一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)2016-17年期季節性インフルエンザワクチンの有・・・

MMWR抄訳

rss

2017/02/17Vol. 66 / No. 6

MMWR66(6):167-171
Interim Estimates of 2016–17 Seasonal Influenza Vaccine Effectiveness — United States, February 2017

2016-17年期季節性インフルエンザワクチンの有効性に関する中間評価 ― アメリカ、2017年2月

CDCは、2004-05期以降毎年、医療機関を受診したインフルエンザ関連急性呼吸器疾患(ARI)に対する季節性インフルエンザワクチンの有効性(VE)を評価している。本報告は、2016-17年期の季節性インフルエンザワクチンのVEについての中間評価である。2016年11月28日~2017年2月4日、5カ所の医療機関を受診したARIの小児および成人患者計3,144例がInfluenza Vaccine Effectiveness Networkに登録された。744例(24%)からRT-PCR法にてインフルエンザウイルスが検出され、うち656例(88%)がA型、90例(12%)がB型であった。A型のうち595例(98%)の亜型はA(H3N2)であった。ARI患者における2016-17期インフルエンザワクチンの接種率は、ウイルス陽性患者にて45%、陰性患者にて55%であり、医療機関、年齢、性別、人種/民族、健康状態、発症から登録までの日数について補正した結果、医療機関受診のインフルエンザ関連ARIに対するVEは48%、全年齢層におけるA(H3N2)ウイルス関連ARIに対するVEは43%、Bウイルス関連ARIに対するVEは73%であった。年齢層別では、A(H3N2)関連疾患に対するVEは、生後6カ月~8歳および50~64歳において統計学的に有意であったが、その他の年齢層では有意差は認められなかった。2017年2月10日時点で、CDCが検査したインフルエンザA(H3N2)ウイルス13検体のうち11検体(85%)は遺伝子型3C.2aまたは3C.2a1に属し、全検体が2016-17 A(H3N2)ワクチン成分と抗原的に同等であった。以上の中間評価の結果から、2016-17期インフルエンザワクチンは医療機関受診リスクをほぼ半減することが示唆された。CDCおよび予防接種諮問委員会は、6カ月以上の全ての人に対し引き続きインフルエンザワクチンの接種を推奨する。

References

  • Grohskopf LA, Sokolow LZ, Broder KR, et al. Prevention and control of seasonal influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices—United States, 2016–17 influenza season. MMWR Recomm Rep 2016;65(No. RR-5). <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.rr6505a1>
  • CDC. Fluview. 2016–2017 influenza season week 6 ending February 11, 2017. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2017. <https://www.cdc.gov/flu/weekly>
  • Zimmerman RK, Nowalk MP, Chung J, et al. 2014–2015 influenza vaccine effectiveness in the United States by vaccine type. Clin Infect Dis 2016;63:1564–73. <http://dx.doi.org/10.1093/cid/ciw635>
  • Flannery B, Zimmerman RK, Gubareva LV, et al. Enhanced genetic characterization of influenza A(H3N2) viruses and vaccine effectiveness by genetic group, 2014–2015. J Infect Dis 2016;214:1010–9. <http://dx.doi.org/10.1093/infdis/jiw181>
  • Ohmit SE, Thompson MG, Petrie JG, et al. Influenza vaccine effectiveness in the 2011–2012 season: protection against each circulating virus and the effect of prior vaccination on estimates. Clin Infect Dis 2014;58:319–27. <http://dx.doi.org/10.1093/cid/cit736>
  • McLean HQ, Thompson MG, Sundaram ME, et al. Influenza vaccine effectiveness in the United States during 2012–2013: variable protection by age and virus type. J Infect Dis 2015;211:1529–40. <http://dx.doi.org/10.1093/infdis/jiu647>
  • Belongia EA, Simpson MD, King JP, et al. Variable influenza vaccine effectiveness by subtype: a systematic review and meta-analysis of test-negative design studies. Lancet Infect Dis 2016;16:942–51. <http://dx.doi.org/10.1016/S1473-3099(16)00129-8>
  • Barr IG, Russell C, Besselaar TG, et al. WHO recommendations for the viruses used in the 2013–2014 Northern Hemisphere influenza vaccine: epidemiology, antigenic and genetic characteristics of influenza A(H1N1) pdm09, A(H3N2) and B influenza viruses collected from October 2012 to January 2013. Vaccine 2014;32:4713–25. <http://dx.doi.org/10.1016/j.vaccine.2014.02.014>
  • Fiore AE, Fry A, Shay D, Gubareva L, Bresee JS, Uyeki TM. Antiviral agents for the treatment and chemoprophylaxis of influenza—recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Recomm Rep 2011;60(No. RR-1).
  • CDC. FluVaxView. Influenza vaccination coverage. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/flu/fluvaxview/index.htm>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ