一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)HIVと診断された黒人に対するHIVケアの転帰 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2017/02/03Vol. 66 / No. 4

MMWR66(4):97-103
HIV Care Outcomes Among Blacks with Diagnosed HIV — United States, 2014

HIVと診断された黒人に対するHIVケアの転帰 ― アメリカ、2014年

National HIV/AIDS Strategy(NHAS)は2020年までに、1)新規にヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染と診断された患者の85%をケアに結び付け、2) HIV感染者の90%で治療の継続、3)HIV感染者の80%でウイルス量の抑制を目標としている。NHASの発表およびHIV Care Continuum Initiativeの設立以降、連邦活動はHIV検査、治療、治療の改善および増進とHIV関連の格差の減少を促進してきた。NHASの目標達成に向けた進展のモニタリングにはNational HIV Surveillance System(NHSS)のデータが使用されてきたが、最近のデータは、黒人が他の人種/民族と比べ、治療およびウイルス抑制が低レベルであることを示している。2012年にHIVと診断され、2013年末時点で生存している感染者のうち、何らかのHIVの医療ケアを受けた黒人は68.1%で、一方、白人は74.4%であった。CDCはHIV感染と診断された黒人でのHIVケアの転帰を明らかにするために、NHSSデータ使用し、疾患のStage 3に分類された割合および治療への結び付きを調査した。Stage 3分類は、CD4数<200/μL、総リンパ球に占めるCD4パーセンテージ<14%、またはHIV診断後3カ月以内の後天性免疫不全症候群(AIDS)に特徴的な症状と定義した。HIV診断後1カ月以内のCD4数/パーセンテージまたはウイルス量の1回以上の記録があった場合にケアへの結びつきとし、3カ月以上の間隔で2回以上のCD4またはウイルス量の試験を受けた場合にケアの継続とした。直近の検査でウイルス量が200copies/mLであった場合をウイルス抑制とした。2014年では、33の管轄区で12,269名の黒人がHIV感染と診断された。このうち、診断の時点でHIV感染のステージ3に分類されたのは黒人で21.9%、白人では22.5%であった。ステージ3に分類された黒人感染者では、55歳以上(38.2%)、注射薬使用(IDU)が感染の原因の男性(32.5%)、異性間の接触が感染の原因の男性(32.2%)が多かった。HIV診断後1カ月以内にケアに結び付いたのは、黒人で71.6%、白人で79.0%であった。黒人では、男性同士の性的接触およびIDUが感染の原因の13~24歳の男性(54.9%)と異性間の接触が感染の原因の25~34歳の男性(63.0%)で、ケアへの結び付けが低下した。2012年にHIVと診断され、2013年末時点で生存している感染者のうち、ケアを継続しているのは黒人で53.5%、白人で58.2%であった。黒人では、IDUが感染の原因の25~34歳の男性(38.1%)および異性間の接触が感染の13~24歳の男性(39.4%)でケアの継続が低下した。ウイルス抑制を達成したのは黒人で48.5%、白人で62.0%であった。NHASの目標を達成するために、黒人におけるケアおよびウイルス抑制を増進する有効な介入および公衆衛生対策の強化が必要である。

References

  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy for the United States: updated to 2020. Washington, DC: Office of National AIDS Policy; 2015. <https://www.aids.gov/federal-resources/national-hiv-aids-strategy/nhas-update.pdf>
  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy improving outcomes: accelerating progress along the HIV care continuum. Washington, DC: Office of National AIDS Policy; 2013. <http://hivlawandpolicy.org/resources/national-hivaids-strategy-improving-outcomes-accelerating-progress-along-hiv-care>
  • CDC. Monitoring selected national HIV prevention and care objectives by using HIV surveillance data—United States and 6 dependent areas, 2014. HIV Surveillance Supplemental Report 2016; Vol. 21(No. 4). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/hiv/library/reports/surveillance/>
  • CDC. Compendium of evidence-based interventions and best practices for HIV prevention. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://www.cdc.gov/hiv/prevention/research/compendium/ma/index.html>
  • Harrison KM, Kajese T, Hall HI, Song R. Risk factor redistribution of the national HIV/AIDS surveillance data: an alternative approach. Public Health Rep 2008;123:618–27.
  • Hall HI, Tang T, Johnson AS, Espinoza L, Harris N, McCray E. Timing of linkage to care after HIV diagnosis and time to viral suppression. J Acquir Immune Defic Syndr 2016;72:e57–60. <http://dx.doi.org/10.1097/QAI.0000000000000989>
  • Whiteside YO, Cohen SM, Bradley H, Skarbinski J, Hall HI, Lansky A. Progress along the continuum of HIV care among blacks with diagnosed HIV—United States, 2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:85–9.
  • CDC. HIV prevention in the United States: expanding the impact. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://www.cdc.gov/hiv/pdf/policies_NHPC_Booklet.pdf>
  • CDC. Secretary’s minority AIDS initiative fund for the Care and Prevention in the United States (CAPUS) Demonstration Project. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2016. <https://www.cdc.gov/hiv/prevention/demonstration/capus>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ