、これら6病原菌感染例でCIDTs陽性のみの症例が2013~2015年に比べ114%(85~1,432%)増加した。2016年の発症率(10万人あたり)は確診例/確診例またはCIDTs陽性例にてカンピロバクター11.79/17.43、サルモネラ15.40/16.66、赤痢4.60/5.94、クリプトスポリジウム3.64/N.A.、STEC 2.85/3.76、エルシニア0.42/0.62、ビブリオ0.45/0.51、リステリア0.26/N.A.、サイクロスポラ0.11/N.A.であり、2013~2015年に比べカンピロバクター感染症の確診例の発症率は11%減少し、STECは確診例、確診例またはCIDTs陽性例それぞれ21%、43%増加、エルシニアもそれぞれ29%、91%増加した。クリプトスポリジウムは確診例が45%の増加であった。サルモネラ感染の確診例7,554例のうち6,583例の血清型が判明し、Salmonella Enteritidisが1,320例(17%)、S. Newportが797例(11%)、S. Typhimuriumが704例(9%)であった。ビブリオ感染の確診例218例のうち血清型が判明した208例では、Vibrio parahaemolyticusが103例(50%)、V. alginolyticusが35例(17%)、V. vulnificusが26例(13%)、STECではO157が503例(36%)、O157以外が891例(64%)であった。

References

  • Iwamoto M, Huang JY, Cronquist AB, et al. Bacterial enteric infections detected by culture-independent diagnostic tests—FoodNet, United States, 2012–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:252–7.
  • Langley G, Besser J, Iwamoto M, et al. Effect of culture-independent diagnostic tests on future Emerging Infections Program surveillance. Emerg Infect Dis 2015;21:1582–8. <https://doi.org/10.3201/eid2109.150570>
  • Khare R, Espy MJ, Cebelinski E, et al. Comparative evaluation of two commercial multiplex panels for detection of gastrointestinal pathogens by use of clinical stool specimens. J Clin Microbiol 2014;52:3667–73. <https://doi.org/10.1128/JCM.01637-14>
  • M’ikanatha NM, Dettinger LA, Perry A, Rogers P, Reynolds SM, Nachamkin I. Culturing stool specimens for Campylobacter spp., Pennsylvania, USA. Emerg Infect Dis 2012;18:484–7. <https://doi.org/10.3201/eid1803.111266>
  • Voetsch AC, Angulo FJ, Rabatsky-Ehr T, et al.; Emerging Infections Program FoodNet Working Group. Laboratory practices for stool-specimen culture for bacterial pathogens, including Escherichia coli O157:H7, in the FoodNet sites, 1995–2000. Clin Infect Dis 2004;38(Suppl 3):S190–7. <https://doi.org/10.1086/381586>
  • Huang JY, Henao OL, Griffin PM, et al. Infection with pathogens transmitted commonly through food and the effect of increasing use of culture-independent diagnostic tests on surveillance—Foodborne Diseases Active Surveillance Network, 10 U.S. sites, 2012–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:368–71. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6514a2>
  • Fitzgerald C, Patrick M, Gonzalez A, et al. Multicenter evaluation of clinical diagnostic methods for detection and isolation of Campylobacter spp. from stool. J Clin Microbiol 2016;54:1209–15. <https://doi.org/10.1128/JCM.01925-15>
  • Roellig DM, Yoder JS, Madison-Antenucci S, et al. Community laboratory testing for Cryptosporidium: multicenter study retesting public health surveillance stool samples positive for Cryptosporidium by rapid cartridge assay with direct fluorescent antibody testing. PLoS One 2017;12:e0169915. <https://doi.org/10.1371/journal.pone.0169915>
  • Association of Public Health Laboratories. State legal requirements for submission of isolates and other clinical materials by clinical laboratories: a review of state approaches. Silver Spring, MD: Association of Public Health Laboratories; 2015. <https://www.aphl.org/aboutAPHL/publications/Documents/StateRequirements_Appendix_v6.pdf>
  • Shea S, Kubota KA, Maguire H, et al. Clinical microbiology laboratories’ adoption of culture-independent diagnostic tests is a threat to foodborne-disease surveillance in the United States. J Clin Microbiol 2016;55:10–9. <https://doi.org/10.1128/JCM.01624-16>
  • Scallan E, Hoekstra RM, Angulo FJ, et al. Foodborne illness acquired in the United States—major pathogens. Emerg Infect Dis 2011;17:7–15. <https://doi.org/10.3201/eid1701.P11101>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ