一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)黄熱のアウトブレイク ― コンゴ民主共和国コンゴ中・・・

MMWR抄訳

rss

2017/03/31Vol. 66 / No. 12

MMWR66(12):335-338
Yellow Fever Outbreak — Kongo Central Province, Democratic Republic of the Congo, August 2016

黄熱のアウトブレイク ― コンゴ民主共和国コンゴ中央州、2016年8月

2016年4月23日、コンゴ民主共和国(DRC)保健省は、黄熱のアウトブレイクの発生を宣言した。2016年5月24日までに同国で発生した黄熱の疑い例459例および死亡例45例のうち90%はコンゴ中央州にて報告された。コンゴ中央州の接する隣国アンゴラでは、2015年12月に始まった黄熱のアウトブレイクが発生している。2016年5月24日~6月7日および8月17~28日には、コンゴ中央州にて黄熱の集団予防接種キャンペーンが実施された。2016年6月、DRC保健省はアウトブレイクコントロールの支援をCDCに要請した。2016年1月4日~8月18日、コンゴ中央州にて死亡例42例(10.2%)を含む疑い例計410例が報告された。検査した血液393検体(98.5%)のうち、37検体(9.4%)が陽性[32検体(86.5%)は血清学的に、5検体(13.5%)はPCR法またはウイルス分離にて陽性]となり、確定された。確診例の年齢中央値は31歳(範囲:0~72歳)、84%が男性であり、8例が死亡した(致命率21.6%)。確診例のうち35例(94.5%)は発症14日以内のアンゴラ訪問歴があることから輸入例とされ、2例(5.4%)は国内感染とされた。検査室確診例の報告のピークは2016年3~4月であり、集団予防接種キャンペーン実施の前に減少した。2016年6月27日以降、確診例は報告されていない。コンゴ中央州で確診例の報告された保健衛生8管轄区のうち7区はアンゴラと接しており、そのうちNsona-Mpang区では最多の15例が報告された(10万人あたり13例)。輸入例35例のうち23例(65.7%)は、Nsona-Mpang区内の市場に関連していた。本アウトブレイク発生時には4名の検疫官が配置されたが、毎週市日には4万人ほどが国境を越えるとされ、検疫能力は圧倒的に不足している。また、検査設備や検体輸送能力も不十分であり、黄熱のサーベイランスと予防、コントロールのためにはこれらの問題点の解決が必要である。

References

  • Gershman MD, Staples EJ. Infectious diseases related to travel: yellow fever [chapter 3]. In: Brunette GW, ed. The yellow book: CDC health information for international travel 2016. New York, New York: Oxford University Press; 2016. <https://wwwnc.cdc.gov/travel/yellowbook/2016/infectious-diseases-related-to-travel/yellow-fever>
  • Monath TP, Gershman M, Staples JE, Barrett ADT. Yellow fever vaccine. In: Plotkin SA, Orenstein WA, Offit PA, eds. Vaccines. 6th ed. Philadelphia, Pennsylvania: Saunders Elsevier; 2012:870–968.
  • World Health Organization. Factors that contributed to undetected spread of the Ebola virus and impeded rapid containment: one year into the Ebola epidemic. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2015. <http://www.who.int/csr/disease/ebola/one-year-report/factors/en/>
  • European Centre for Disease Prevention and Control. Mission report: assessing the yellow fever outbreak in Angola. Stockholm, Sweden: European Centre for Disease Prevention and Control; 2016. <http://ecdc.europa.eu/en/publications/Publications/yellow-fever-angola-joint-ecdc-mission-report-2016.pdf>
  • World Health Organization. Yellow fever outbreak in Angola: incident management. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2016. <http://www.afro.who.int/en/yellow-fever/sitreps/item/8991-situation-report-yellow-fever-outbreak-in-angola-29-august-2016.html>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ