一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)先天性異常による乳児死亡率と出産費用の支払源との関・・・

MMWR抄訳

rss

2017/01/27Vol. 66 / No. 3

MMWR66(3):84-87
Association Between Infant Mortality Attributable to Birth Defects and Payment Source for Delivery — United States, 2011–2013

先天性異常による乳児死亡率と出産費用の支払源との関連性 ― アメリカ、2011~2013年

アメリカの出生証明書は2003年に出産費用の支払源に関するチェックボックスが追加されており、今回、この2003年改訂の出生証明書を使用している州の2011~2013年のLinked Birth and Infant Death Dataから、先天性異常による乳児死亡率(IMBD)と出産費用の支払源との関連性について分析が行われた。改訂出生証明書を使用する州は2011年:33州、2012年:36州、2013年:38州、および2012年~2013年ワシントンDCであり、計9,542,603名の出生児(アメリカ全体の80.6%)と53,002名の死亡乳児(同74.5%)のデータが対象となった。乳児死亡のうち11,111名(21.0%)は先天性異常が原因であり、全体でのIMBD率は出生児10,000人あたり11.6であった。IMBD率は母親の人種/民族および妊娠期間により異なり、非ヒスパニック系白人:10.9、比ヒスパニック系黒人:13.6、ヒスパニック:12.6、早産児:50.2、満期産児:6.8であった。また、全乳児死亡の15%およびIMBDの70%は新生児期に起こっており、中枢神経系(CNS)疾患、先天性心疾患(CHD)、染色体異常が新生児期IMBDの57%、新生児期以降では76%を占めていた。IMBD率は出産費用がMedicaidにより支払われた場合、民間の保険による支払に比べ高く(出生児10,000人あたり13.4 vs 9.6)、早産児の新生児期では12%、新生児期以降では49%高かった。また、満期産児の新生児期では44%、新生児期以降では45%高かった。早産児の新生児期以降の疾患別死亡率は、Medicaidによる支払いの場合、民間保険に比べCHDは40%、染色体異常は81%高く、満期産児の新生児期死亡率はCNS疾患:37%、CHD:46%、染色体異常:22%、新生児期以降の死亡率はCNS疾患:39%、CHD:43%、染色体異常:48%高かった。以上、出産費用がMedicaidと民間保険の場合に先天性異常による乳児の死亡率に相違が認められ、これら出産費用の支払源による妊娠ケアの質およびアクセスの格差を是正する必要性が示唆される。

References

  • Heron M. Deaths: leading causes for 2014. Natl Vital Stat Rep 2016;65:1–96.
  • Yang Q, Chen H, Correa A, Devine O, Mathews TJ, Honein MA. Racial differences in infant mortality attributable to birth defects in the United States, 1989–2002. Birth Defects Res A Clin Mol Teratol 2006;76:706– 13. <http://dx.doi.org/10.1002/bdra.20308>
  • Broussard CS, Gilboa SM, Lee KA, Oster M, Petrini JR, Honein MA. Racial/ethnic differences in infant mortality attributable to birth defects by gestational age. Pediatrics 2012;130:e518–27. <http://dx.doi.org/10.1542/peds.2011-3475>
  • Kucik JE, Cassell CH, Alverson CJ, et al. Role of health insurance on the survival of infants with congenital heart defects. Am J Public Health 2014;104:e62–70. <http://dx.doi.org/10.2105/AJPH.2014.301969>
  • Martin JA, Wilson EC, Osterman MJ, Saadi EW, Sutton SR, Hamilton BE. Assessing the quality of medical and health data from the 2003 birth certificate revision: results from two states. Natl Vital Stat Rep 2013;62:1–19.
  • CDC. User guide to the 2011 period linked birth/infant death public use file. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. <ftp://ftp.cdc.gov/pub/health_statistics/nchs/dataset_documentation/dvs/periodlinked/linkpe11guide.pdf>
  • Alexander GR, Kogan M, Bader D, Carlo W, Allen M, Mor J. US birth weight/gestational age-specific neonatal mortality: 1995–1997 rates for whites, Hispanics, and blacks. Pediatrics 2003;111:e61–6. http://dx.doi. org/10.1542/peds.111.1.e61
  • Bryant AS, Worjoloh A, Caughey AB, Washington AE. Racial/ethnic disparities in obstetric outcomes and care: prevalence and determinants. Am J Obstet Gynecol 2010;202:335–43. <http://dx.doi.org/10.1016/j.ajog.2009.10.864>
  • Hutcheon JA, Bodnar LM, Simhan HN. Medicaid pregnancy termination funding and racial disparities in congenital anomaly-related infant deaths. Obstet Gynecol 2015;125:163–9. <http://dx.doi.org/10.1097/AOG.0000000000000583>
  • Martin JA, Osterman MJK, Kirmeyer SE, Gregory ECW. Measuring gestational age in vital statistics data: transitioning to the obstetric estimate. Natl Vital Stat Rep 2015;64:1–20.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ