一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)黒人女性におけるHIV診断率の格差の変化 ― アメ・・・

MMWR抄訳

rss

2017/02/03Vol. 66 / No. 4

MMWR66(4):104-106
Changes in the Disparity of HIV Diagnosis Rates Among Black Women — United States, 2010–2014

黒人女性におけるHIV診断率の格差の変化 ― アメリカ、2010~2014年

2015年では、黒人女性は女性間のヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染診断の61%を占めている。2010年から2014年の間に、女性間のHIV診断率は低下しているが、その結果、黒人女性とヒスパニック系および白人の間の診断率の格差が減少しているかは不明である。HIV診断率の格差の変化が生じているかを調査するために、CDCは格差について3つの異なる測定法、1)絶対的な診断率の差(最低の診断率を持つグループと最大の診断率を持つグループ間の差)、2)診断の格差比(グループ内の診断率と全人口での診断率の差の全体の診断率に対する比)、3)格差インデックス(個々のグループの診断率と全体の診断率の差を平均後、全体の診断率で割り、パーセンテージとして表示)を使用した。黒人女性と白人女性間の診断率の絶対的な差は、2010年では人口10万にあたり36.9であったが、2014年では28.3へ縮小した。黒人女性の診断の格差比は2010年では1.7であったが、2014年では1.2へ減少した。格差のインデックスは2010~2011年では増加(159.7~164.5)したが、2012~2014年では減少(155.6~147.9)した。3つの手法から測定した格差の減少は、女性をターゲットにした予防対策が黒人女性でのHIV感染を減少させている可能性を示唆している。黒人女性は依然としてHIV感染の影響を受けやすい集団であるため、文化に適した追加介入はHIV罹患率をさらに減らすために役立つと考えられる。

References

  • CDC. HIV surveillance report, 2015. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/hiv/library/reports/hiv-surveillance.html>
  • Harper S, Lynch J, Meersman SC, Breen N, Davis WW, Reichman ME. An overview of methods for monitoring social disparities in cancer with an example using trends in lung cancer incidence by area-socioeconomic position and race-ethnicity, 1992–2004. Am J Epidemiol 2008;167:889–99. <http://dx.doi.org/10.1093/aje/kwn016>
  • Pearcy JN, Keppel KG. A summary measure of health disparity. Public Health Rep 2002;117:273–80. <http://dx.doi.org/10.1016/S0033-3549(04)50161-9>
  • CDC. Monitoring selected national HIV prevention and care objectives by using HIV surveillance data—United States and 6 dependent areas, 2014. HIV Surveillance Supplemental Report, Vol. 21, No. 4. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services; 2016. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/library/reports/surveillance/cdc-hiv-surveillance-supplemental-report-vol-21-4.pdf>
  • Moyer VA; US Preventive Services Task Force. Screening for HIV: US Preventive Services Task Force recommendation statement. Ann Intern Med 2013;159:51–60. <http://dx.doi.org/10.7326/0003-4819-159-1-201307020-00645>
  • Cohen MS, Chen YQ, McCauley M, et al.; HPTN 052 Study Team. Prevention of HIV-1 infection with early antiretroviral therapy. N Engl J Med 2011;365:493–505. <http://dx.doi.org/10.1056/NEJMoa1105243>
  • US Public Health Service. Preexposure prophylaxis for the prevention of HIV infection in the United States—2015: a clinical practice guideline. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, US Public Health Service; 2014. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/prepguidelines2014.pdf>
  • Skarbinski J, Rosenberg E, Paz-Bailey G, et al. Human immunodeficiency virus transmission at each step of the care continuum in the United States. JAMA Intern Med 2015;175:588–96. <http://dx.doi.org/10.1001/jamainternmed.2014.8180>
  • Viall A, Dooley MA, Branson BM, Duffy N, Mermin J. Results of the expanded HIV Testing Initiative—25 jurisdictions, United States, 2007–2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:805–10.
  • McLeroy KR, Bibeau D, Steckler A, Glanz K. An ecological perspective on health promotion programs. Health Educ Q 1988;15:351–77. <http://dx.doi.org/10.1177/109019818801500401>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ