一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)マスコミによるThe Real Costキャンペー・・・

MMWR抄訳

rss

2017/01/20Vol. 66 / No. 2

MMWR66(2):47-50
Association Between The Real Cost Media Campaign and Smoking Initiation Among Youths — United States, 2014–2016

マスコミによるThe Real Costキャンペーンと若年者の喫煙開始との関連 ― アメリカ、2014年~2016年

アメリカでは、毎年約90万人の若者が喫煙を開始する。FDAは、2014年~2016年、初めての全国タバコ教育キャンペーンであるThe Real Costを実施した。The Real Costは、2014年2月から放映された全米のテレビ、ラジオ、インターネット、野外ディスプレイ、雑誌および映画におけるタバコ教育広告である。12~17歳の若者をターゲットに作成され、初めの3年間は、喫煙の表面的な効果、依存による自己コントロールの喪失、喫煙による毒性化学物質の複合的危険性をテーマとした。さらに、FDAはキャンペーンの視聴頻度と、The Real Costが喫煙に関する意識や行動に及ぼす影響を評価するため、代表的コホート研究を行った。研究は、ベースライン調査として、2013年11月~2014年3月に11~16歳の喫煙経験のない若者を対象に対面による聞き取り調査を行い、フォローアップとして3回、2014年7~10月、2015年4~7月および2015年12月~2016年3月にオンラインまたは対面による調査を行った。解析は計5,185名、11,145回の調査をもとに行った。結果として、キャンペーンを実際に視聴した11~18歳の若者における喫煙開始リスクと、視聴頻度が低いまたは視聴していない若者における同リスクとの比較から、キャンペーン視聴頻度の高さは、喫煙開始リスクの30%の低減と関連した。さらに、離散時間生存分析から、2014年2月~2016年3月のキャンペーンは、全国で11~18歳の若者34万8,498名における喫煙の開始を予防したと推定された。生存分析では、同期間、電子タバコや他のタバコ製品においても同様の効果が見られた。The Real Costのようなキャンペーンを継続して行うことにより、若年者における喫煙の防止が推進されると考えられる。

References

  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration. Results from the 2015 national survey on drug use and health: detailed tables. Rockville, MD: US Department of Health and Human Services. Substance Abuse and Mental Health Services Administration; 2016. <https://www.samhsa.gov/data/sites/default/files/NSDUH-DetTabs-2015/NSDUH-DetTabs-2015/NSDUH-DetTabs-2015.pdf>
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs—2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/best_practices/index.htm>
  • US Department of Health and Human Services. Preventing tobacco use among youth and young adults: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. <https://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/2012/index.htm>
  • Duke JC, Alexander TN, Zhao X, et al. Youth’s awareness of and reactions to The Real Cost national tobacco public education campaign. PLoS One 2015;10:e0144827. <http://dx.doi.org/10.1371/journal.pone.0144827>
  • Southwell BG, Barmada CH, Hornik RC, Maklan DM. Can we measure encoded exposure? Validation evidence from a national campaign. J Health Commun 2002;7:445–53. <http://dx.doi.org/10.1080/10810730290001800>
  • Allison PD. Discrete-time methods for the analysis of event histories. Sociol Methodol 1982;13:61–98. <http://dx.doi.org/10.2307/270718>
  • Willett JB, Singer JD. Investigating onset, cessation, relapse, and recovery: why you should, and how you can, use discrete-time survival analysis to examine event occurrence. J Consult Clin Psychol 1993;61:952–65. <http://dx.doi.org/10.1037/0022-006X.61.6.952>
  • Farrelly MC, Nonnemaker J, Davis KC, Hussin A. The influence of the national truth campaign on smoking initiation. Am J Prev Med 2009;36:379–84. <http://dx.doi.org/10.1016/j.amepre.2009.01.019>
  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. <https://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress/full-report.pdf>

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ