一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)メサドンの処方および過剰投与とメディケイド推奨処方・・・

MMWR抄訳

rss

2017/03/31Vol. 66 / No. 12

MMWR66(12):320-323
Methadone Prescribing and Overdose and the Association with Medicaid Preferred Drug List Policies — United States, 2007–2014

メサドンの処方および過剰投与とメディケイド推奨処方薬リスト政策との関連 ― アメリカ、2007~2014年

アメリカでは薬剤の過剰摂取は傷害死亡の主な原因であり、2014年では致死的な薬剤の過剰摂取が47,055例報告され、前年から6.5%増加した。これはオピオイド使用障害に左右されている。メサドンは疼痛管理のために処方されるが、オピオイド使用障害の治療プログラム中にも処方される。2006年12月にFDAは医療関係者に対し、メサドンを投与されている患者において呼吸抑制または心不整脈のような死亡または致死的なイベントの報告を見落とさないように公衆衛生勧告を発表した。また2008年1月ではメーカーは自発的に40mg製剤の流通を制限した。CDCは、1)メサドンに関連する死亡率と疼痛のための処方率の比較、2)支払者および州でのメサドン処方の変動の特徴、3)州のメディケイド償還の推奨処方薬リスト(PDL)政策とメサドン過剰投与率に関連があるかを調査するために、州の死亡およびヘルスケアデータとPDL政策を分析した。1999年から2014年では、処方されたオピオイドの過剰摂取による死亡率は300%増加し、人口10万人あたりの死亡率は1.2人から4.6人へ上昇した。1999年から2006年にメサドンの過剰摂取による死亡率は600%増加し、人口10万人あたり0.3人から1.8人へ上昇したが、2007年では安定し、2014年では39%減少して人口10万人あたり1.1人へ低下した。メサドンの処方は、疼痛のために処方されたすべてのオピオイドの市販の保険契約者では0.85%、メディケア集団では1.1%を占めた。さらに、メサドンをメディケアのPDLに収載しているフロリダ州およびノースカロライナ州では、メディケア参加者間の致死性および非致死性のメサドンの過剰摂取率は人口10万人あたりそれぞれ1.75人および1.67人であったが、メサドンが収載されていない(事前承認が必要)サウスカロライナ州では0.81人と有意に低下した。事前承認が必要なPDL政策は、メサドンの過剰摂取数の減少に役立つ可能性がある。

References

  • Rudd RA, Aleshire N, Zibbell JE, Gladden RM. Increases in drug and opioid overdose deaths—United States, 2000–2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;64:1378–82. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6450a3>
  • Kolodny A, Courtwright DT, Hwang CS, et al. The prescription opioid and heroin crisis: a public health approach to an epidemic of addiction. Annu Rev Public Health 2015;36:559–74. <https://doi.org/10.1146/annurev-publhealth-031914-122957>
  • Compton WM, Jones CM, Baldwin GT. Relationship between nonmedical prescription-opioid use and heroin use. N Engl J Med 2016;374:154–63. <https://doi.org/10.1056/NEJMra1508490>
  • Food and Drug Administration. Public health advisory: methadone use for pain control may result in death and life-threatening changes in breathing and heart beat. Silver Spring, MD: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2006. <https://www.fda.gov/ForConsumers/ConsumerUpdates/ucm124346.htm>
  • Modesto-Lowe V, Brooks D, Petry N. Methadone deaths: risk factors in pain and addicted populations. J Gen Intern Med 2010;25:305–9. <https://doi.org/10.1007/s11606-009-1225-0>
  • National Center for Health Statistics. National Vital Statistics System: mortality data. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2017. <https://www.cdc.gov/nchs/deaths.htm>
  • Agency for Healthcare Research and Quality. Healthcare cost and utilization project: overview of the nationwide emergency department sample (NEDS). Rockville, MD: Agency for Healthcare Research and Quality; 2017. <https://www.hcup-us.ahrq.gov/nedsoverview.jsp>
  • CDC. Vital signs: risk for overdose from methadone used for pain relief—United States, 1999–2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:493–7.
  • Yarmolinsky A, Rettig RA, eds. Federal regulation of methadone treatment. Washington, DC: National Academies Press; 1995. <https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK232105/>
  • Dowell D, Haegerich TM, Chou R. CDC guideline for prescribing opioids for chronic pain—United States, 2016. MMWR Recomm Rep 2016;65(No. RR-1). <https://doi.org/10.15585/mmwr.rr6501e1>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ