一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)浸潤がんの発症率と生存率 ― アメリカ、2013年

MMWR抄訳

rss

2017/01/27Vol. 66 / No. 3

MMWR66(3):69-75
Invasive Cancer Incidence and Survival — United States, 2013

浸潤がんの発症率と生存率 ― アメリカ、2013年

2013年のU.S. Cancer Statisticsデータでは、アメリカ国内(ネバダ州を除く)にて浸潤がんと診断され、各州、ワシントンDC、プエルトリコにてCDCのNational Program of Cancer RegistriesおよびNCIのSurveillance, Epidemiology, and End Resultsに報告された症例は計1,559,130例(男性:781,451例、女性:777,679例)であった。年齢補正発症率は10万人あたり439(男性:479、女性:413)であり、年齢別発症率は20歳未満10万人あたり18(14,728例)から年齢に伴い上昇し、20~49歳:155、50~64歳:798、65~74歳:1,756、75歳以上:2,163であった。部位別では女性の乳がんがもっとも高く(女性10万人あたり124、230,815例)、次いで前立腺がん(男性10万人あたり102、176,450例)、肺がん(10万人あたり59、212,584例)、結腸直腸がん(同38、136,119例)と続き、この4つのがんで全診断例の約半数を占めた。また、子宮頸がんは女性10万人あたり7.2(11,955例)であった。タバコ、アルコール、ヒトパピローマウイルス(HPV)と関連するがんの発症率は10万人あたりそれぞれ187、130、11であった。州別の発症率はニューメキシコ州:364~ケンタッキー州:512であり、部位別では前立腺がん:69(アリゾナ州)~131(ルイジアナ州)、女性乳がんは105(ワイオミング州)~148(ニューハンプシャー州)、肺がん:26(ユタ州)~93(ケンタッキー州)、結腸直腸がん:32(アリゾナ州/ニューメキシコ州/ユタ州/バーモント州)~49(ケンタッキー州/ミシシッピ州)、子宮頸がん:4(ニューハンプシャー州/モンタナ州)~11(アーカンソー州)であった。Healthy People 2020が目標とする結腸直腸がんの発症率は10万人あたり39.9以下、子宮頸がんは7.2以下であり、それぞれ30州、28州が達成していた。また、タバコに関連するがんの発症率は128(ユタ州)~245(ケンタッキー州)、アルコールに関連するがんは107(ワイオミング州)~146(ケンタッキー州)、HPVに関連するがんは7(ユタ州)~14(アーカンソー州/ケンタッキー州)であった。2006年~2012年にがんと診断された症例の5年生存率は男女ともに67%であり、45歳未満で診断された症例は83%と最も高く、年齢に伴い低下した。部位別では前立腺がん:99%、女性乳がん:90%、結腸直腸がん:66%、肺がん:19%、人種別では黒人:62%、白人:67%であり、とくに黒人女性(59%)にて白人女性(68%)に比べ低かった。

References

  • Cogliano VJ, Baan R, Straif K, et al. Preventable exposures associated with human cancers. J Natl Cancer Inst 2011;103:1827–39. <http://dx.doi.org/10.1093/jnci/djr483>
  • World Cancer Research Fund/American Institute for Cancer Research. Food, nutrition, physical activity, and the prevention of cancer: a global perspective. Washington, DC: American Institute for Cancer Research; 2007.
  • US Cancer Statistics Working Group. United States cancer statistics: 1999–2013 cancer incidence and mortality data. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, US Cancer Statistics Working Group; 2016. <https://www.cdc.gov/cancer/npcr/uscs/index.htm>
  • Singh SD, Henley SJ, Ryerson AB. Summary of notifiable noninfectious conditions and disease outbreaks: surveillance for cancer incidence and mortality—United States, 2011. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;62:11–51. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6254a3>
  • Wilson RJ, Ryerson AB, Zhang K, Dong X. Relative survival analysis using the Centers for Disease Control and Prevention National Program of Cancer Registries surveillance system data, 2000–2007. J Registry Manag 2014;41:72–6.
  • Colditz GA, Wolin KY, Gehlert S. Applying what we know to accelerate cancer prevention. Sci Transl Med 2012;4:127rv4. <http://dx.doi.org/10.1126/scitranslmed.3003218>
  • Chubak J, Whitlock EP, Williams SB, et al. Aspirin for the prevention of cancer incidence and mortality: systematic evidence reviews for the U.S. Preventive Services Task Force. Ann Intern Med 2016;164:814–25. <http://dx.doi.org/10.7326/M15-2117>
  • Pennsylvania Department of Health. The burden of cancer in Pennsylvania. Harrisburg, PA: Pennsylvania Department of Health; 2015. <https://smhs.gwu.edu/cancercontroltap/sites/cancercontroltap/files/The%20Burden%20of%20Cancer%20in%20PA.pdf>
  • Ingimarsson JP, Celaya MO, Laviolette M, Rees JR, Hyams ES. Trends in initial management of prostate cancer in New Hampshire. Cancer Causes Control 2015;26:923–9. <http://dx.doi.org/10.1007/s10552-015-0574-8>
  • Oregon Health Authority. Human papillomavirus (HPV)–related cancers: assessment of prevention programs, policies and measures. Portland, OR: Oregon Health Authority, Public Health Division; 2014. <https://public.health.oregon.gov/DiseasesConditions/ChronicDisease/Cancer/Documents/hpv-full-report.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ