一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)自己申告による業務上の外傷および疾病 ― ワシント・・・

MMWR抄訳

rss

2017/03/24Vol. 66 / No. 11

MMWR66(11):302-306
Self-Reported Work-Related Injury or Illness — Washington, 2011–2014

自己申告による業務上の外傷および疾病 ― ワシントン州、2011~2014年

2011~2014年のWashington State Behavioral Risk Factor Surveillance Systemデータにおいて、業務上の外傷および疾病に関する質問の対象者は25,493名[賃金雇用者:20,028(78.5%)、自営業者:4,059(15.9%)、失業から1年未満:1,406(5.5%)]であり、うち24,650名(96.7%)が回答した。この期間、ワシントン州労働者の6.4%(年間190,076名)が前年に業務上の外傷または疾病を報告した。業種別では運輸/倉庫業:9.2%、建築業:8.9%、設備/修理/整備業:11.1%、サービス業:9.7%、輸送/流通業:9.6%が多かった。また、女性(5.7%)、既婚者(5.4%)、4年制大卒以上(4.1%)、世帯収入$75,000以上(4.4%)にて低く、心疾患、うつ病、関節炎、失明/視覚障害および喘息などの慢性疾患のある労働者にて高かった。さらに睡眠時間が平均6時間以下の労働者では9.4%と高く(睡眠時間6時間以上:5.0%)、気分が高揚する鎮痛薬またはマリファナの使用者(それぞれ15.9%、8.9%)、現喫煙者(10.0%)、過飲酒者(7.4%)は、それぞれこれらの行動を行わない労働者に比べ有意に多く、業務上の外傷や疾病は業種、性別、社会経済状況、慢性疾患および物質使用と関連することが示唆された。

References

  • Leigh JP. Economic burden of occupational injury and illness in the United States. Milbank Q 2011;89:728–72. <https://doi.org/10.1111/j.1468-0009.2011.00648.x>
  • Fan ZJ, Bonauto DK, Foley MP, Silverstein BA. Underreporting of work-related injury or illness to workers’ compensation: individual and industry factors. J Occup Environ Med 2006;48:914–22. <https://doi.org/10.1097/01.jom.0000226253.54138.1e>
  • Wiatrowski WJ; Bureau of Labor Statistics. Examining the completeness of occupational injury and illness data: an update on current research. Monthly Labor Review. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2014. <http://www.bls.gov/opub/mlr/2014/article/examining-the-completeness-of-occupational-injury-and-illness-data-an-update-on-current-research.htm>
  • Bureau of Labor Statistics. Incidence rates of nonfatal occupational injuries and illnesses by industry and case types, Washington, 2014. Washington, DC: US Department of Labor, Bureau of Labor Statistics; 2015. <http://www.bls.gov/iif/oshwc/osh/os/pr146wa.pdf>
  • Office of Disease Prevention and Health Promotion. Healthy people 2010: understanding and improving health. 2nd ed. Washington, DC: U.S. Department of Health and Human Services, Office of Disease Prevention and Health Promotion; 2010. <http://www.healthypeople.gov/2010/Publications>
  • Kubo J, Goldstein BA, Cantley LF, et al. Contribution of health status and prevalent chronic disease to individual risk for workplace injury in the manufacturing environment. Occup Environ Med 2014;71:159–66. <https://doi.org/10.1136/oemed-2013-101653>
  • Hymel PA, Loeppke RR, Baase CM, et al. Workplace health protection and promotion: a new pathway for a healthier—and safer—workforce. J Occup Environ Med 2011;53:695–702. <https://doi.org/10.1097/JOM.0b013e31822005d0>
  • Ramchand R, Pomeroy A, Arkes J. The effects of substance use on workplace injuries. Santa Monica, CA: RAND Corporation, 2009. <http://www.rand.org/pubs/occasional_papers/OP247.html>
  • Wang D, Mueller K, Hashimoto D. Interstate variations in use of narcotics. Cambridge, MA: Workers Compensation Research Institute; 2011.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ