一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)アメリカ入国から10年以上経過した時点で結核と診断・・・

MMWR抄訳

rss

2017/03/24Vol. 66 / No. 11

MMWR66(11):295-298
Tuberculosis Among Foreign-Born Persons Diagnosed ≥10 Years After Arrival in the United States, 2010–2015

アメリカ入国から10年以上経過した時点で結核と診断された外国出生者、2010~2015年

CDCおよびU.S. Preventive Services Task Forceは集団生活施設の居住者、外国生まれの人、または結核(TB)の発症率が10万人あたり20例を超える国に住んでいた人など、潜在的TB感染症リスクの高い人に対しスクリーニング検査を推奨しており、過去30年間、移民や難民に対し国外でのスクリーニング、新たにアメリカに入国した人に対しては国内でのスクリーニングを実施している。しかし2007年以降、アメリカに入国してから10年以上経過した外国生まれの人がTBと診断されるケースが増加している。2010~2015年における外国生まれのTB新規診断例は38,345例であり、うち34,866例(90.9%)はアメリカに入国した日付が明らかであった。アメリカ入国からTB発症までの期間は9(IQR:2~21)年、入国時の年齢は29(IQR:21~43)歳、TB診断時の年齢は45(IQR:30~62)歳であった。入国から10年以上経過した後に発症した外国生まれの症例は、発症前アメリカに21(IQR:14~31)年居住しており、10年未満の症例は2(IQR:0~5)年の居住であった。入国時の年齢はともに29歳(IQRはそれぞれ20~42、22~44歳)、診断時の年齢は56(IQR:43~69)歳、33(IQR:25~48)歳であった。入国から10年以上経過後に発症した外国生まれの症例の出生国はメキシコ(26.8%)、フィリピン(14.0%)、ベトナム(9.2%)、10年未満の症例の出生国はメキシコ(14.3%)、インド(10.6%)、フィリピン(10.3%)が多かった。また、多変量解析モデルによる分析の結果、10年以上居住する症例は40歳以上およびヒスパニック系が多く、長期療養施設の居住、診断前1年間のアルコール過剰摂取、非HIV関連の免疫不全状態(糖尿病、末期腎疾患、TNFα阻害薬治療、臓器移植例など)と非依存的に相関していたが、矯正施設の居住者は少なかった。

References

  • Yuen CM, Kammerer JS, Marks K, Navin TR, France AM. Recent transmission of tuberculosis—United States, 2011–2014. PLoS One 2016;11:e0153728. <https://doi.org/10.1371/journal.pone.0153728>
  • Bibbins-Domingo K, Grossman DC, Curry SJ, et al.; US Preventive Services Task Force. Screening for latent tuberculosis infection in adults: US Preventive Services Task Force recommendation statement. JAMA 2016;316:962–9. <https://doi.org/10.1001/jama.2016.11046>
  • Lewinsohn DM, Leonard MK, LoBue PA, et al. Official American Thoracic Society/Infectious Diseases Society of America/Centers for Disease Control and Prevention clinical practice guidelines: diagnosis of tuberculosis in adults and children. Clin Infect Dis 2017;64:111–5. <https://doi.org/10.1093/cid/ciw778>
  • World Health Organization. Global tuberculosis report 2016. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2016. <http://www.who.int/tb/publications/global_report/en/>
  • Salinas JL, Mindra G, Haddad MB, Pratt R, Price SF, Langer AJ. Leveling of tuberculosis incidence—United States, 2013–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:273–8. <https://doi.org/10.15585/mmwr.mm6511a2>
  • Dowdle WR. A strategic plan for the elimination of tuberculosis in the United States. MMWR Suppl 1989;38(No. Suppl 3).
  • American Thoracic Society; CDC. Targeted tuberculin testing and treatment of latent tuberculosis infection. MMWR Recomm Rep 2000;49(No. RR-6).
  • Cain KP, Benoit SR, Winston CA, Mac Kenzie WR. Tuberculosis among foreign-born persons in the United States. JAMA 2008;300:405–12. <https://doi.org/10.1001/jama.300.4.405>
  • Sterling TR, Bethel J, Goldberg S, Weinfurter P, Yun L, Horsburgh CR; Tuberculosis Epidemiologic Studies Cosortium. The scope and impact of treatment of latent tuberculosis infection in the United States and Canada. Am J Respir Crit Care Med 2006;173:927–31. <https://doi.org/10.1164/rccm.200510-1563OC>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ