一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)ノロウイルスのセンチネル検査および追跡ネットワーク・・・

MMWR抄訳

rss

2017/02/24Vol. 66 / No. 7

MMWR66(7):185-189
Near Real-Time Surveillance of U.S. Norovirus Outbreaks by the Norovirus Sentinel Testing and Tracking Network — United States, August 2009–July 2015

ノロウイルスのセンチネル検査および追跡ネットワークによるアメリカにおけるノロウイルスアウトブレイクのリアルタイムに近いサーベイランス ― アメリカ、2009年8月~2015年7月

CDCは2009年よりNational Outbreak Reporting System (NORS)を通じて各州におけるノロウイルスアウトブレイクの疫学的データを収集し、また、CaliciNetを通じ検査データを入手している。2012年にはノロウイルスに関するデータの迅速な収集を目的にNorovirus Sentinel Testing and Tracking (NoroSTAT)を開始し、選択州の保健局よりNORSおよびNoroSTATを介して7営業日以内にデータがCDCに報告されるようになった。今回、NoroSTATに参加する州からの報告と、その他の州およびDC、プエルトリコからのノロウイルスアウトブレイクに関する報告について比較を行った。NoroSTATに参加する5州(ミネソタ州、オハイオ州、オレゴン州、テネシー州、ウイスコンシン州)におけるNORSへのアウトブレイクの報告率はNoroSTAT開始前後にて同等であり(100万例-年あたり開始前:17.3、開始後:21.0)、NoroSTATに参加しない州では、開始前:3.0から開始後:4.1へ増加した。また、CaliciNetへの報告率はNoroSTAT参加州にて4.9から9.0へ有意に増加、参加しない州では2.6から2.1と同等であった。NoroSTAT参加州ではNORSへの報告までの日数は22日から2日へ、CaliciNetへの報告までの日数は21日から3日へと有意に減少し、NoroSTATに参加しない集ではNORSへの報告はともに26日と同等であり、CaliniNetへの報告は21日から11日へ有意に減少した。NORSへの7日以内の報告はNoroSTAT参加州にて26%から95%に増加し、参加しない州では12%から13%と同等であった。CaliniNetへの7日以内の報告はNoroSTAT参加州にて29%から95%に有意に増加、参加しない州では10%から30%とわずかに増加した。NORSにリンクするCaliniNetデータは参加する州にて86%から95%、参加しない州では29%から33%とともに有意に増加した。アウトブレイクにて報告されたノロウイルスのサブタイプは、NoroSTAT参加州、非参加州にてほぼ同じであり、NoroSTAT前ではGII.4 New Orleansが多く(NoroSTAT参加州:54%、非参加州:65%)、開始後はGII. Sydneyが多く認められた。以上、NoroSTATによりほぼリアルタイムにてノロウイルスによるアウトブレイクが報告されるようになった。

References

  • Green KY. Caliciviridae: The noroviruses. In: Knipe DM, Cohen JI, Griffin DE, Lamb RA, Martin MA, Ranacniello VR, Roizman B, eds. Fields virology, 6th ed. Philadelphia, PA: Lippincott Williams & Wilkins; 2013:582–608.
  • Zheng D-P, Widdowson M-A, Glass RI, Vinjé J. Molecular epidemiology of genogroup II–genotype 4 noroviruses in the United States between 1994 and 2006. J Clin Microbiol 2010;48:168–77. <http://dx.doi.org/10.1128/JCM.01622-09>
  • Vega E, Barclay L, Gregoricus N, Shirley SH, Lee D, Vinjé J. Genotypic and epidemiologic trends of norovirus outbreaks in the United States, 2009 to 2013. J Clin Microbiol 2014;52:147–55. <http://dx.doi.org/10.1128/JCM.02680-13>
  • Leshem E, Wikswo M, Barclay L, et al. Effects and clinical significance of GII.4 Sydney norovirus, United States, 2012–2013. Emerg Infect Dis 2013;19:1231–8. <http://dx.doi.org/10.3201/eid1908.130458>
  • Hall AJ, Curns AT, McDonald LC, Parashar UD, Lopman BA. The roles of Clostridium difficile and norovirus among gastroenteritis–associated deaths in the United States, 1999–2007. Clin Infect Dis 2012;55:216–23. <http://dx.doi.org/10.1093/cid/cis386>
  • Lopman BA, Hall AJ, Curns AT, Parashar UD. Increasing rates of gastroenteritis hospital discharges in US adults and the contribution of norovirus, 1996–2007. Clin Infect Dis 2011;52:466–74. <http://dx.doi.org/10.1093/cid/ciq163>
  • Gastañaduy PA, Hall AJ, Curns AT, Parashar UD, Lopman BA. Burden of norovirus gastroenteritis in the ambulatory setting—United States, 2001–2009. J Infect Dis 2013;207:1058–65. <http://dx.doi.org/10.1093/infdis/jis942>
  • Hall AJ, Wikswo ME, Manikonda K, Roberts VA, Yoder JS, Gould LH. Acute gastroenteritis surveillance through the National Outbreak Reporting System, United States. Emerg Infect Dis 2013;19:1305–9. <http://dx.doi.org/10.3201/eid1908.130482>
  • Vega E, Barclay L, Gregoricus N, Williams K, Lee D, Vinjé J. Novel surveillance network for norovirus gastroenteritis outbreaks, United States. Emerg Infect Dis 2011;17:1389–95.
  • National Center for Health Statistics. US Census populations with bridged race categories. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2015. <https://www.cdc.gov/nchs/nvss/bridged_race/data_documentation.htm>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ