一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)複数のフェンタニル過剰摂取 ― コネチカット州ニュ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/02/03Vol. 66 / No. 4

MMWR66(4):107-111
Multiple Fentanyl Overdoses — New Haven, Connecticut, June 23, 2016

複数のフェンタニル過剰摂取 ― コネチカット州ニューヘイブン、2016年6月23日

フェンタニルとその類似体は、ヘロインなどオピオイドの代替品として取引されているが、ヘロインの50倍と薬効が高いことから違法使用において過剰摂取の危険性が高い。2016年6月23日夕刻、コネチカット州ニューヘイブン市内の複数地点で、白色粉末がコカインと称して売られ、8時間足らずの間に12名の患者がオピオイド過剰摂取の兆候を示し、イェール大学ニューヘイブン病院に救急搬送された。患者は中枢神経抑制および呼吸抑制、瞳孔縮小、低血圧、徐脈を呈し、全例が救急隊員によりオピオイド拮抗薬であるナロキソンを投与された。9例が入院し、そのうち4例はICUに入院、3例は気管内挿管、1例はナロキソンの継続投与を要し、3例が死亡した。白色粉末は微量のコカインを含むフェンタニルと同定された。12例全例がフェンタニル暴露を疑う症例定義に合致し、入院した9例の血中フェンタニル濃度は0.5~9.5 ng/mL (疼痛治療での血中濃度は0.6~3.0 ng/mL)、死亡した2例では11 ng/mLと13 ng/mLであった。事件の発生を受け、数時間以内にニューヘイブン市緊急管理局、市および州公衆衛生局、麻薬取締局、市警察、州毒物管理センターおよび市長執務室による対策が開始された。初動対応として、公衆衛生および警察関係者への周知、患者および家族への聞き取りとフェンタニルの追跡、救急隊員に対し疑い症例治療時のナロキソン増量の推奨、地域住民への警告、オピオイド使用者および家族友人に対するナロキソン配布の計画を実施した。翌朝には700キットのナロキソンが州公衆衛生局から各病院および救急隊員へ配備され、また、4日後には3名の売人が違法フェンタニル取引の疑いで逮捕された。これら各機関の連携と迅速な対応が被害の拡大を阻止したと考えられる。

References

  • Thoren KL, Colby JM, Shugarts SB, Wu AH, Lynch KL. Comparison of information-dependent acquisition on a tandem quadrupole TOF vs a triple quadrupole linear ion trap mass spectrometer for broad-spectrum drug screening. Clin Chem 2016;62:170–8. <http://dx.doi.org/10.1373/clinchem.2015.241315>
  • Aceña J, Stampachiacchiere S, Pérez S, Barceló D. Advances in liquid chromatography-high-resolution mass spectrometry for quantitative and qualitative environmental analysis. Anal Bioanal Chem 2015;407:6289–99. <http://dx.doi.org/10.1007/s00216-015-8852-6>
  • Croley TR, White KD, Callahan JH, Musser SM. The chromatographic role in high resolution mass spectrometry for non-targeted analysis. J Am Soc Mass Spectrom 2012;23:1569–78. <http://dx.doi.org/10.1007/s13361-012-0392-0>
  • Peng PW, Sandler AN. A review of the use of fentanyl analgesia in the management of acute pain in adults. Anesthesiology 1999;90:576–99. <http://dx.doi.org/10.1097/00000542-199902000-00034>
  • Schumann H, Erickson T, Thompson TM, Zautcke JL, Denton JS. Fentanyl epidemic in Chicago, Illinois and surrounding Cook County. Clin Toxicol (Phila) 2008;46:501–6. <http://dx.doi.org/10.1080/15563650701877374>
  • Kim HK, Nelson LS. Reducing the harm of opioid overdose with the safe use of naloxone: a pharmacologic review. Expert Opin Drug Saf 2015;14:1137–46. <http://dx.doi.org/10.1517/14740338.2015.1037274>
  • Kim S, Wagner HN Jr, Villemagne VL, et al. Longer occupancy of opioid receptors by nalmefene compared to naloxone as measured in vivo by a dual-detector system. J Nucl Med 1997;38:1726–31.
  • Lozier MJ, Boyd M, Stanley C, et al. Acetyl fentanyl, a novel fentanyl analog, causes 14 overdose deaths in Rhode Island, March–May 2013. J Med Toxicol 2015;11:208–17. <http://dx.doi.org/10.1007/s13181-015-0477-9>
  • Vo KT, van Wijk XM, Lynch KL, Wu AH, Smollin CG. Counterfeit Norco poisoning outbreak—San Francisco Bay area, California, March 25–April 5, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:420–3. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6516e1>
  • Burns G, DeRienz RT, Baker DD, Casavant M, Spiller HA. Could chest wall rigidity be a factor in rapid death from illicit fentanyl abuse? Clin Toxicol (Phila) 2016;54:420–3. <http://dx.doi.org/10.3109/15563650.2016.1157722>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ