一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)職業グループ別の短い睡眠時間 ― 29州、2013・・・

MMWR抄訳

rss

2017/03/03Vol. 66 / No. 8

MMWR66(8):207-213
Short Sleep Duration by Occupation Group — 29 States, 2013–2014

職業グループ別の短い睡眠時間 ― 29州、2013~2014年

睡眠時間が1日7時間未満の短い睡眠時間(短眠)は、心血管疾患、肥満、糖尿病、うつ病や不安障害といった健康上の有害転帰だけでなく、居眠り運転や事故など安全上の問題とも関連する。産業、職業別に異なる職業上のストレスや労働時間、交代勤務、身体的負荷などの要因は睡眠の質と量に影響を及ぼすことが明らかとなっている。CDCは、Behavioral Risk Factor Surveillance Systemの2013および2014年の29州におけるデータから、成人従業者17万9,621名における短眠の割合を労働統計局の職業大分類22業種について解析した。総計で成人従業者の36.5%が短眠と回答した。その割合は、比較的若い年齢層ではほぼ等しく(18~34歳:37.7%、35~44歳:37.6%、45~54歳:37.4%)、高年齢層では低かった(45~64歳:33.8%、65歳以上:29.2%)。また、男性(37.5%)、非ヒスパニック系黒人(48.5%)、大卒の学歴(40.0%)、および離婚、死別、別居または未婚者(39.5%)で高かった。職業大分類22業種別の短眠の割合は、製造業(42.9%)、保健医療サービス業(40.1%)、医療および医療技術職(40.0%)、飲食サービス業(39.8%)および保安業(39.2%)の5業種にて高く、教育および司書等専門職(31.3%)および農林漁業(31.3%)にて低かった。さらにその細分類では、保安業のうち消防員(45.8%)、保健医療サービス業のうち看護、精神および在宅ケアワーカー(43.3%)で高かった。すべての細分類のうち最も高い職種は、電話交換オペレーター(58.2%)、その他の輸送従事者(54.0%)、鉄道運転従事者(52.7%)であり、最も低い職種は、航空機操縦士(21.4%)および宗教従事者(22.4%)であった。解析した29州において、短眠の割合が高い5業種への従業率は、ワイオミング州の17.6%からミシシッピ州の26.8%まで幅があった。今後、短眠をもたらす職業的要因についてさらに解析を進める必要がある。

References

  • Watson NF, Badr MS, Belenky G, et al. Joint consensus statement of the American Academy of Sleep Medicine and Sleep Research Society on the recommended amount of sleep for a healthy adult: methodology and discussion. J Clin Sleep Med 2015;11:931–52.
  • Liu Y, Wheaton AG, Chapman DP, Croft JB. Sleep duration and chronic diseases among U.S. adults age 45 years and older: evidence from the 2010 Behavioral Risk Factor Surveillance System. Sleep 2013;36:1421–7.
  • Liu Y, Wheaton AG, Chapman DP, Cunningham TJ, Lu H, Croft JB. Prevalence of healthy sleep duration among adults—United States, 2014. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:137–41. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6506a1>
  • Ota A, Masue T, Yasuda N, Tsutsumi A, Mino Y, Ohara H. Association between psychosocial job characteristics and insomnia: an investigation using two relevant job stress models—the demand-control-support (DCS) model and the effort-reward imbalance (ERI) model. Sleep Med 2005;6:353–8. <http://dx.doi.org/10.1016/j.sleep.2004.12.008>
  • Åkerstedt T, Fredlund P, Gillberg M, Jansson B. Work load and work hours in relation to disturbed sleep and fatigue in a large representative sample. J Psychosom Res 2002;53:585–8. <http://dx.doi.org/10.1016/S0022-3999(02)00447-6>
  • Luckhaupt SE. Short sleep duration among workers—United States, 2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:281–5.
  • Luckhaupt SE, Tak S, Calvert GM. The prevalence of short sleep duration by industry and occupation in the National Health Interview Survey. Sleep 2010;33:149–59.
  • Drake CL, Roehrs T, Richardson G, Walsh JK, Roth T. Shift work sleep disorder: prevalence and consequences beyond that of symptomatic day workers. Sleep 2004;27:1453–62.
  • Alterman T, Luckhaupt SE, Dahlhamer JM, Ward BW, Calvert GM. Prevalence rates of work organization characteristics among workers in the U.S.: data from the 2010 National Health Interview Survey. Am J Ind Med 2013;56:647–59. <http://dx.doi.org/10.1002/ajim.22108>
  • Hafner M, Stepanek M, Taylor J, et al. Why sleep matters—the economic costs of insufficient sleep: a cross-country comparative analysis. Santa Monica, CA: RAND Corporation; 2016. <http://www.rand.org/pubs/research_reports/RR1791.html>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ