一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)都市化レベル別の自殺傾向 ― アメリカ、1999年・・・

MMWR抄訳

rss

2017/03/17Vol. 66 / No. 10

MMWR66(10):270-273
Trends in Suicide by Level of Urbanization — United States, 1999–2015

都市化レベル別の自殺傾向 ― アメリカ、1999年~2015年

アメリカでは、1999年~2015年に約60万人が自殺し、2015年は最も高い自殺率を記録した。この期間のNational Vital Statistics Systemおよび国勢調査のデータから、郡ごとの自殺率の変動について都市化レベル別に解析を行った。都市化レベルは、中心的大都市圏(主要都市を含み、人口100万人以上の都市圏)、大都市周辺圏(主要都市を含まない100万人以上の都市圏)、中都市(25万人~100万人未満)、小都市(25万人未満)、町村(1万人~5万人未満)、農村部の6段階に分類した。1999年~2007年および2008~2015年の期間にわたり、人口10万人あたりの総自殺率は男性が21.1から23.3、女性が5.0から6.2へ、ともに上昇し、男性は女性の約4倍であった。年齢別では35~64歳および75歳以上が最も高く、35~64歳の年齢層は最も高い増加を示した(14.9から17.9)。人種/民族別では、非ヒスパニック系白人およびアメリカインディアン/アラスカ先住民が最も高く、両群ともに顕著な上昇を示した(それぞれ14.9から18.1および15.8から20.0)。非ヒスパニック系黒人およびアジア系/太平洋諸島民、ヒスパニック系の自殺率は低く、増加率も低かった。自殺率は、6段階の都市化レベルすべてで上昇し、レベルの低い農村部で最も高く、大都市圏で低かった。この地理的格差は期間を通してさらに拡大し、特に後半に顕著に拡大した。都市化レベルの低い地域では、メンタルヘルスや行動医療機関の数やアクセスの不足、社会的孤立などの自殺リスクが高い。また、オピオイド鎮痛薬の過量使用例が多いことや、2007年~2009年の景気後退も大都市圏より都市化レベルの低い地域において影響が大きく、自殺率の高さと関連していると考えられる。包括的な自殺予防に加え、都市化レベルの低い地域に向けた対策も必要である。

References

  • CDC. Web-based Injury Statistics Query and Reporting System (WISQARS). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/injury/wisqars/index.html>
  • CDC. Compressed mortality file 1999–2015 on CDC WONDER online database. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://wonder.cdc.gov/cmf-icd10.html>
  • Curtin SC, Hedegaard H, Warner M. QuickStats: age-adjusted rates for suicide, by sex—National Vital Statistics System, United States, 1975–2015. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2017;66:285.
  • Chen LJ, Ingram DD. QuickStats: age-adjusted rates for suicide, by urbanization of county of residence—United States, 2004 and 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:401.
  • Health Resources and Services Administration, US Department of Health and Human Services. Designated health professional shortage areas statistics. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Health Resources and Services Administration; 2017. <https://datawarehouse.hrsa.gov/topics/shortageAreas.aspx>
  • National Action Alliance for Suicide Prevention, Office of the Surgeon General. 2012 national strategy for suicide prevention: goals and objectives for action. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Office of the Surgeon General; 2012.
  • Paulozzi LJ, Xi Y. Recent changes in drug poisoning mortality in the United States by urban-rural status and by drug type. Pharmacoepidemiol Drug Saf 2008;17:997–1005. <https://doi.org/10.1002/pds.1626>
  • Chesney E, Goodwin GM, Fazel S. Risks of all-cause and suicide mortality in mental disorders: a meta-review. World Psychiatry 2014;13:153–60. <https://doi.org/10.1002/wps.20128>
  • Hertz T, Kusmin L, Marré A, Parker T. Amber waves: rural employment in recession and recovery. Washington, DC: US Department of Agriculture, Economic Research Service; 2014. <https://www.ers.usda.gov/amber-waves/2014/october/rural-employment-in-recession-and-recovery>
  • Stone DM, Holland KM, Bartholow BN, Crosby AE, Jack SPD, Wilkins N. Preventing suicide: a technical package of policies, programs and practices. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ