一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2017年(Vol.66)アメリカ国外でポリオウイルスワクチンの接種を受けた・・・

MMWR抄訳

rss

2017/01/13Vol. 66 / No. 1

MMWR66(1):23-25
Guidance for Assessment of Poliovirus Vaccination Status and Vaccination of Children Who Have Received Poliovirus Vaccine Outside the United States

アメリカ国外でポリオウイルスワクチンの接種を受けた小児のポリオワクチン接種状態の評価に関するガイダンス

1988年、World Health Assemblyはポリオ根絶を宣言し、その後、野生型ポリオウイルス(WPV)症例は99.9%以上減少し、2015年には2カ国のみにて74例となっている。この減少は3価経口ポリオワクチン(tOPV、1、2、3型弱毒化ポリオウイルスを含む)の接種によるものであり、アメリカでは2000年以降、不活化ポリオワクチン(IPV、1、2、3型ポリオウイルスを含む)が主に使用されている。2013年、WHOはポリオ根絶の目標を2018年としており、2015年9月には2型ポリオウイルスの根絶が宣言されている。循環2型ワクチン由来ポリオウイルス(cVDPV)感染のリスクを取り除くため、2016年4月、OPVを使用する国々にてtOPVからbOPV(2価OPV)への切り替えが行われている。ここでは、Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP)によるポリオワクチン接種勧告およびtOPVからbOPVへの切り替えに伴うワクチン接種状態の評価とアメリカ国外にてワクチン接種を受けた小児(移民、難民を含む)への接種に関するCDCのガイダンスについてまとめる。アメリカでは乳児および小児はIPVを生後2カ月、4カ月、6~18カ月および4~6歳にて計4回接種することが義務付けられている。最終接種は4歳の誕生日後、前回接種から6カ月以上の間隔をおいて、それまでの接種回数に関わらずに行う。アメリカ国外での接種はアメリカでの接種スケジュールと同様に行われた場合は、文書による接種記録がある場合に受け入れられる。tOPVとIPVの両方が接種されている場合は、アメリカのIPVスケジュールと同じ総接種回数が必要となる。tOPVのみが接種されている場合は、4歳までに全ての接種を終了し、4歳以降にIPVを1回接種する。また、2011年のACIP勧告では、文書による接種状態が適切ではない場合、1、2、3型ポリオウイルスに対する中和抗体の血清学的検査が推奨されているが、2型生ポリオウイルスを使用する検査は2015年以降、研究室汚染対策のため実施が困難となっており、現在は推奨されていないため、アメリカでの接種スケジュールに基づき、bOPVまたはmOPVが接種される。

References

  • Morales M, Tangermann RH, Wassilak SG. Progress towards polio eradication—worldwide, 2015–2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:470–3. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6518a4>
  • CDC. Poliomyelitis prevention in the United States: updated recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR Recomm Rep 2000;49(No. RR-5).
  • CDC. Updated recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) regarding routine poliovirus vaccination. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2009;58:829–30.
  • Global Polio Eradication Initiative. Polio eradication and endgame strategic plan 2013—2018. Geneva, Switzerland: World Health Organization, Global Polio Eradication Initiative; 2013. <http://polioeradication.org/wp-content/uploads/2016/07/PEESP_EN_US.pdf.>
  • Immunization Systems Management Group of the Global Polio Eradication Initiative. Introduction of inactivated poliovirus vaccine and switch from trivalent to bivalent oral poliovirus vaccine—worldwide, 2013–2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2015;64:699–702.
  • Sutter RW, Kew OM, Cochi SL, Aylward RB. Poliovirus vaccine-live [Chapter 26]. In: Plotkin SA, Orenstein WA, Offit PA, eds. Vaccines. 6th ed. Philadelphia, PA: Saunders Elsevier;2012:598–645.
  • Jorba J, Diop OM, Iber J, Sutter RW, Wassilak SG, Burns CC. Update on vaccine-derived polioviruses—worldwide, January 2015–May 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:763–9. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6530a3>
  • Etsano A, Damisa E, Shuaib F, et al. Environmental isolation of circulating vaccine-derived poliovirus after interruption of wild poliovirus transmission—Nigeria, 2016. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2016;65:770–3. <http://dx.doi.org/10.15585/mmwr.mm6530a4>
  • WHO Global Action Plan to minimize poliovirus facility-associated risk after type-specific eradication of wild polioviruses and sequential cessation of oral polio vaccine use (GAPIII). World Health Organization, Geneva, Switzerland, 2015. <http://polioeradication.org/wp-content/uploads/2016/12/GAPIII_2014.pdf>
  • Wallace GS, Seward JF, Pallansch MA. Interim CDC guidance for polio vaccination for travel to and from countries affected by wild poliovirus. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:591–4.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ