一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)性経験のある15~25歳における性感染症サービスの・・・

MMWR抄訳

rss

2017/03/10Vol. 66 / No. 9

MMWR66(9):237-241
Confidentiality Issues and Use of Sexually Transmitted Disease Services Among Sexually Experienced Persons Aged 15–25 Years — United States, 2013–2015

性経験のある15~25歳における性感染症サービスの利用と守秘義務の問題 ― アメリカ、2013~2015年

アメリカの15~25歳における性感染症(STD)サービスの守秘義務の問題について、CDCが2013~2015年のNational Survey of Family Growthのデータを分析した結果、性経験のある15~25歳(15~17歳の思春期齢および親の医療保険に加入する18~25歳の若年成人)のうち12.7%が両親に知られるかもしれない不安から、性および生殖に関するヘルスケアサービスを受けていなかった。同じ理由で受けていない割合は、男女別では男性:12.0%、女性:13.5%であり、年齢別では15~17歳(22.6%)にて有意に多かった(18~19歳:14.1%、20~22歳:8.2%、23~25歳:5.4%)。性的リスクアセスメントは全体で47.5%、STD治療は6.5%が受け、女性では38.6%がクラミジア検査、男性では20.4%がSTD検査を受けていた。過去12カ月以内にヘルスケア提供者に1人で相談をした15~17歳では性的リスクアセスメントを受ける割合が、相談しなかった15~17歳に比べて多かった(71.1% vs 36.6%)。また、医療保険未加入者では38.2%がリスクアセスメントを受け、9.7%がSTD治療を受けていた(親の民間医療保険加入者:49.3/5.7%、その他の民間医療保険加入者:44.4/4.1%、公的医療保険加入者:51.9/7.2%)。クラミジア検査率は、サービスを受けなかった女性で17.1%、受けた女性では38.7%であり、過去12カ月以内にヘルスケア提供者に相談をした15~17歳の女性では34.0%が検査を受け、14.9%が受けていなかった。STD検査率は、サービスを受けなかった男性で13.0%、受けた男性で16.7%であり、過去12カ月以内にヘルスケア提供者に相談をした15~17歳の男性では13.6%が検査を受け、9.5%が受けていなかった。以上、守秘義務の問題とSTDサービスの利用との関連性が示唆され、とくに年齢の低い例と女性にて顕著であったが、両親の同席なしにヘルスケア提供者に相談した人ではクラミジアやSTDの検査率が高く、STDの予防および拡大のコントロールにはサービス利用の守秘義務が重要であることが示唆される。

References

  • The Patient Protection and Affordable Care Act of 2010, 42 U.S.C. Sect. 300gg-14 (2010).
  • Fox JB, Shaw FE. Clinical preventive services coverage and the Affordable Care Act. Am J Public Health 2015;105:e7–10. <http://dx.doi.org/10.2105/AJPH.2014.302289>
  • Klein JD, Wilson KM, McNulty M, Kapphahn C, Collins KS. Access to medical care for adolescents: results from the 1997 Commonwealth Fund Survey of the Health of Adolescent Girls. J Adolesc Health 1999;25:120–30. <http://dx.doi.org/10.1016/S1054-139X(98)00146-3>
  • Ford CA, Best D, Miller WC. The pediatric forum: confidentiality and adolescents’ willingness to consent to sexually transmitted disease testing. Arch Pediatr Adolesc Med 2001;155:1072–3.
  • O’Sullivan LF, McKee MD, Rubin SE, Campos G. Primary care providers’ reports of time alone and the provision of sexual health services to urban adolescent patients: results of a prospective card study. J Adolesc Health 2010;47:110–2. <http://dx.doi.org/10.1016/j.jadohealth.2009.12.029>
  • Society for Adolescent Health and Medicine; American Academy of Pediatrics. Confidentiality protections for adolescents and young adults in the health care billing and insurance claims process: position paper. J Adolesc Health 2016;58:374–7. <http://dx.doi.org/10.1016/j.jadohealth.2015.12.009>
  • Workowski KA, Bolan GA. Sexually transmitted diseases treatment guidelines, 2015. MMWR Recomm Rep 2015;64(No. RR-3).
  • Copen C, Dittus PJ, Leichliter JS. Confidentiality concerns and sexual and reproductive health care among adolescents and young adults aged 15–25. NCHS data brief, no 266. Hyattsville, MD: CDC, National Center for Health Statistics; 2016.
  • Breuner CC, Mattson G. Sexuality education for children and adolescents. Pediatrics 2016;138:e20161348. <http://dx.doi.org/10.1542/peds.2016-1348>
  • Cramer R, Leichliter JS, Gift TL. Are safety net sexually transmitted disease services still needed in a changing healthcare system? Sex Transm Dis 2014;41:628–30. <http://dx.doi.org/10.1097/OLQ.0000000000000187>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ