一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)男性と性行為をする男性における第1期および第2期梅・・・

MMWR抄訳

rss

2017/04/07Vol. 66 / No. 13

MMWR66(13):349-354
State-Specific Rates of Primary and Secondary Syphilis Among Men Who Have Sex with Men — United States, 2015

男性と性行為をする男性における第1期および第2期梅毒の州別発症率 ― アメリカ、2015年

2015年のNational Notifiable Diseases Surveillance Systemデータを用いて、男性と性行為をする男性(MSM)における第1期(初期)または第2期梅毒の州別発症率について分析した。分析対象は第1期および第2期梅毒男性患者の70%以上について性パートナーの情報が得られた44州とし、これは2015年、アメリカにおける第1期または第2期梅毒患者23,872例のうち83.4%に相当した。44州にて報告された第1期または第2期梅毒患者の12,118例(60.8%)はMSMであり、10,942例(54.9%)は男性のみと性交、1,176例(5.9%)は男性と女性の両方と性交していた。第1期または第2期梅毒の発症率はすべての男性、MSM、女性のみと性交する男性、女性にて10万人あたりそれぞれ17.5例、309.0例、2.9例、1.8例であり、MSMにおける州別の発症率は10万人あたり73.1(アラスカ州)~748.3 (ノースカロライナ州)であった。MSMにおける発症率は女性のみと性交する男性の106.0倍[州別では39.2倍(ミネソタ州)~342.1倍(ハワイ州)]であり、女性の167.5倍[同63.7倍(ルイジアナ州)~2,140.3倍(ハワイ州)]であった。州別発症率の高い州は南部に多く、もっとも高い5州のうち4州(ルイジアナ州、ミシシッピ州、ノースカロライナ州、サウスカロライナ州)が南部の州であり、トップ10にはさらにアリゾナ州が入っていた。以上、梅毒の発症率には州および地域による不均衡性が認められ、とくにMSMを対象とした州および地域による予防対策の必要性、および性感染症治療ガイドラインに従った適切な治療の提供の必要性が示唆された。

References

  • CDC. Sexually transmitted disease surveillance 2015. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/std/stats15/std-surveillance-2015-print.pdf>
  • Grey JA, Bernstein KT, Sullivan PS, et al. Estimating the population sizes of men who have sex with men in US states and counties using data from the American Community Survey. JMIR Public Health Surveill 2016;2:e14. <https://doi.org/10.2196/publichealth.5365>
  • Workowski KA, Bolan GA. Sexually transmitted diseases treatment guidelines, 2015. MMWR Recomm Rep 2015;64(No. RR-3).
  • Oster AM, Sternberg M, Lansky A, Broz D, Wejnert C, Paz-Bailey G. Population size estimates for men who have sex with men and persons who inject drugs. J Urban Health 2015;92:733–43. <https://doi.org/10.1007/s11524-015-9970-3>
  • Purcell DW, Johnson CH, Lansky A, et al. Estimating the population size of men who have sex with men in the United States to obtain HIV and syphilis rates. Open AIDS J 2012;6(Suppl 1):98–107. <https://doi.org/10.2174/1874613601206010098>
  • Bowen V, Su J, Torrone E, Kidd S, Weinstock H. Increase in incidence of congenital syphilis—United States, 2012–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:1241–5. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6444a3>
  • CDC; Council of State and Territorial Epidemiologists. Data release guidelines for the National STD Morbidity Surveillance System. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2005.
  • Satterwhite CL, Torrone E, Meites E, et al. Sexually transmitted infections among US women and men: prevalence and incidence estimates, 2008. Sex Transm Dis 2013;40:187–93. <https://doi.org/10.1097/OLQ.0b013e318286bb53>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ